鳥取県 扇ノ山

写真

山行日程 2006年10月9日(月)
天  候 快  晴

 今日は、宍粟市のOAP、JMMご夫妻のお誘いを受けて、兵庫県と鳥取県の県境にあります「扇ノ山」に登ってきました。正確には、三角点は鳥取県側にありますが、殆ど県境に面しています。宍粟市山崎町を7時15分に出発し、登山口である鳥取県国府町上地(わち)に向かいます。扇ノ山にはこれまで何度も登っていますが、いつも兵庫県温泉町の上山高原から登っており今回は初めてのルートです。いつもいろんなルートから良く登っておられるOAP、JMMご夫妻も今回始めてのルートだそうです。
 登山口横にある空き地に車を駐車し、準備を整えさあ出発です。目の前に上地川が流れており、前日来の雨で水量がかなりありそうです。


写真 写真
「登山口脇の空き地に駐車」 「上地の登山口標識(700m)」

 登山口を入って暫らくすると川を渡らなければならなくなりました。水量が多いので少しルートをはずして渡り易いところを探します。OAPさんは最近購入したオリンパスの一眼レフデジタルカメラを落とさないように四苦八苦されていました。


写真
「上地川を渡ります」

 今日のルートは、「扇ノ山」のピークと「大ズッコ」のピークの間のコルに出るルートで、暫らくは急な登り道が続きます。暫らく登るとブナ林が現れました。急な登りで汗をかいたので山シャツを脱いでTシャツになるととても爽やかな風に吹かれとっても気持ちが良いです。


写真 写真 写真
「最初の急な登り」 「暫らく歩くとブナ林が現れる」 「気持ちのよいブナ林を歩く」

 登山道もしっかりしておりだんだんと緩やかになってきました、暫らく歩くと上山高原からのルートと合流しました。


写真 写真
「緩やかな道を抜けます」 「上山高原からのルートと合流」

 ここからは、何度も歩いた道です。最後の登りを頑張れば頂上です。つきました頂上です(1310m)。


写真 写真 写真
「最後の登り」 「小屋が見えてきました」 「頂上の標識(1310m)」

 今日は天気も良く、「氷ノ山」がくっきりと見えています。また、遠く「大山」が少し霞んでいますが見えています。


写真 写真
「氷の山頂上から三の丸へのなだらかな尾根」 「遠くには大山」

 今日は知り合いが沢山いろんな山に登っています。やまあそさんは阿舎利山、丹波のたぬきさんは敦賀の山、かねちゃんは白山、三木市のMXFさんは木曾駒ケ岳、皆無線をする人たちばかりなので繋がれば話も弾みます。早速OAPさん、JMMさんが皆と交信しています。JMMさんが交信している間OAPさんは食事に掛かります。


写真 写真
「無線をするJMMさん」 「おうどんを啜るOAPさん」

 今日は穏やかな天候でゆっくり寛ぎました。下山、帰宅の道中の時間を考慮し下山することとします。今回は登りばかりのルートだったので下山は下りばかりで時間がとても短縮されます。でも、下りは膝に負担が掛かりますので慎重に歩きます。


写真 写真
「頂上からの下り」 「ブナ林の中の下り」

 さて、今日は珍しいものを発見しました。ツキノワグマのフンです。登っている時に発見したのは、おそらく用をたしている時に驚いて逃げたのでしょう3個が点々と続くフンでした。ところが、下山の時に登りでは無かった大きな分の塊があり、ほっかほっかでした!!!


写真 写真
「登りで見つけたフン」 「下りで見つけたフン」

 いよいよ、今日の山行も終わりが近づいてきました。ブナ林を抜けるともう登山口です。駐車場に到着です。


写真 写真
「最後のブナ林」 「駐車場に到着」

 今日も良い山行となりました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル