三田市 羽束山

写真

山 行 日 程 2007年12月9日(日)
天   候

 今日は冬型の気圧配置で朝から天気がおもわしくなく、また天気予報では北部は雨との予報です。
それならば山に登る良い季節にはなかなか足が向かない地元の山に登ろうと思い、三田市母子の愛宕山から三国ヶ岳を縦走しようと家を出ました。ところが青野ダムのところで雨が降ってきました。天気は回復する見込みがないので手軽な羽束山に変更しました。
 登山口はいつもの香下寺です。家を出る時間が遅かったのと、行き先変更による遠回りで時間は既に10時をまわっています。
 登山道といっても神社への参道ですので全く問題は有りません。参道には雑木の落ち葉がびっしりと敷き詰められています。しばらく歩きますと参道らしく石の階段が現れ傍らには頂上までの距離を示した石柱が立っています。


写真 写真 写真
「香下寺登山口」 「落ち葉のプロムナード」 「参道の石段と石柱」

 更に登りますと六丁峠に到着です。頂上まではあと六丁、約650メートルです。この峠にはお地蔵さんが一人立っていました。六丁峠から少し歩きますと南東方向に開けたところがあります。そこから神戸市の水瓶である千刈水源地とその向こうには大岩ヶ岳の山塊が見えます。相変わらず天気はすっきりしないので眺望もいまひとつです。
 更につづら折れの参道をしばらく登っていくと毘沙門天の祠がありました。


写真 写真 写真
「六丁峠のお地蔵さん」 「大岩ヶ岳方面」 「毘沙門天の祠」

 更に登っていきますと右側の木々が刈り込まれている場所が現れました。そこには索道が敷設されています。三田市では、お正月の初日の出を拝む山として羽束山と虚空蔵山があります。ここ羽束山では地元の香下地区の方たちが炊き出しをしてお雑煮などを振舞われており、その荷揚げ用として敷設されたものです。
 索道を右目に通過しますと頂上です。羽束山には三角点はありませんが、頂上から俯瞰する三田市、南西方面の眺望は格別です。ここからは六甲山の山並みや、雄岡山、雌岡山がはっきりと見えています。
 今日はゆっくりとここからの景色を眺めることにして少し早いのですが昼食のうどんをとりました。
 天候は相変わらず安定せず、曇ったり晴れたり、霧のような雨が降ったりとめまぐるしく変わり、また風は冷たくダウンジャケットを着込んでやっと寒さをしのげるというものでした。
 2時間程頂上に滞在して景色を眺めました。その間、常置場所のMXFさん、宍粟市の山中を移動されているOAPさんと無線で繋がりました。また嬉しいことに宍粟市常置場所のJMMさんとも繋がり今日は無線で楽しい頂上を過ごすことができました。


写真 写真
「荷揚げ用の索道」 「南西方向を望む」

 長く無線をしていましたが、OAPさんも移動にかかるということですのでこちらも下山に掛かります。
 羽束山は2度ほど登りましたが、いずれも参道を登り参道を下るというものでした。今日は標識では木器バス停となっている登山道をしばらく下山し、香下寺から木器へ抜ける峠道に合流したところで香下寺に下山することにします。
 この道はどの程度使われているのでしょうか?山と渓谷社の兵庫の山にもこのルートは書かれていますが、木器バス停はアプローチが悪いと思われ、やはり多くの人は自家用車を利用して香下寺から登られると思います。少し気になるところですが、何処を向いて下りても遭難するはずはありませんので安心です。
 下山を始めると意に反して道は良く歩かれているらしく、明瞭で全く問題ありませんでした。香下寺からの参道に比べますとこちらのほうが山道らしくて気分が良いです。しかし、少し滑りやすいところもありますので注意が必要です。10分ほど歩くと香下寺から木器へ抜ける峠道に合流です。ここを左巻きして香下寺に向かいます。
 ここからの下山道はところどころに石が散らばっており歩きにくいところもありますが、雑木がほとんどで気持ちが良いです。しばらく歩きますと香下寺の裏手の貯水池にひょっこり出ました。その下には香下寺が見えており、すぐに駐車地に到着です。


写真 写真 写真
「木器とお寺への分岐」 「良い雰囲気です」 「貯水池に出る」

 今日は久しぶりに地元の山に登れて良かったと思っています。これから本格的な冬に入りますが、標高の高い北部の山は当分行けませんから、この機会を利用して近くの低山に登りたいと思います。
 今日歩いたトラックです。


写真

Home

メイル