宍粟市 最上山

写真

山行日程 2006年12月2日(土)
天   候 曇 り

 今日は、加古川市のやまあそさんからお誘いを頂き、私の故郷宍粟市山崎町の山を歩いてきました。
 歩きましたルートは、私が高校生の時に朝は右手に、帰りは左手に見ていました尾根です。
 今回は山崎町在住のOAP、JMMご夫妻も参加されて4局での山歩きになりました。OAPさんはこの尾根を見ながら仕事をされていた事もあるという縁の深い尾根です。
 今日は、菅野小学校から尾根に登り最上山までの縦走です。下山地の最上山登山口の駐車場にやまあそさんOAPさんの車を駐車し、私の車で菅野小学校へ向かいます。菅野小学校のプールの横に車を駐車して出発です。
 小学校の横の山に向かう道を歩いていると墓があり、その奥に尾根へと向かう道が有りました。獣よけのフェンスの扉が付いておりここから入っていきます。尾根までの登りは明瞭な道が付いていますが緩やかではありません、すぐに体がぽかぽかしてきました。


写真 写真
「さて出発です」 「杉林と雑木林の間を登ります」

 この道は古くから菅野の青木地区と蔦沢の上牧谷地区とを結ぶ峠道でしたので結構しっかりとしています。昔の話をしながら登っていると岐尾根に出てここからは緩やかになるかと思いきや、戸倉山頂上まではかなりの登りです。ぽかぽかしていた体がどんどん熱くなってきました。しかしながらとても良い雰囲気の登山道で心地よい気持ちです。


写真 写真
「雰囲気の良い雑木林」 「結構な登り」

 岐尾根を登りながら黄葉を探しますがなかなか有りません・・・
 12月に入りましたので兵庫県の南北の中心に位置する山崎町は兵庫県の北部地域の天候に少し属しているため尾根での黄葉はもう駄目かと思っていましたところ、戸倉山頂上の手前で綺麗に黄葉している木が一本ありました。
 戸倉山の三角点に向かいましたところ杉の倒木が大きく立ちはだかっており、やまあそさんが「うわぁ〜、こらあかんわ!諦めましょう・・・」と言っているのを私とOAPさんは「まいていこう!」とさっさと進んでいきましたところ、何とか三角点に到着しました。
 頂上にはプレートが一枚ありどうも小学校が登った記念に取り付けたもののようです。


写真 写真
「尾根で見た唯一の黄葉」 「戸倉山三角点」

 さて、どんどん歩いていきますと蔦沢の集落が左手眼下に見えます。そうしますとOAPさんが「あれは××やな」私「いやあれは△△だ!」と議論しましたが、やはりOAPさんの言うとおり「伊水小学校」でした・・・


写真 写真
「長水山が左に見えます」 「倒木も沢山有りました」

 その後昼食を済ませ15分くらい歩いたその時!!!
 やまあそさんが「しもうた!杖を忘れた!!」
 そうなんです、やまあそさん愛用の自然木の杖を昼食の場所に忘れてきてしまったのです・・・
 JMMさん曰く「誰も取らないからいつか又取りにきたらええやん!」・・・・
 なんと簡潔なアドバイスでしょう!やまあそさんもう一度歩いてくださいね!
 歩いている間左手にはいつも「長水山」がきりりと見えていました。そうこうする内に倒木が又も邪魔をします。東から西に向かって倒れていますので西の斜面は大丈夫です。西の斜面をトラバースして回避します。
 暫らく歩きますと三角点ではない赤白ポールが立っており、そこに標識がコンクリートで埋め込まれていました。OAPさんの話によりますと、この下をトンネルが抜けるそうです。蔦沢の下牧谷にJAのライスセンターがあります。菅野地区から搬入を容易にするためトンネルを造るそうです。なんともまぁ市町村合併の交付税を無駄遣いするとは情無い・・・
 稜線を気持ちよく歩きながら高校生の時に見ていた尾根を想像します。夏は何とも思っていませんでしたが冬はこの尾根からの吹き降ろしがが恨めしいものでした。
 でもこうして今歩きますととても良い尾根です。


写真 写真
「倒木の無い気持ちよい稜線」 「サルノコシカケの木」

 歩いているとやまあそさんが、「355.9mの三角点は何処だろう?」と言っています。私は山が歩くのが好きなだけなので三角点とかは余り気にしていないのですが、やまあそさんの趣味は、三角点、石仏、昔話と多岐に渡っておられ、ご一緒させて頂くととても良い話を沢山聞かせてくださります。今回見逃してしまった三角点は現在は「高下」となっていますが、加藤清正に縁のある山なので「清正公」とも呼ばれているそうです。
 緩やかな登り下りを続けるうちに、「TQFさん行き過ぎ!」と後のやまあそさんから声が掛かります。三等三角点「山崎」に気付かず過ぎてしまっていたのでした。(>_<)
 最上山の篠の丸まではあと少しです。


写真 写真
「気持ちよい稜線歩き」 「三等三角点の山崎」

 目前に篠の丸が近づいてきた時、やまあそさんが「掘切や!」と叫んでいます。そうです、頂上を取り巻くように堀が掘ってあるのです。それも3段も有りました。その堀切を乗り越えて歩きますと篠の丸頂上の東屋に着きました。


写真 写真
「篠の丸の東屋に到着」 「篠の丸城址」

 少し早く到着しましたのでここでティータイムを取りました。
 私達4局以外は誰もいなくて静かな最上山のひとときを堪能しました。稜線での紅葉はありませんでしたが最上山からの下山道に紅く染まった紅葉がありました。見通しは良く南東の方角が開けています。OAPさんの自宅も見えていました。
 今日は、少し山から遠ざかっていましたが、誘っていただいたおかげで故郷の山を歩くことが出来てとても感謝する一日でした。


写真 写真 写真
「山崎の南東方向を望む」 「最上山登山道の紅葉」 「最上山の登り口に到着」

 今日歩いたトラックです。

      地図

Home

メイル