日本の秘湯「高天原温泉」と北アルプス周遊(6日目)

写真

山 行 日 程 2007年9月15日(土)〜22日(土)
レポート内容 9月20日(木)
天   候 快晴

 いよいよ山岳移動も残すところ2日となりました。
 今日は、黒部五郎を往復し双六小屋でテント泊まりです。これで何とか笠ヶ岳のリベンジが出来そうです。後は天気次第・・・
 朝5時に起床しアルファ米の朝食を済ませて6時30分に出発です。今日は三俣蓮華岳の北側の巻き道を抜けて黒部五郎小屋に向かい、三俣蓮華岳は双六小屋に向かうときに登ることとします。
 天気は上々、順調に歩き1時間で黒部乗越に到着です。


写真 写真 写真
「三俣山荘のテント場」 「朝日に輝く鷲羽岳」 「三俣蓮華岳を見上げる」

写真 写真 写真
「今日も薬師岳が美しい!」 「雄大な黒部五郎岳」 「黒部乗越」

 この後、緩やかな尾根をしばらく歩きます。左を見ますと笠ヶ岳がきれいに見えています。
 しばらく歩きますとグングンと下がって行きます。地図を確認しますと黒部五郎小屋は三俣蓮華岳と黒部五郎岳の間のコルに有るようです。「こんなに下るのか・・・ 登り返しが大変だな・・・」と思いながら下っていきますと遥か下に黒部五郎小屋が見えました。
 8時7分、黒部五郎小屋に到着。早速生ビールを頂いて一息つきました。
 この後余分な荷物を小屋の前に固めてデポして黒部五郎岳に登ります。コースは、カールコースと稜線コースがありますが、登りをカールコース、下りを稜線コースにしました。8時27分カールコースに向けて出発、途中クマイチゴが沢山なっている所があり、手のひらにいっぱいのせてカールから流れてくる水で濯いで口に頬張ります。「甘くて美味しい!」思わず何回もやってしまいました。


写真 写真 写真
「左を見ると笠ヶ岳」 「黒部五郎小屋が見えた!」 「黒部五郎小屋に到着」

写真 写真 写真
「黒部五郎岳に向けて出発」 「暫く林の中」 「甘くて美味しいクマイチゴ」

  暫く歩くと視界が開けました。前面に黒部五郎岳が立ちはだかっています!
 なんと雄大な山なのでしょう!カールの景色は最高です!言葉には出来ません・・・
 このカールの景色をじっくりと楽しみながら稜線に向かい、頂上を目指します。
 10時20分黒部五郎岳に到着。ここからの景色も最高です!
 昼食のラーメンを作り持って上がったビールで乾杯です。1時間ほど頂上でゆっくりして稜線コースで下山です。下山は身軽なので1時間ほどでした。


写真
「カールを見上げた黒部五郎岳(2839.6m)」

写真
「黒部五郎岳頂上から北を望む」

写真
「黒部五郎岳から東を望む」

写真 写真 写真
「黒部五郎岳頂上」 「遥か彼方に白山(2702.2m)」 「湿地帯の中の黒部五郎小屋」

 この後、順調に登り返し「長野県、富山県、岐阜県の県境」である三俣蓮華岳に到着です。ここには三角点の石柱が何故か3本有りました?
 これから向かう双六岳方向を見ますと笠ヶ岳が悠然と立っていました。順調に歩いて双六岳に到着です。ここからの槍ヶ岳から穂高連峰の景色は本当に最高でした。双六岳からの槍ヶ岳、穂高連峰を堪能して双六小屋に向かいました。
順調に歩いて16時30分双六小屋に到着です。


写真 写真 写真
「三俣蓮華岳(2841.2m)頂上」 「三県境」 「三俣蓮華岳から双六岳を望む」

写真 写真
「双六岳(2860.3m)頂上」 「左側には水晶岳と鷲羽岳」

写真
「東正面には槍ヶ岳から穂高連峰」

Home

メイル