宍粟市 三室山

写真

山 行 日 程 2008年3月2日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 OAPさん、QZCさん

 明日、天気がよさそうなので三室山に行くとOAPさんから連絡をもらった。山崎の道の駅に8時に集合し、一路三室高原に向かう。千種町河内の集落に入り、渓流荘までは道路に雪が無いものの、その先は、除雪後にが30センチほど積もっているようだ。何処まで行けるか分らないので、少し進んだ所に雪が除雪してある場所があったので、そこに車を停めて準備にかかる。天候は良好で、これから登る稜線が見えている。
 準備を整えて、9時20分に出発。まずは三室高原を目指して林道を歩く。しばらく歩くとキャンプ場に到着した。先行している単独者のワカンがキャンプ場を抜けて三室を目指しているが、私たちは、このまま林道を歩き、三室高原を抜けて登山口まで向かうことにする。
 スノーシューで快適に歩いていると三室高原に到着。昔あった管理棟やコテージなどは、全て取り壊されていて、それこそ高原のようで、ブナが植林されている。中学生のとき、学校の行事で毎年ここに来て、飯盒炊さんやキャンプファイヤーをしたことを思い出した。


写真 写真
「駐車地を出発」 「キャンプ場」

写真
「すっかりきれいになった三室高原」

 さぁ、ここからが本番だ!雪はやわらかいものの、そんなに沈み込みはしないので安心だ。2週間前の駒の尾では新雪のために結構なアルバイトを強いられたが、今日はましになるだろう。でも、距離が長いので気は抜けない。OAPさんは、午後2時をタイムリミットとしていて、頂上までたどり着くことができるかどうか・・・
 コテージの跡地を後にして、登山口までの道を歩いていると前方に2頭の鹿がいる。我々に遭遇してあわてているようだ。体重が重いので足は全て雪の中に埋まっており、飛び跳ねるようにして逃げていってしまった。今年は雪が多いから、鹿もさぞかし山歩きは大変だろう・・・
 高原から50分で登山口に到着した。先行者のワカンの足跡が見当たらないので、どうも追い越したようだ。ここからは、夏道をたどるのではなく、植林帯の尾根を登りショートカットすることにする。雪があるからこそ登れるルートである。
 このルートは、斜度が結構あるので尾根を中心にジグザグに登っていく。植林帯が終わると一度自然林になり、それを抜けると一度緩やかになるが、再び植林帯の急な斜面となる。
 ルートを間違えていないことをGPSで確認しながら、大通峠が見える夏道のちょっとした岩場を目指す。木に取り付けてあるテープを確認しながら、檜の植林の中をジグザグに登り、その岩場に到着。西を見ると展望が開けた。
 左は後山から駒の尾山、ちくさスキー場、その向こうに霞んで那岐山、天子屋山、大通峠のパノラマだ。


写真 写真 写真
「鹿に遭遇した登山口までの道」 「登山口に到着」 「植林の尾根をジグザグに登る」

写真
「西側の展望が開けた」

 ここまで来れば一安心、とOAPさん。
 息が整ったところで頂上を目指す。しばらく檜の植林の中の夏道らしいところをジグザクに登る。植林帯の中をひたすら登るとぱっと前方が開けて明るくなった。いよいよ植林帯も終わりのようだ。
 天気は上々!先ほど見た西の景色がさらに大きく見える。先ほどは霞んでいて良く見えなかった那岐山がはっきりと見えた。
 さあ、後もう少し。先を見ると雪庇の稜線が聳えるように立ちはだかっており、その中間には、今日の最大の難所の鎖場が待っている。空の青さがだんだんと白っぽくなってきている。頂上まではあと1時間といったところだろうか、頂上到着時の景色が少し気になるので先を急ぐ。
 開けた雪の斜面を少し登るといよいよ鎖場にやってきました。本来なら、鎖を伝って左へトラバースするのですが、見ると斜面が完全に凍っていて、下手をすると滑落しそうです。まぁ滑落しても5m程ですが、打ち所が悪いと下山できなくなってしまいますので、上部に抜けることにします。夏場では、木々の葉が生い茂っているので難しいですが、今の時期はが落ちてしまっているのでこの方が安全です。
 鎖場を抜けていよいよ最後の急斜面の登りとなりました。最後の力を振り絞ってこの急斜面を登りきり、緩やかな稜線をたどって午後1時15分、頂上に到着です。 出発から3時間55分が経過しています。
 頂上は360度の大パノラマ。北側に真っ白な氷ノ山、扇の山が見えています。そして、氷ノ山から三の丸をたどり三室山まで繋がっている県境尾根が見えています。氷ノ山にはkokoさんのグループ、すぐ西の天児屋山にはわーさんのグループが登っておられるが、無線によれば、どちらもFBな山を楽しんでおられるようだ。

写真 写真 写真
「もうすぐ鎖場」 「鎖場を過ぎて最後の登り」 「頂上が見えた!」

写真
「頂上から北を望む」

 少し風が出てきましたので、少し下ったところで遅い昼食をして下山に取り掛かります。
 天候に恵まれ、美しい西の山並みが見えています。思わず何度も立ち止まり、惜しみながらの下山です。
 鎖場に戻ってくると沢山の人の足跡があります。どうも頂上は諦めてここで下山しています。足跡は、ワカンの足跡が1つだけで、殆どが靴の足跡です。スノーシューの足跡は全くありません。よくもまぁここまで登ってきたことでしょうか。おそらく、私たちのトレースが無ければまともに歩けはしなかったでしょう。
 植林帯に入る前に最後の景色を堪能し、景色を目に焼き付けておきます。
 下山は、なんと楽チンでしょうか!ただ、引き返したグループが、そこかしこにトレースをつけて下って行っています。めったやたらに歩いているのでOAPさんはお冠だ・・・
 無事登山口に到着し、ここからは林道を下り、途中からキャンプ場に抜ける道を歩いて3時50分に駐車地に到着。ゆっくり歩いたのにも係わらず、なんと1時間50分ほどで下山した。


写真 写真 写真
「気持ちの良い下山」 「河内の集落を俯瞰する」 「無事下山」

 今日は天候にも恵まれ、とても良い雪山を楽しめました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル