京丹波町 西山〜大平山

「西山」

「大平山」

写真 写真

山行日程 2007年 4月15日(日)
天   候 晴れ

 今日も、丹波市の丹波のたぬきさんご夫妻にお誘いを頂いたのでお言葉に甘えて参加させていただきました。
 今回は、加古川市のやまあそさんが目的を持って歩いておられる分水嶺を歩きます。場所は兵庫県篠山市と京都府京丹波町の県府境です。
 今日は受験も済んで高校生になりました由李子も一緒です。
 まず下山地の篠山市藤阪やまあそさんとたぬきさんご夫妻の車をデポし登山口である京丹波町高畑に向かいます。国道173号線の退避場所に車を置いて歩き始めます。神社の上り口を求めて歩きますがなかなか見つかりません。とうとう尾根の終点まで歩いてしまい取り付くことにします。すると杣道は途中でなくなり竹薮になってしまいました。仕方がないので地形図の鳥居に向かって上ります。そうするとどうでしょう、きれいな道にひょっこり出てしまいました。すぐそばにはお社がありました。


写真 写真
「国道を暫く歩きます」 「尾根の終点から取り付きます」

写真 写真
「ひょっこりきれいな道飛び出す」 「お社」

 お社を少しばかり拝見させていただいて、お社の左側から尾根を歩きます。歩いているとギンリョウソウが咲いていました。菌類なのに咲いていたはおかしいですね!生えていました。
 暫くは緩やかな登りです。しばらく歩いている人がいないからか少し雑木の枝が伸びておりよけたりくぐったりして進みます。でもとても歩きやすい尾根でまったく問題ありません。今日は天候が下り坂とのことでしたが何とか持ちそうです。


写真 写真
「気持ちのよい尾根を歩く」 「ギンリョウソウ」

 緩やかなのぼりが終わるとだんだんと急になってきました。この尾根は南南西に延びている尾根なので右手の斜面にヒカゲツツジが咲いていないか目を凝らしながら登っていきます。急なのぼりをどのくらい登ったところでしょうか?ヒカゲツツジが咲いていました。ヒカゲツツジを楽しみながらさらに上るともっと急斜面となり岩場になってしまいました。やまあそさんはこのまま登っていくそうですが、私たちとたぬきさんご夫婦は右の斜面を巻いていきます。そして北東に開けた景色のよい場所に出ました。少し霞がありますが良い展望です。


写真 写真
「きれいなヒカゲツツジ」 「展望台」

 やまあそさんは「ここでご飯食べたらいいんだけどなぁ・・・」とおっしゃっています。まだまだ先は長いようで時間も早いので先に進みます。
 ヒカゲツツジが多くなってきました。トンネルになっている所もあります。11時35分標高559.7mの西山に到着です。


写真 写真
「ヒカゲツツジのトンネル」 「西山頂上」

 ここから西に歩いていきます。せっかく標高を稼ぎましたが一度下っていきます。振り返ると西山が大きく見えました。再び上り返しです。登りが終わった所で食事をします。ラーメンを作っていると父たぬきさんが「地震や!」とおっしゃりましたが感じません。とそのときグラグラグラ・・・
 大きく揺れました。無線のラジオで確認する東海地方で地震のようです。結構ゆれたので震度が大きい所は大変なことになっているだろうと話しながら食事をしました。食事が終わるとやまあそさんがオカリナを吹いてくださいました。


写真 写真
「大きくそびえる西山(559.7m)」 「オカリナを吹くやまあそさん」

 この後「大平山を目指して歩きます。道は良くとても気持ちよく歩けます。13時39分大平山に到着です。
 この後、激下りが待っていました。しかも道がありません。下りはルートを外し易いものです。ルートを外れないように各自歩きやすい所を注意して下ります。今日のコースで一番の難所だったと思います。下りきって少し上り振り返ると大平山が西山と同じように大きくそびえていました。
 この後道のない稜線を少し歩いて藤坂に下山しました。


写真 写真 写真
「とてもよい道」 「大平山頂上」 「大きくそびえる大平山」

 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル