兵庫県宍粟市
大甲山〜植松山縦走

「大甲山」

「植松山」

写真 写真

山行日程 2006年10月22日(日)
天   候 晴れのち曇り

 今日も、宍粟市のOAP、JMMご夫妻のお誘いを受けて、兵庫県波賀町の「大甲山」〜千種町の「植松山」の縦走に行ってきました。
 今回は、とても足の速いやまあそさんで6時間掛かっておられましたので、我々はもう少し時間が掛かることから行程を7時間〜8時間と推測し早朝7時に山崎町を出発しました。
 縦走するためには車が2台必要です。まず私の車を「植松山」登山口にデポし、OAPさんの車で「大甲山」登山口である野尻に向かいます。
 林道工事のゲートで通行止めしてある手前に車を置いて準備し、8時15分出発です。暫らく登ると「スギヒラタケ」がありました。今採っても良いのですが、登り始めてすぐのところなので車を回収に来たときに採りにくることにして登山を続けます。


写真 写真
「林道工事のゲート前を出発」 「スギヒラタケ」

 稜線に出るまでは杉林の急な登りを登ります。今日はひんやりしておりとても気持ちが良いです。ただ、午後から天気は下り坂との事なので景色の無い杉林を急いでひたすら登り稜線を目指します。杉林を抜けると雑木林になり緑が眩しいくらいに綺麗です。


写真 写真
「杉林の急な登り」 「明るく開けた雑木林」

 稜線まであと少しという所でオレンジの大きな物体が薄ぼんやりと見えます。更に登りますとなんとパワーショベルではありませんか!林道工事の看板がありましたが、ここまで工事がされガードレールまで設置されているのを見て我々も絶句、OAPさんにいたっては怒り心頭に発しています。


写真
「稜線近くまで来ている林道」

 林道は、大きな岩に遮られ中断しているようで、いったいこの後どうするつもりなのでしょう?工事で削った法面に階段が作ってあり、その階段を利用し再び雑木林の中を登り詰めると稜線に出ました。黄葉が始まっています。


写真 写真
「稜線までの登り」 「稜線には黄葉が」

 この後「大甲山」まで稜線を歩きますが、途中の杉林のところでは一昨年の台風による杉の倒木が道を塞いでいます。これを乗り越えるのに少し苦労をしましたが、順調に標高を稼いでいます。


写真 写真
「雑木林の稜線」 「杉の倒木を乗り越えます」

 暫らく歩くと一部視界が開けているところがあり、東を見ると台形の形をした「東山」が見えます。OAPさんの話だと今日は東山のお祭りとか。そういえば今日は氷ノ山が秋の登山大会です。いったいどれだけ沢山の人が氷ノ山に登っていることでしょう!こちらは3名の静かな山行です。途中古い石柱がありました。どうも北東に向かって下山できるポイントのようです。


写真 写真 写真
「頂上が台形の東山」 「暫らくの雑木林」 「下山方向を示す石柱」

 更に歩くと落ち葉でふかふかの絨毯となっている平らな地形に出ました。周りを見ますとブナとミズナラが沢山ありとっても良い場所です。OAPさんは「天国や!水があれば3日でも4日でもここに居たいものだ」とおっしゃっています。私もここならテントを張って泊まってみたいと思いました。


写真 写真
「平らな地形のブナ林」 「ブナ林の中を歩きます」

写真 写真
「立派なブナの黄葉」 「大きなミズナラもあります」

 暫らくはブナとミズナラの林の中を歩きます。立派なブナの黄葉があり、見上げているとどこからとも無くオカリナの音色が聞こえてきます。どうもメロディーは「もののけ姫」のようです。ブナとミズナラの林を歩いてオカリナの音の方向に歩いてみるとなんと妖精さんがオカリナを吹いているではありませんか!更に近づいて行くとその妖精はとても優しい妖精さんで、この後植松山まで案内してくれると言ってくださいました。


写真 写真
「美しい黄葉」 「オカリナを吹く妖精さん!」

 「大甲山(1035m)」はすぐ近くで11時丁度に到着しました。この後まだ5時間近い行程がありますので少し早いですがここでお昼にすることにして、妖精さんと4人?で食事をしました。


写真
「大甲山三角点(1035m)」

写真
「大甲山からの眺望」

 今日はとても長い距離を歩きますので、昼食が終わると早速出発です。ここからは妖精さんと4人の縦走となりました。次に目指しますのは「荒尾山(1108m)」です。暫らくはほぼ平行な稜線歩きです。空を見上げますとだんだんと雲が出てくるとともに霞みもでてきました。遠くに「日名倉山(1047m)」が霞んで見えています。


写真 写真
「雑木林の稜線を歩きます」 「日名倉山が霞んでいます」

 気持ちよい稜線を歩き12時28分「荒尾山」に到着です。振り返ると「大甲山」が見えています。そして今日の縦走の最後のピークである「植松山(1191m)」が反対側に見えています。


写真 写真 写真
「荒尾山頂上石柱」 「振り返ると大甲山」 「先を見ると植松山」

 ここからは一度140m下って植松山には220m登り返します。途中北側の斜面は黄葉が深まりつつあります。植松山への縦走路の途中「ドウダンツツジ」の紅葉がありました。紅く紅く染まっています。


写真 写真 写真
「北側斜面の黄葉」 「ちょっと急な登りの稜線」 「ドウダンツツジの紅葉」

 植松山までの稜線歩きは大変気持ちが良かったものの、残念だったのは天候です。妖精さんがしきりと「天気が良ければ絶好の眺望なのになぁ」とおっしゃっています。そうです、霞がどんどん濃くなり眺望はどんどん悪くなっていきます。でも、稜線を歩いている途中の木々の黄葉は心に安らぎを与えてくれます。


写真 写真 写真
「最後の急な登り返しの終わり」 「ここでは南側の斜面にも黄葉が」 「どんどん近づく植松山」

 暫らく歩くと水の涸れた山上湖がありました。湿地のようになっており鹿のお風呂になっているようです。黄葉を見ながら歩いて14時20分植松山到着です。霞んではいますがそこそこの眺望です。


写真 写真
「鹿のお風呂になっている山上湖」 「植松山の手前の黄葉」

 ここまでお昼の1時間の休憩以外はずっと歩行で、休憩時間含めて6時間5分掛かっています。JMMさんが「今年最後の縦走だね!」とニコッと笑っています。ここで小休止、OAPさんはビール、私はOAPさんからもらった焼酎、JMMさんはミカンで、なんと!妖精さんはホットコーヒーを飲んでおられます。


写真 写真
「植松山頂上の祠」 「しばしの休憩」

写真
「植松山からの風景」

 ここからは「ふるさと兵庫50山」に掲載されているルートを下ります。杉林の中を抜けて行きますが、ここも一昨年の台風による倒木があります。 杉林の中を歩いているとJMMさんが種をつけた「カントウマムシグサ」を見つけてくれました。花は質素ですが、実は派手です。


写真 写真 写真
「杉林の中を下ります」 「ここにも杉の倒木が・・・」 「種をつけたカントウマムシグサ」

 杉林の中を軽快に下山し16時に今朝デポした私の車に到着しました。
 するとどうしたことでしょう?妖精さんは私たちの無事な下山を見届けるとどこかへす〜っと消えていかれました。
 出発8時15分、到着16時、行程7時間45分、歩行距離10.54kmです。ちょっと太った私には良いカロリー消費となりました。
 今日はいつにない充実した山行となりました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル