篠山市今田町 西光寺山

写真

山行日程 2007年9月2日(日)
天   候
同 行 者 OAPさん、MXFさん、IPAさん

 土曜日は娘が車を使用するので山はお休みになりました。今日は、先週から篠山市今田町の西光寺山に行く予定でした。理由はサギ草を見に行きたかったからです。昨日、無線をワッチしていると笠形山移動のMXFさんと繋がりご一緒することになりましたが、MXFさんの声掛けでOAPさん、IPAさんも同行されることになりました。
 登山口少し手前の車を置けるスペースのある池に9時30分に集合でしたが、OAPさん、IPAさんが道に迷っているようです。でも、各局モービル無線を載せていますので誘導したり、向かえに行ったりもしましたが定刻どおりに集合できました。
 準備をして9時54分出発です。
 まず、登山口まで林道を歩きます。途中に湿地帯がありそこにサギ草が咲いています。サギ草はちょうど見ごろでとても沢山咲いていました。
  


写真 写真 写真
「池に集合し出発です」 「ちょっとした撮影会です」 「サギ草」

 しばらく歩くと東屋が見え左側に寺坂ルートの標識があります。こちらのルートは、林道を直進するメジャーなコースと比較すると少しマイナーになります。というのも「寺屋敷跡」というところがのっぺりとした場所なのでルートが少し判りにくいのです。私は2度下山に使いましたが、登りは初めてです。今日のルートはやまあそさんご推薦のルートで、登りは寺坂コース、下山は頂上から東の尾根を歩くというマイナーコースです。
 今日の寺坂ルートは、まだ誰も歩いていないらしく蜘蛛の巣がたっぷりでした。IPAさんは、2mのアンテナを持っておられるので木に引っかかり少し苦労されています。

写真 写真
「寺坂ルートの入り口」 「道は悪くありませんが、アンテナが・・・」

 しばらく雑木林の中を歩きますと「寺屋敷跡」に近づきだんだんとのっぺりとした地形の場所にやってきました。そして「マムシを発見!」しました。
 のっぺりした地形を歩いていると、昔屋敷があったと思われる地形の所にやってきました。そこには「寺屋敷跡」と標識がありました。


写真 写真
「マムシを発見!」 「寺屋敷跡」

 この後杉林の植林地を抜け稜線に出ました。しばらく雑木林の中を歩きますと、左側斜面に檜林が現れますとまもなくメジャールートとの合流点に到着です。そこから少し歩きますと頂上です。
 頂上には1グループがおられましたが丁度下山のようで、私たちが到着するとすぐに下りていかれ頂上は私たち4人だけとなりました。
 IPAさんは早速2mのアンテナを組み立ててCQを出されます。残りの3人は短い宴を始めます。
 たぬきさんとやまあそさんは隣の山の白髪岳のようで、無線で繋がりました。


写真 写真 写真
「林道直進コースと合流」 「東屋で・・・」 「IPAさんはCQ」

写真
「頂上から」

 ひとしきり話して、また無線を堪能して下山に取り掛かります。
 今日の下山コースは先にも書きましたが頂上から東へ伸びる尾根をしばらく歩き、岩が現れたところで右に折れ下山するコースです。このコースはマイナーコースであまり歩かれた後はないでしょう。
 まず、頂上から中畑町側に少し下りて右側の藪に突入です。判りにくいですがすぐに尾根に取り付き藪ではなくなりました。ただ、長いアンテナを持っておられるIPAさんにはちょっとしんどいコースかもしれません。しかし、結構歩きやすい尾根で助かりました。
 尾根をひとしきり歩きますと大きな岩が現れました。やまあそさんのHPに載っていた岩です。ここから右の谷に向かって尾根を下りていきます。ここも最初は藪でした。

写真 写真 写真
「東に伸びる歩きやすい尾根」 「雰囲気も結構良いです」 「谷に向かっての藪突入」

 どうも境界杭の設置のためか雑木が切ってあり、尾根上にプラ杭が打ち込んであります。そのおかげで結構歩きやすく下山は順調です。ただ難点は蜘蛛の巣だけです。
 下山は足早のOAPさんに先をお願いして私は後を付いていきます。しばらく歩いていると右手に西光寺山が見えました。


写真 写真
「颯爽と歩くOAPさん」 「西光寺山」

 下山は少し急なルートだったので、どんどん高度を下げていきます。そうしますとひょっこり水のみ場に出ました。私は最初「こんなところに水場が?」と思いましたが、よく考えてみるとそこは東屋から直進するコース上にある水場であることに気付きました。とすると、林道終点はすぐそこです。
 宍粟市のOAPさんは、「やっぱり宍粟市の山みたいに水は冷たくないな・・・」とおっしゃっています。
 この後、林道を歩いて駐車場に到着です。


写真 写真
「水のみ場」 「林道終点の登山口」

 今日は天候が心配でしたが、楽しい山行でとても良かったです。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル