宍粟市 藤無山

写真

山 行 日 程 2008年1月3日(木)
天   候
同 行 者 OAPさん

 お正月最後の日に今年の最初の山として藤無山にOAPさんと登ってきました。
 藤無山には大屋スキー場からと公文から過去3回登ったことがあります。登山ルートとしましてはもう一方向として宍粟市波賀町道谷の林道から登るルートがあり、このルートは一度も登ったことがありません。今回OAPさんにお誘いいただき道谷林道ルートで藤無山に登ってきました。
 朝8時30分に宍粟市山崎町でOAPさんと合流し国道29号線を北上します。天気予報では年末年始に大雪との予報が出ていましたが関西での降雪はほとんどなく2日に降ったのみで、波賀町皆木までほとんど雪は見られませんでした。皆木を過ぎますと道路脇に雪が見られるようになりましたが、国道から右折し道谷に入っても道路上には雪はなく無事林道入り口の待避所に到着しました。
 今日のルートは、しばらく林道を歩いて途中から檜の植林帯に入り、スキー場からのルートの最低鞍部に合流します。
 準備を整え9時45分出発です。雪は30〜40センチ程度でスノーシューを履いて歩きます。
 天候はまずまずで快適です。しばらく林道を歩き振り返りますと新戸倉スキー場が見えました。さらに歩くこと駐車地から約1時間30分で林道から植林帯に入ります。


写真 写真 写真
「道谷林道入り口」 「振り返ると新戸倉スキー場」 「林道から植林帯に入ります」

 植林帯に入りますとテーピングがあり道に迷うことはありません。最低鞍部までの距離は約400メートル程度ですが、しばらく登りますと自然に倒れたのではなく切り倒された木が沢山出てきました。雪を被っているので木の上を渡るのには下手をしますとつぼ足になってしまい足が抜けなくなってしまいます。慎重に倒木を乗り越え最低鞍部に到着です。林道から最低鞍部までの400メートルを20分程度掛かってしまいました。
 さて最低鞍部に到着してビックリです。なんと最低鞍部まで林道が出来ており様変わりしています。OAPさんはこの林道は私たちが歩いてきたルートに抜けると話されています。


写真 写真 写真
「切り倒しの木を乗り越えます」 「最低鞍部まで伸びた林道」 「来たルートを振り返る」

 ここから頂上へのルートは最初急な登りとなりますが、前日に誰か登ったトレースがついています。今まで新雪の中をラッセルしていて体力を消耗していたので助かりました。
 この急な檜の植林帯を登りきれば後は緩やかなルートになります。トレースをたどりながら急な登りを登りきると残念なことにトレースはそこで終わっていました・・・
 少し歩くと視界が開けて藤無山山頂方面が見えました。氷ノ山はガスっているようで頂上は見えません。このあと40センチ程度の雪上を歩いて13時過ぎに誰もいない頂上に到着です。登りはじめて3時間と20分ほど掛かりました。


写真 写真 写真
「藤無山方面を見る」 「最後の登り」 「藤無山頂上」

 天候はまずまずです。ひさしぶりの藤無山にやってきて思ったことは、ずいぶんと刈り込みされて眺望が良くなったということです。以前登ったときは回りは藪だらけで眺望が全くなかった記憶があり、50山に選定されてずいぶんと整備されたものだと思いました。
 二人で昼食をしながらしばし冬の雪山を堪能しました。
 下山も雪山では通常より少し時間がかかりますのでゆっくりしたいのですが下山にかかります。下山のルートは最低鞍部まで来たルートを戻ります。
 久しぶりのスノーシュー、くだりでバランスを崩してこけそうになります。そう、スノーシューの弱点は下りに弱いということです・・・
 転倒しないように注意しながら歩きながら北を見ますと妙見山、蘇武岳がきれいに雪を被っているのが見えました。また西を見ますと一山がはっきりと見えていました。


写真 写真
「妙見山方面」 「一山」

 最低鞍部まで戻り来たルートを戻るか、スキー場に行くか迷いましたが林道がどのようについているのかを確認するためスキー場に降りることにします。
 林道は出来たばかりのようでガードレールも真っ白です。この林道はどうも私たちが登ってきた道谷の林道に繋がるとのことですが、しかし、県道があるのにもかかわらず何の意味があるのでしょうか。
 この林道は、昔のスキー場からのルートであった尾根の東側を途中まで通り、尾根を切り通しして尾根の西側を通ってスキー場の最上部に繋がっています。その後ゲレンデの西側をまいてスキー場まで降りています。
 スキー場の最上部のリフト降り場に着くとスキーヤー、ボーダーから怪訝な顔をされてしまいました。


写真 写真 写真
「最低鞍部に到着」 「林道を下ります」 「ヤドリギ」

 この後林道を歩いてスキー場まで降りましたが、スキー場の雪は少なくせいぜい30センチあるかないかです。ゲレンデを見ますと沢山のブシュが出ておりまだまだスキーが出来る状態ではないですがそこそこの人が滑っています。でも、ソールは傷だらけでしょうね・・・
 スキー場からはアスファルトの県道を歩いて駐車地に戻りましたが、その少し前から雪が降ってきました。
 到着時刻は16時5分、やはり雪山は結構時間がかかりました。


写真 写真 写真
「林道で見た氷柱」 「スキー場に到着」 「雪が降ってきた」

 今日は久しぶりの雪山で楽しい一日を過ごしました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル