多可町 千ヶ峰

写真

山行日程 2007年 5月13日(日)
天   候 晴れ

 GWに丹波市側から竜ヶ岳〜大井戸山〜篠ヶ峰を縦走しましたが、その時に登ろうかと思っていたのが「千ヶ峰」でした。今日も良子が車を使うので遠出が出来ません。そこでふと思いついたのが「岩座神」側から登るルートです。  今まで三谷コースも市原コースも登ったことがありますが、岩座神から登ったことはなく私が知っているのは、岩座神から三谷コースに合流するコースだけです。そこで、丹波のたぬきさんのHPを拝見させていただくと、西に登るコースがあることが判りました。今日はそのコースを歩くことに決定しました。
 今日も早出早着を考え朝早く家を出ました。出発点である岩座神の七不思議コースの入り口を9時40分に出発しました。すぐに鹿除けフェンスが張ってありました。まず最初は檜の植林帯を登っていきます。今日は好天との事でしたが少し曇っています。でも登り始めるとふつふつと汗が噴出してきました。しかし風が時折吹くので心地よい感じです。道も明瞭でこれならば間違うことは有りません。後は七不思議を探すだけです。現地で確認するため多可町のHPを見ましたがあえて真剣には見ませんでした。このことが後で残念な結果となってしまいました。
 しばらく登っていると前方から話し声が聞こえてきます。結構賑やかな声です。この分だと少し前に10人くらいのグループがいそうです。「う〜んこまったなぁ・・・」と思っていると丁度唐滝と雨乞岩の分岐でそのグループが唐滝に向かっているのが見えました。やはり10人位います。地図で確認するとたぬきさんは唐滝方面から尾根に出て千ヶ峰に歩かれているようです。しかし10人もの団体さんを抜くのには気が引けますので、遠慮して今回は雨乞岩コースを取りショートカットすることにしました。次回は唐滝から登ることにします。分岐からは尾根に向けて檜の植林帯の直登になりました。汗をかきかき登っていくと大きな岩の塊が見えてきました。さてこれが「雨乞岩」でしょうか?多可町のHPに載っていましたから看板の一つでも立っているものだと思っていましたら何もありません・・・というわけでこの後も「雨乞岩」らしき岩は現れずあれが「雨乞岩」だったのかどうかも判らず消化不良をおこしてしまいました。


写真 写真
「出発地点」 「雨乞岩かなぁ?」

 しばらく登っていくと植林帯を抜けて雑木の林になりました。木漏れ日が気持ちよく、また風がとても爽やかです。そういえば今日岩座神の集落を通ったとき「棚田祭り」の幟があがっていました。来ている人の車のナンバーを見ると大阪ナンバーが有りました。今日は天気も良く風も爽やかで楽しい田植えが出来るでしょう。たぬきさんのところも昨日今日と田植えだと掲示板に書いてありましたっけ。無線で繋がればなぁと思いながら尾根を目指しました。そのとき右側にあの特徴のあるピークが見えてきました。「千ヶ峰」です。人も見えています。やはりメジャーな山ですので今日はいったいどれだけの人が登っているんでしょうか?少なければいいのになぁと思い足を進めました。そして11時ジャストに尾根に到着。この尾根が笠形山まで続いている縦走路なんだなぁとしみじみと思いました。一度は歩いてみたい縦走路ですが車が2台必要で一人では無理ですね。爽やかな風が尾根を吹き抜けていきます。


写真 写真 写真
「植林を抜けると良い雰囲気」 「右を見ると千ヶ峰頂上」 「道の良い縦走路に出る」

 さて後はこの縦走路を北に向かって歩くだけです。頂上はもうすぐそこです。ふと見上げるとピークまで結構登りが残っています。しかし気持ちの良い風の中を軽快に歩いているとあっという間に到着しました。11時22分です。お茶を飲むのをぐっとこらえて楽しみにしていたビールで喉を潤します。無線で各局を呼んでみるとたぬきさんが藤無山に登っておられます。田植えは昨日で終わったようで今日は山に登れたそうです。まだピークに向かっておられる途中との事で少しはなしをしていると今度はOAPさんがブレイクされてきました。暁晴山だそうで丁度チャージ中とのこと、来週の約束をして食事に取り掛かりました。無線をしている間にものすごい団体さんが上がってこられて大賑わいです。たぬきさんもOAPさんも他に誰もおられないとの事でうらやましい限りです。快晴のため霞んでいて眺望はいまひとつです。しかし藤無からはこちらが良く見えているとの事でした。
 いつものようにうどんを作って食べていると団体さんは市原の方角に下山されていきました。なんと静かな山頂になったことでしょう。(^^)


写真
「千ヶ峰頂上(1005.2m)」

写真
「頂上から西を望む」

 さてゆっくりもしておれません。今日は自宅に3時過ぎに帰らなくてはいけませんので下山に掛かります。下山は岩座神との分岐まで三谷コースを下ります。このルートを歩いたのはもう4、5年も前になりますからメインのコースはずいぶんと変わっていることでしょう。そう思いながら下山し始めたそのとき、私の左手に蝶々が留まってしきりに私の肌を舐めまわしています。私の体から出た塩分を採っているのでしょうか?写真を写しますが逃げません、かれこれ一分くらい留まっていたでしょうか満足したようにサッと飛んでいきました。今日一番の心が和んだ瞬間でした。
 三谷コースを下山しますがかなり荒れています。最初は笹原ですが雑木林に入りますと登山道がかなり広くなってしまっています。団体さんが沢山登っているためでしょうか・・・人数の多い団体さんは一列では歩けませんからねぇ〜


写真 写真
「手の上のてふてふ」 「かなり広がってしまった三谷コース」

 そんなことを考えながら下山すると岩座神の分岐に来ました。ここからははじめてのコースです。一歩踏み入れると今までの三谷コースが嘘のようです。とっても雰囲気の良い道です。緑がとても美しく太陽に映えています。こちらの道は三谷コースのようになって欲しくないものです。しばし雑木林を歩いていますと杉林になりました。木漏れ日の中順調に下山しますと千本杉に到着しました。幹は一本ですが7メートルくらいの所から無数に枝分かれしています。そうですね千手観音様のように見えます。
 ここからはアスファルト道を歩きます。途中お寺がありました。名前は・・・忘れてしまいました。
 さて、今日は七不思議の山旅でしたがひとつも出会いませんでした。やはり前もって良く調べて現地で確認というのがいいようです。(^^;


写真 写真 写真
「気持ちの良い下山道」 「千本杉を見上げる」 「お寺のお堂」

 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル