宍粟市 後山〜駒の尾山縦走

後山 駒の尾山
写真 写真

山 行 日 程 2008年3月8日(土)
天   候 曇り後晴れ
同 行 者 OAPさん

 今日のルートは、千種町から旧東粟倉村へ抜ける志引峠の手前から取り付き、兵庫県と岡山県の県境尾根を伝って後山に登り、駒の尾山まで縦走し鍋ヶ谷林道に下山するというものです。 縦走ですので、私の車を鍋ヶ谷林道入り口近くにデポし、出発点である志引峠手前の取り付き点に向かいます。
 志引峠への道路は除雪がしてあり、邪魔にならないところに駐車して、9時42分に出発。取り付き点を探していると道路端にお地蔵さんが立っています。文字を読もうとしますが、堀が浅くよく読み取れません。「ひょっとすると峠の旧道があるのでは?」とOAPさん。あたりを見回すと、植林の中の雪の上にうっすらと道のように見えているところがあります。地形図とずれていますが、間違いなく旧道のようです。
 旧道は植林の中を抜け、谷筋を登っています。締まった雪の中を登ると、峠の上乢に到着しました。岡山県側からは林道が来ている用です。ここから県境尾根を伝いながら後山を目指します。最初は植林の中の急な登りでしたが、植林帯が終わると尾根に雪の絨毯がまっすぐ伸びていました。しばらく登って振り返ると日名倉山が大きく聳えていました。OAPさんによると、地元の人は日名倉山を三の丸と呼ぶそうで、三つのこぶの左から一の丸、二の丸、三の丸だそうだ。


写真 写真 写真
「旧峠道に入る」 「まっすぐに伸びる雪の絨毯」 「日名倉山(1047m)」

 この後この尾根をひたすら登って、笛石山から後山に伸びる尾根との合流点を目指します。上乢からの標高差は514mで結構な登りです。
 尾根は左側が植林帯で右側は自然林が続き、その間を登るので歩行には全く支障なく、順調に登っていきます。940mの三角点を過ぎ一度下ると急な登りなりました。しばらく登っていると目の前に大きな岩場が現れてきました。この岩場を越えることは不可能で、植林帯か自然林側に迂回しなければなりません。トラバースとなりますので、植林帯のほうが歩く空間があるので左側にトラバースすることにしました。ところが、少し進みますと、結構な急斜面で滑り落ちると木に引っかからない限り止ることはないような斜面です。幸い雪はゆるく、しっかりとステップを切ってトラバースし何とかこの難関を突破、今日のルートの中で唯一危険な場所でした。
 天気予報によれば今日は曇り後晴れですが、空を見上げるとなかなかスッキリしない雲行きで、回復が遅れているようです。
 さらに登っていくと左側の植林帯は終わり、周り全体が自然林となりました。良い雰囲気です。さらに登りつめ、出発から165分で笛石山から後山に伸びる尾根との合流しました。「こんな雰囲気だったかなぁ・・・」とOAPさん。やはり、雪があるのとないのとではずいぶんと雰囲気が異なるようです。


写真 写真 写真
「植林帯と自然林の間を登る」 「雪があるからこそのルート」 「笛石山からの合流点」

 ここから後山頂上まで標高差90m、あと少しの頑張りです。
 歩きながらふと左に顔を向けると美しい樹氷が立っています。天候の回復が遅れているおかげで、樹氷の水溶けが遅れたために見ることができました。やはり雪山に足を向けてしまう理由のひとつです
 頂上を目指して最後の登りをクリアし、12時52分、後山に到着。お社は、雪をよけるためにブルーシートに包まれていました。

写真 写真 写真
「美しい樹氷」 「最後の登り」 「後山頂上(1345m)」

写真
「後山頂上から北東を望む」

 食事を終えて駒の尾山を目指します。時刻は既に13時15分、16時下山完了まで2時間45分。2月10日に駒の尾山に登ったときの下山時間は2時間でしたから、急がなくてはなりません。前回に比べると少し日没は遅くなっているので、少しは安心です。
 西を見るとこれから歩く舟木山から駒の尾山の連嶺がハッキリと見えています。これからは、舟木山、鍋ヶ谷山を経て駒の尾山に登りますが、多少のアップダウンはありますが随分と楽な歩行になることは間違いありません。
 天候は相変わらず回復が遅れているようですが、西の空を見ると徐々に青空が広がりつつあります。前方の景色を楽しみながら稜線を歩き、ふと振り返りますと後山が綺麗な姿を見せてくれました。
 所どころ大きな雪庇が張り出していたり、数少ない檜に雪が沢山へばりついていたりで、飽きることはありません。そんな景色を楽し見ながら歩いていると、いよいよ駒の尾山が前方に迫ってきました。


写真 写真 写真
「駒の尾山に続く連嶺」 「振り返ると美しい後山」 「いよいよ駒の尾山へ」

 2月10日に駒の尾山に登ったときと状態はどのように変わっているでしょうか?雪は少なくなっているか?はたまた多いのか?いろんなことを考えながら歩いていると避難小屋に到着しました。なんと、小屋の入り口が雪で完全に塞がっています。ましてや、小屋の南側は屋根の雪がずり落ちて地面の雪と繋がっています。まぁ随分と積雪があったようです。そういえば、小屋の前にある標識が前回は頭を出していましたが、今日は完全に埋まっています。OAPさんは「こんなに多い積雪は初めてだ!」とおっしゃっています。
 2時50分、登り始めてから5時間10分で駒の尾山に到着です。頂上の雪は、風で吹き飛ばされるからかそれほど変わってはいないようです。
 これからの下山は楽チンです。前回のルートを覚えているので、大海里峠まで戻らずに途中から右の斜面を一気に下って鍋ヶ谷林道に出た。デポ地に16時ちょうど到着。頂上から70分で下山してしまいました。


写真 写真
「雪に半分埋まった避難小屋」 「北方面を望む」

写真
「東方面を望む」

 今日は天候の回復が遅れましたが、そのおかげで樹氷も見れたし、眺望もまずまずで良い雪山を楽しめました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル