朝来市 フトウヶ峰 段ヶ峰

写真

山 行 日 程 2008年2月2日(土)
天   候 曇り後雪晴
同 行 者 単独

 お正月最後の日に今年の最初の山として藤無山登ってから、なかなか足が山に向きませんでしたが、やまあそさんから元気をもらったので行くことにしました。
 天気予報を見ると、日曜日は駄目だけれど、土曜日はなんとか持ちそうなので土曜日に行くことにした。
 行き先は段ヶ峰。理由は、かねてから雪の山の縦走をしたいと思っていて、機会があれば生野高原を縦走したかったからです。でも、この縦走、単独でラッセルするとなるとかなりの時間がかかります。段ヶ峰までの通常のコースタイムは2時間強、前回の藤無山では登りで倍ほどの時間が掛かっていたし、積雪は倍以上。きっと5時間は掛かるだろうと予測して、国民宿舎跡地を7時に出発と思い家を出た。
 生野駅までは道路に積雪は無く、このまま国民宿舎跡地の駐車場までいければと思ったものの、生野高原の入り口の坂道に入るとアイスバーンになっている。2WDノーマルタイヤの車で登れるはずも無く、タイヤチェーンを装着する。
 駐車場に着くと当然のごとく駐車している車があるはずも無く、また、こんな日に来る人も無いだろうと適当に停めて準備に掛かる。天候は曇り、空を見上げると太陽が雲の中でぼんやりと輝いている。何とか天気は持ちそうだ。でも、冬の天気は午後から崩れるので急いで出発する。時間は7時55分。ローソンでの買い物やチェーンの関係で大幅な遅れだ。
 最初からスノーシューを着けて登る。達磨ヶ峰の肩までの登りは急登だけれど、スノーシューを着けての雪の上は歩きやすい。古いトレースが残っているが、スノーシューで歩くのはトレースを外して歩くほうが楽だ。
 登り始めて50分で達磨ヶ峰の肩に到着する。いつもなら通り過ぎるところですが、雪のおかげで北側の斜面に行けるので、雪の無い季節には見れない景色を見に行ってみる。
 朝来市が霧の中にたたずんでいる。東を見ると昨年秋にやまあそさんと歩いた多々良木ダムの北尾根、青倉山、高畑山が見えた。


写真 写真
「朝来市内は霧がたたずんでいる」 「東を望む」

 フトウヶ峰、段ヶ峰を早く見たいのですが、ご存知のとおり達磨ヶ峰の先に行かないとフトウヶ峰、段ヶ峰は見えないので先を急ぎます。
 この辺りの稜線の積雪は40cm程度で、クラストした雪の上に10cmほどの新雪が積もっています。
 稜線より南側に少し下がった夏道上に登山靴の古いトレースが残っています。スノーシューを使っている人なら判ると思いますが、登山靴のでこぼこのトレースの上を歩くよりも、トレースを外して歩いたほうが踏み心地がしっかりしていて歩きやすいのです。また、この場所でのスノーシューの沈み込みもそんなに深くなく、ラッセルもそんなにひどくありません。
 しばらく歩くと達磨ヶ峰に到着しました。そこから少し西に歩くとやっとフトウヶ峰、段ヶ峰を見ることが出来ました。
 フトウヶ峰、段ヶ峰も頂上付近に高木が無いため真っ白です。その先に見える氷ノ山はフトウヶ峰に隠れて見えません。天候は少しずつ下っています。今日は、氷ノ山を見ることが出来るでしょうか。
 フトウヶ峰に向かって歩いていると、今まであったトレースは無くなりました。どうもこの時期、段ヶ峰まで行く人は無いようで、この場所で、フトウヶ峰、段ヶ峰を見て引き返しているようです。
 達磨ヶ峰を過ぎると新雪が深くなってきました。今までは、歩くと新雪の下のクラストした雪が砕ける「サク!」という音がしていたのですが、今は全くしません。ストックを突き刺すとかなり下まで入り、その深さで60cmを超えています。また雪が乾いた雪になり、さらに沈み込みが深くなってきました。
 稜線は静かで、鳥の鳴き声と鹿の鳴き声だけ。雪の上にはウサギや鹿の足跡だけで、それに加えて私のトレースが残ります。天気は下っているものの、雲の上の太陽の光で雪面がきらきら輝いています。


写真 写真 写真
「雪に覆われた生野高原ゴルフ」 「やっとフトウヶ峰、段ヶ峰が見えた」 「動物の足跡だけ・・・」

 今日、計画を思いついたときに心配だったことは一つ。達磨ヶ峰を過ぎ、アップダウンの少ない自然林の稜線歩きが続きますが、自然林が終わるところから一度下ってフトウヶ峰に登り返す区間があります。今回、この区間が体力的に一番の難所だろうと考えました。最低鞍部からの登りは植林ですがそこそこの積雪が予測され、フトウヶ峰までのラッセルの体力消耗が今日段ヶ峰に到着できるかどうかを左右します。フトウヶ峰まで何とか登り返せれば、もし仮に体力消耗、タイムアウトしてもエスケープルートとして杉谷に下りれます。
 稜線上の自然林はすべて落葉しているので雰囲気は明るく、雪もたっぷりあって楽しいスノーハイクです。この稜線は、由李子と一緒に歩いたときにイノシシと遭遇した稜線です。
 思い出にふけりながら歩いていると、自然林の稜線が終わって最低鞍部に下るところにやってきました。スノーシューは下りが苦手ですが、積雪がたっぷりあるので全く問題ありません。軽快に下ると最低鞍部にある白杭の標識が雪に半分埋まっていました。この杭は杉の木の下にあるのですが、結構埋まっていますのでこれからも結構ラッセルが必要なようです。


写真 写真 写真
「自然林の気持ちの良い稜線」 「フトウヶ峰はまだ先」 「標識も雪の中」

 急な登りをただひたすら登り切ると杉林が終わり雪原になりました。いよいよフトウヶ峰です。本来なら、植林が終わると左に折れるのですが、このまま直登して稜線に出るため雪原を歩きます。ここで注意しないといけないのは、雪の下に低木が無いところを選んで歩かないと、スノーシューを履いているとはいえ股まで沈んでしまいます。片足ならまだしも、片足が沈むと脱出するために踏ん張るもう一方の足も沈んでしまい、こうなると脱出するのに一苦労です。
そして、やっとの思いで稜線に到着、北側が開けて見えています。西を見ると、風力発電のための風速計が折れています。
 つぼ足にならないように注意して歩くものの、やはり何度かつぼ足になり体力を消耗しました。そして、登山口から215分でフトウが峰に到着です。標識も半分雪に埋まっています。
 時刻は11時半。ここから段ヶ峰まで通常なら45分ですが、今なら1時間30分は掛かるでしょう。このままだと段ヶ峰への到着時刻は13時で、出発してから5時間掛かることになります。「当初の予定は来たルートを引き返す。」ですが、段ヶ峰に行って戻るとなれば、駐車場への到着は18時をまわってしまいます。今の時期歩ける明るさは17時まで。タイムアウトです。行くか戻るか悩んだ挙句、暗くなってもヘッデンを点けて歩行に心配の無い林道を歩くことに決め、段ヶ峰から千町峠に下山することにしました。
 氷ノ山、ハチ高原が良く見えています。


写真 写真 写真
「杉林を抜け稜線に立つ」 「フトウヶ峰頂上」 「氷ノ山とハチ高原」

 段ヶ峰まであと少しです。フトウヶ峰から段ヶ峰へは一度下りますが、ごく僅かです。しかし、この下りの部分の杉には雪がたっぷりと乗っていて、潜る度に上からドサッと落ちてきます。
 この杉林を抜けて再び雪原に出ますと段ヶ峰までもう少し、最後の踏ん張りです。ここでも、夏道を外すと股までもぐってしまいます。何度もつぼ足になりながら、予測どおり13時に段ヶ峰に到着です。頂上である目印の木にもたっぷりと雪がへばりついています。
 振り返ると、きれいに見えていた氷ノ山にガスが被り始めています。この時期だと、ガスではなくておそらく雪と思われ、そのうちここにも降ってくるでしょう。西を見ますと千町ヶ峰が大きく見えました。歩き始めて5時間、初めての休憩、そして食事に掛かります。
 うどんを作っていると、予測どおり風が出てきて雪も降ってきました。


写真 写真 写真
「段ヶ峰まであと少し」 「段ヶ峰に到着」 「千町ヶ峰」

 最後に眺望を堪能して下山です。ここから千町峠までは下りばかり。僅か50分で峠に到着し、この後林道を170分かけて駐車場まで戻りました。林道にもたっぷり雪があり、今日はほとんどがラッセル状態でした。


写真
「宍粟市北部の山々」

写真
「平石山と高星山」

 今日は久しぶりの雪山で楽しい一日を過ごしました。


Home

メイル