市川町 笠形山

写真

山 行 日 程 2008年2月23日(土)
天   候 晴れ時々雪
同 行 者 OAPさん

 天気予報によると、今週の週末は荒れるそうで、北部の山は無理みたいだ。いろいろと考え、グリーンエコー笠形から笠形山に登ったことがないので、氷った扁妙の滝は無理だろうけどOAPさんと登ることにした。
 朝、グリーンエコー笠形に到着すると雨が降ってきた。OAPさんと合流し、とりあえず松か井の水を汲みに行くことにした。水を汲んでいると雨が上がり晴れ間が見えてきた。そこで、今後、天候が崩れても食事が出来るように笠形神社がある福崎町寺家から登ることにした。
 登山口へ移動しながら無線で今日のコースを相談する。やはりピストンより縦走のほうが良いに決まっているので、私の車を仙人滝コース登山口にデポして、笠形神社から笠形山に登り、下山は鹿の原、仙人滝コースで下山することにする。
 OAPさんの車で笠形神社参道途中にあるお休み堂まで進み、そこに駐車する。準備を整えて出発する。色々あったので時刻は既に10時30分だ。
 笠形神社の参道を登っていくと日陰に雪が残っている。頂上の雪はどうだろうか?コンクリートの参道が終わり、地道の参道になる。左の斜面を見上げると以前来たときよりもなんだか雰囲気が明るいように感じるが、気のせいだろうか?そう思いながら参道を歩いて、出発から20分で神社に到着した。
 笠形神社に到着して先ほどの感じた明るさの原因がわかる。神社の境内の周りに林立していた杉の木が結構伐採され、光が差し込んでいる。以前来たときは、杉木立が神社のすぐ側まで植わっていたので雰囲気は暗くじめじめしていたように思う。
 このあたりから、雪がだんだんと多くなってきた。ふと見上げると雪がちらついてきた、今日の天気は崩れることが分っているので先を急ぐ。


写真 写真 写真
「お休み堂を出発」 「地道の参道に入る」 「雰囲気が明るくなった笠形神社境内」

 少し汗をかいたので、二人ともフリースを脱いだ。気温は低いが、風がないので体はポカポカしている。
 いよいよここからが登山道となる。境内を詰めていくと新しい標識が立っている。そういえば、ここのご神木が、姫路城の昭和の大修復のときに天守閣の真柱として使用されたと記してあったが、平成の大修理ではどうするのだろうか?大きなご神木と言えば、但馬妙見山の裾にある名草神社の大杉は立派だったことを思い出した。
 今日は何名が登っているだろうか?と、考えながら植林帯を登っていると、3名が先を行っている。ゆっくりなので先に行かして貰い、順調に高度を上げると左側眼下に寺家地区が見えている。この先に登りにくい木の階段があることを思い出す。歩幅も高さも会わない階段は登りにくく、傍らの雪を見ると階段を避けてみんな登っている足跡が残っている。階段上の雪もここ何日かの登山者のために踏み固まって滑りやすくなっている。
 滑りそうになりながらも、何とか踏ん張って急登を登りきって笠の丸に到着した。
 天気は上々、北西方面を見ると雪を被ったフトウヶ峰、段ヶ峰が見える。目を左にやると、暁晴山がすぐ近くに見えている。


写真 写真
「雪でツルツルの階段」 「笠の丸に到着」

写真
「北西を望む」

 頂上まであと30分もかからないけれど、そうのうちに天気が崩れてくるかもしれないので先を急ぐ。ここからは、一度下って登り返すが、雪が結構残っていて圧雪状態なので滑りやすい。グリーンエコー笠形への分岐に来たときOAPさんが、「こんなことならグリーンエコーに車を1台置いとけば良かったな・・・」と言われたが、後の祭りである。今日の朝の天気を考えれば山に登れただけでも御の字で、また、下山を仙人滝コースにすれば周回コースだから満足だ。後は天気次第・・・
 登り始めて90分で頂上に到着。
 なんということだ!頂上に着いて北を見ると真っ暗ではないか!雪雲がどんどん南下してきている!そう思っていると沢山雪が降ってきた。南を見ると一部景色が見え、あわてて写真を写す。写したと思ったら頂上は降雪で景色は見えなくなってしまったた・・・
 空を見上げると一部青空が透けているところがあるので、少し待機したものの晴れそうにないので、食事をするために下山することにする。「景色の見えない頂上にいても仕方がないし、また来ればいいのだ!」とOAPさん。


写真
「笠形山頂上」

写真
「頂上から南方面」

 頂上からの下山が又大変です。ボブスレーのコースを歩いて下っている感じで、すってんころりん、いつ滑ってもおかしくない状況。何とか転ばないように歩いて笠の丸まで戻ってきました。
 雪は小降りになったものの風が出てきたので、笠の丸の東屋で食事と考えていましたが風のないところで食事をするため鹿の原に向けて歩きます。しばらく歩いて植林帯に入ると風がなくなり、雪も小降りになり少し日も差してきました。食事場所を探しながら歩いていると鹿の原に到着。ここで食事を済ませて下山にかかります。
 雪は小降りになったものの降り続いています。しばらく歩くと稜線のルートが終わり左に折れて仙人滝に向かいます。このあたりから登山道の雪はなくなり、ふかふかの落ち葉の道に変わりました。


写真 写真
「鹿の原」 「落ち葉でふかふかの下山ルート」

 仙人滝コースは落ち葉で滑りやすくなっていますが、ふかふかしていて気持ちが良いものです。しかし、仙人滝へのルートは植林帯なので眺望はありません。  鹿の原から40分で仙人滝に到着です。言い伝えでは、お殿様が村人を千人連れて滝見をしたと言うことですが、千人もいったい何処に座ったのでしょうか?
 仙人滝からしばらくするとで林道に出ました。そこから林道を30分歩いて仙人滝コース登山口に到着。


写真 写真 写真
「仙人滝」 「林道に出る」 「仙人滝コース登山口に到着」

 今日は天気は悪かったですが、山に登れてよかったです。
 今日歩いたコースはメジャーコースなので地図はありません。


Home

メイル