多可町 妙見山〜大海山

「妙見山」 「大海山」
写真 写真

山行日程 2006年12月10日(日)
天  候 曇り時々晴れ時々小雨

 今日も、加古川市のやまあそさんにお誘いを頂いたのでお言葉に甘えて参加させていただきました。
 旧多可郡中町の妙見山は昔一度だけ登ったことがありますが、そういえば×子が北播磨余暇村公園に着いて準備をしていると「登山靴忘れた!」といって×子はローファーで登ったことがあります(^_^;
 今回は、たぬきさんが見つけられた石仏が右と左が逆に道案内しているという奇妙な古道を歩くのです。やまあそさんとたぬきさんご夫妻と一緒に山を今日も歩きます。やまあそさんとたぬきさんご夫婦と山歩きをご一緒させていただくと古刹の古いお話を聴かせて頂きとても勉強になります!でも申し訳ないことに馬鹿な私にはちんぷんかんぷんで中々記憶に残らないことです・・・
 集合は牧野大池に8時過ぎでしたがちょっと遅れ気味・・・
 急いで牧野大池に向かっていると妙見山に虹が掛かりとても綺麗です!思わず遅れているのにもかかわらず車を止めて写真を撮りました。
 少し遅れるとやまあそさんにメイルを送ります。でもやまあそさんがそのメイルを見たのは一緒に山を歩いてどのくらいたってからだったかなぁ・・・


写真 写真
「牧野大池駐車場」 「初冬の山歩きです」

 少し遅れて牧野大池に到着しますと皆さん揃っておられ準備の途中でした。
 私も急いで準備に取り掛かりますが、やまあそさんの背中を見て(@_@;)なんと長靴がくくり付けてあります。今回のルートの途中に古い坑道があるそうで中には水が溜まっているとかで長靴でないと入れないそうです。
 準備を整えてさぁ出発です。駐車場の反対側に「妙見山」への道標があります。やまあそさんもこの道は初めてらしく今日の山歩きは珍しいことが沢山ありそうです。そうこうするうちに「あった〜!」とやまあそさんの感嘆の声。右手少し奥に古い坑道の入り口が見えています。やまあそさんは近くに行きたいらしくどんどん登っていきます。でも、あれっ!坑道が見えなくなってしまいました・・・やまあそさんの足元には鉱滓が散らばっています。その写真を撮ってやまあそさんは我慢されていました。
 そうこうしながら登っていきますと「椿の林」と銘打った林に入りました。周りを見渡すと本当に椿の木ばかりです。


写真 写真
「椿の林の入り口」 「本当に椿ばかりの林」

 稜線まではもう一息です。結構な急登を登っていきます。やまあそさんが先導です。
 稜線に辿り着くと妙見山は右ですが、展望が良いとのやまあそさんの案内で少しだけ左に寄り道します。南方向に展望が良い場所で雄岡山、雌岡山から加古川方向が良く見えています。


写真 写真
「尾根までの最後の急登」 「展望台から南を望む」

 天候は雨が降りそうで降らない中途半端な天候ですが、降られるよりはましです。ここから稜線を歩いて妙見山を目指します。稜線歩きは快適で、暫らくしますと妙見山頂に到着しました。
 眺望は最高で、旧中町、西側には笠形山などが見えていますが千が峰はガスの中で、おそらく雨でしょう。


写真 写真
「妙見山への尾根歩き」 「妙見山頂(692.6m)」

 やまあそさんの予定では妙見山は今回のルートの途中に少し足を伸ばして立っただけでとのことで、目的の一つ目である樺阪(かばさか)に向かいます。妙見山頂上から少し戻りますと左方向に「加美町青年の家」と標識が出ています。古い道のようですがしっかりとしています。しかし急な下りでロープが張ってありました。でも結構古そう・・・
 倒木もあったり、植林の静かな道もあったりで気持ちよい山歩きを楽しみます。


写真 写真 写真
「加美町青年の家のルート」 「倒木も有りました」 「植林の木漏れ日」

 樺阪に到着です。左手は舗装された林道の終点で、その終点の法面の上にひっそりと石仏が一体立っていました。やまあそさん、たぬきさんの話によりますと地蔵菩薩だそうです。
 右側に下れば牧野大池に辿り着きます。今回はここから大海山に登り大見坂まで下りトラバースしながら樺阪まで戻って来るルートを歩きます。
 大海山へ向かう稜線に取り付いたとき、「あったぁ!」とやまあそさんの声が上がります。そうです古い坑道です。しかも竪穴式です。上から見るとアリジゴクの様に口をあけています。近づきますと3人が口をそろえて「危ないから止めて〜!」その声に諭され中止し大海山へ向かいます。


写真 写真
「石仏を丹念に調べる母たぬきさん」 「アリジゴクの様な縦坑」

 緩やかな稜線を歩きますが大海山手前になりますといきなりの急になりました!しかも道が不明瞭で4人それぞれ歩きやすい所を登っていきます。あらら雨までポツリポツリ・・・この後昼食の予定ですが大丈夫でしょうか?
 藪が急に開けて大海山、四等三角点に到着です。雨もひどくなく昼食をしました。やまあそさんは虫に取り付かれたようで「わぁーわぁー」言っています。


写真 写真
「大海山への雑木林」 「大海山(551.8m)」

 昼食も終わるとそこそこに大見坂に向けて出発です。途中には送電鉄塔もありブーンという放電音(やまあそさん談)もしています。景色もよくなかなか魅力のあるルートです。
 緩やかな道を下りますと大見坂に到着しました。そこにはとってもとっても大きく立派なモミの木が真っ直ぐに立っていました。
 ここから少し下りますと立派な祠があり地蔵菩薩が祀られていました。あれれ?写真を良く見ると白いボケが入っています。どうも下から上に動いているようですので雨ではないようです・・・これは一体なんなんだろおうぅぅぅ・・・


写真 写真 写真
「うなっていた鉄塔」 「大見坂のモミの木」 「立派な祠」

 ここから少し下山して林道に向かいます。やまあそさんは数年前にマウンテンバイクで下山されたとのことなので道はしっかりとしていると思いきや???やまあそさん「あれ!」そうなんです、やまあそさんの記憶が消えてなくなり道も消えてなくなってしまったのです。そこで、鹿よけネットに沿って林道に向かいますが、あれれの結果でした。
 何とか下山し、林道終点に到着するとありました、やまあそさんが今日持ってこられた長靴の役に立つ時が!そうです水浸しの坑道です。やまあそさんは早速長靴に履き替えて懐中電灯を持って坑道に入っていきます。と・こ・ろ・が・・・「あかん!深い〜水はいる〜」そうです結構水かさがあったんです。探検も5m程度であえなく敗退、次回はもっと長いのを持ってきてね!でもここにも白いボケがいくつか・・・
 探検を終えて林道を歩き牛坂に向かいます。樺と牛、カバとウシ何か因縁でもあるのかとやまあそさんは考えているようです。牛坂には石仏があり、向かって左側(石仏にとっては右手側)に「右瘡エ」、向かって右側(石仏にとっては左手側)に「左ひめじ」と彫ってあります。道を示すならみる人の側の立場になって書いてあるものですが、ここのは違うようです。


写真 写真
「坑道に入るやまあそさん」 「石仏のある牛坂」

 ここからは緩やかで明瞭なトラバース道を歩いて樺坂に向かいます。牛坂からすぐ近くにもう一つ坑道がありました。でもこの坑道は横幅が狭く奥深くは入れません。空身ならば結構は入れそう・・・
 トラバース道は殆ど水平に近く気持ちよい道でした。途中に茶屋の跡地があり私は「昔の人の往来は盛んだったのかなぁ?」と不思議でした。でもお茶屋さんが成り立つくらいですから結構な人通りだったのでしょう。
 そんなことを考えながら歩いていますと数時間前に出会いました石仏に再会、樺坂です。


写真 写真 写真
「幅の狭い坑道」 「樺坂への古道」 「石仏に再会です」

 ここからは牧野大池を目指して明瞭な道を下山します。その途中に斜面を覆い隠すほどの鉱滓が散らばっています。ここも精錬所の跡地のようです。その近くにはお墓がありました。でも不思議なことに全て子供の戒名で年代も殆ど同じでした。
 この後植林の中を順調に下山し林道に出ました。
 振り返ると綺麗な大海山がその姿を見せてくれました。
 今日は結構な距離を歩いたはずなのですが疲れは全くありませんでした。楽しい山行は疲れを感じさせないようです。
 やまあそさん、たぬきさんご夫妻お世話になり有り難うございました。とても楽しかったです!


写真 写真 写真
「昔を偲ばせる鉱滓」 「古いひっそりとした墓」 「振り返ると大海山」

 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル