神崎郡市川町 十三廻〜七種槍

 

「松尾山」

七種槍

写真 写真

山行日程 2007年 6月 2日(土)
天   候 晴   れ
同 行 者 OAPさん

 先週は大人数での仙谷からの氷ノ山登山でしたが、今回もOAPさんからお誘いを頂きました。OAPさんはこの地域を2回歩かれており、今回のコースはOAPさんがそのころから考えられていました、市川町と神崎町の境界尾根を縦走する「十三廻から七種槍」を経由して神崎町野外活動センターに下山するというものです。
 まず私のFF車を野外活動センター近くの空き地に置いてOAPさんの4WD車で一路鶴居に向かいます。市川町健康広場を通り過ぎとても荒れた林道を4WD車で走行します。林道を詰めて行きますと前回OAPさんが下山されたポイントにやって来ました。ここに車を置いて歩くことも考えましたが、良く地形図を見ると左の斜面に林道が出来ています。行けるところまで行ってみることにしてどんどんと進んでいきますとなんと十三廻まで来てしまいました。帰りに車を回収しないといけないのに私の車で大丈夫でしょうか?心配になりますが来てしまったものは仕方がありません。早速準備をして10時10分に登り始めます。
 まずは松尾山を目指し稜線を登っていきます。今日は風も十分ありとても涼しい天気です。稜線を歩き続け635mポイントを通過すると第一目標の松尾山が目の前に現れてきました。
 しばらくは雑木林の稜線上にできている獣道を歩きます。道はそんなに藪ではなく結構歩きやすい道です。この道は前回OAPさんが歩いておられるコースなので心配はありません。しばらく歩いていると杉の倒木が出てきました、ここを通過するのにアクシデント発生です。倒木の上から降りるときにステッキを突いたところ半分まで入り込んでこけそうになり思わず力を入れてボキッと折れてしまいました。7年ほど使った愛用の品で残念でなりません。この後ステッキなしで歩くのは大変きつくステッキのありがたみをひしひしと感じました。その後は軽快に歩き11時5分松尾山に到着です。廻りは木々に囲まれ眺望は有りません。


写真 写真 写真
「十三廻の終点から取り付く」 「悲しみの倒木越え」 「松尾山頂上(662.3m)」

 さて、今日は距離がある上にアップダウンを何度も繰り返すというコースです。先を急ぎましょう。しばらく歩きますとOAPさんが前回登りに使われた道との分岐に来ました。これから先はOAPさんにも未知の世界です。後は地形図とGPSを頼りに歩きます。
 今日は本当に風が適度に吹いており気持ちの良い山歩きです。道は悪くないのですが、眺望が無いのが残念です。「何処か景色のよいところで食事をしよう」とOAPさんが言われたので「そうしましょう!」と応えたものの行けども行けども雑木に囲まれ眺望が得られる場所が有りません。OAPさん「ひょっとしたら七種山と七種槍のコースに出るまでこのままとちゃうかぁ・・・」と言われています。12時を過ぎてもいますので適当な所で食事をすることとしました。食後OAPさんは少し無線をされました。
 しばらく歩くと左に七種槍が見えてきました。しかし眺望には程遠いものです。本当にこのまま景色を楽しめないままになるのでしょうか?さらに歩きいよいよ七種山と七種槍のコースの合流に向けての登りになりました。また急な登りでステッキが無いので結構きつい登りです。14時10分に七種山と七種槍のコースに合流しました。結局先ほどの「ひょっとしたら七種山と七種槍のコースに出るまでこのままとちゃうかぁ・・・」は現実となってしまいました。この後七種槍から野外活動センターへの下山ポイントである鉄塔までの間で眺望が有るからとお互いに慰めあいながら歩きます。


写真 写真 写真
「食後の無線」 「左に七種槍(577.3m)」 「最後の登り」

 ここから南に歩いて七種槍を目指します。今まで結構登ったり下ったりしたものですが、ここから130mほど下ってまた七種槍まで180mほど登りになります。しかし、今までの道と異なり一般道はなんと歩き易いのでしょうか。今までの疲れも回復していきます。そうこうするうちに林道に下りる分岐に着きました。七種山愛好会の新しい道標が杉の木に付けてありました。さあ最後の一登りです。気合を入れて登りますと12分ほどで頂上に到着しました。以前登った時は周囲が雑木で眺望がなかったのですが、今回も有りませんでした。この後のルートに期待しましょう!
 少し下ると七種山愛好会の看板があり「野外活動センターまで100分」と有ります。OAPさんと「100分も掛からないだろうになぁ」と話しながら歩きますといよいよ岩場がやってきました。ここからはアルプスに比べると標高が2000m程低いですがちょっとアルプス稜線歩きの気分が味わえます。


写真 写真 写真
「林道への分岐」 「七種槍(577.3m)」 「岩場の尾根の始まり」

 ここから野外活動センターへの下山ポイントの鉄塔まで歩きます。そこまではほとんどが切れたった岩場、ナイフリッジとなります。歩いていると気持ちの良い風が吹き抜けていきます。汗をかいた体に気持ちがよいです。振り返り今回のコースを確認しますが七種槍が前面に立ちはだかりよく判りません。しばらく歩くと右手前方に下山地である野外活動センターが見えてきました。そして右には少し前に登った七種薬師が見えます。この後は二人景色を楽しみながら歩きました。鉄塔を過ぎて下山しかけると道が結構ザレており滑りやすいのを十分気を付けながら歩き16時23分駐車ポイントに到着。これで今日の山行も終わりといきたい所ですが、OAPさんの車を回収するため十三廻まで戻りました。あの悪い林道を私の車で行けるかどうか不安でしたが何とか行くことが出来て今日の山行は無事終わりました。


写真 写真 写真
「切れ立った南へのコース」 「下山地の野外活動センター」 「七種薬師(616.2m)」

 今日は久しぶりの縦走でとても充実し、楽しい一日を過ごしました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル