島根県温泉津温泉

写真

山行日程 2007年7月27日(金)28日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 Tさん、Kさん、Sさん、Fさん

 実は今の仕事は2つ目で、最初の仕事を8年勤めました。その時に一緒に仕事をしました方々と不思議にもお付き合いさせていただいています。
 私以外のメンバーは、既に会社を定年退職されている方ばかりで、60歳から68歳のメンバーです。私は44歳で二回り近く離れていますが、気の合う方たちばかりで楽しいものです。
 今回、昨年末の温泉旅行で島根の温泉津温泉に行こうという話が持ち上がりまして今回の運びとなったわけです。
 中国縦貫道を下り松江に向かいます。まずは「皆生温泉」です。メジャーなので本来ならば行かない温泉なのですが、行きたいという人がおりましたので「OUランド」に立ち寄ることにしました。堪能はしましたが、ひなびた温泉というわけではなくてスパでした。
 次に向かったのは温泉ではなくて食事処です。境港にある「さかなセンター」の中に「生鮮食堂」があります。そこでおいしいものを頂こうというわけです。沢山あるメニューから贅沢にも甘えび、うに、いくらが乗っている「巴丼」にしました。


写真
「巴丼」

 このあと、神西湖近くにある「湖陵温泉」に行く予定でしたが、今日宿泊する「長命館」が5時までに入らないといけないので時間的に無理で、5時までに入らなければ夕食はありません!一路「温泉津温泉」に向かいます。
 ひたすら走り続け、「長命館」到着。ここには内湯はありませんが、目の前に湯治湯の「元湯」があります。早速入りに行きます。
 このお湯は、旅の僧が湯に浸かって傷を治している狸を見つけたとか、縁結びの神様大国主命が病気のウサギをお湯に入れて救ったことから始まったともいわれていて、発見されてから約1300年の歴史を持ち、湯治場として評判の由緒ある温泉で、現在もその薬効の高さから入浴者のたえることがありません。
 源泉49度までの距離は2〜3メートルで、熱い湯は「46度」ぬるい湯で「42度」です。
 早速湯に入ります。皆が入っているのは「ぬるい湯」です。 写真を撮った後で入ったら熱いのなんのって!!!!
 「ぬるい湯」も熱かったけど写真右側の「熱い湯」はもっと熱かった!「4度」の差がこんなにあるとは!!!!
 「熱い湯」の46度に入れば「ぬるい湯の」42度なんて本当に「ぬるい」です!


写真 写真
「元湯玄関」 「源泉掛け流しの湯」

 46度の温泉に入った後の汗は尋常じゃあありません。ふつふつと沸いて出てくるのです。ふつふつと・・・
 この後「ぬるい湯」「熱い湯」を交互に入り汗を流します。皆熱い源泉に入り大満足です。
 今日の宿泊は木造三階建て築造100年以上の長命館で、そこが入湯券をくれ少し安く入れます


写真 写真 写真
「今にも潰れそうな長命館」 「長命館玄関」 「ひなびた町並み」

 さて、翌日の朝も皆で入りに行きます。時間は5時です。こんなに朝早くても地元の人は既に入っています・・・
 昨日入りましたがやっぱり「熱い湯」は熱かった!
 さぁこの後は三瓶山に行きますが、その途中立ち寄りします。まず最初に世界遺産の石見銀山に行きますが「簡素」でしたし見るものもないので通過してしまいました。
 次の温泉は「小屋原温泉」です。ここは山奥の質素な温泉。浴槽は4つで大きさが異なります。「5名様なんで2組に分かれて入ってください」といわれて早速入ります。温泉津温泉とは違いここは鉄分の多い温泉で浴槽というか浴場が茶色です。でも温泉はとてもいい!何時間でも入って入れる温度です。
 時間制限1時間というのも納得?
 湯上りにはビールが決まりです。でも運転手の私は飲めません・・・ここはゆっくり楽しんでもらっていただき、私は緑茶です。


写真 写真
「小屋原温泉」 「丁度良い温度の温泉」

 温泉を出て三瓶山に行きました。OAPさんと約束していたのでコールしますが繋がりません。Tさんが「山の知り合いか?」ときかれましたので「今日大山に登っているので繋がるかと・・・」でも繋がりませんでした。
 この後は三瓶山近くの「亀の湯」に入りました。ここも良い温泉です。何ともいえません・・・入ってください。温泉は入っていただかないと判りません・・・特に源泉掛け流しは!


写真 写真 写真
「三瓶山西の原」 「亀の湯温泉」 「なんともいえない温泉」

 「亀の湯」を堪能し帰路に付きました。メインをワッチしながら走行しているとOAPさんから有線です。「TQFいま何処におるんや!」「えっと今、三次です」「そんなもん繋がるわけないやろ!」ということで、大山ユートピアのOAPさんとは、時間のタイミング、ロケーションも悪く繋がりませんでした。残念!!!!
 大山隊は風も強く天候に恵まれていないようですが、花には恵まれているようです。
 そういうことで、私の温泉友達(?)との旅行も終わりです。
 なんというか、いつも誘ってもらって嬉しく思っています。既に年末の案内が届いています。ワクワクしながら年末を迎えます。


Home

メイル