宍粟市 竹呂山〜三室山〜大通峠縦走

竹呂山 三室山
写真 写真

山 行 日 程 2008年3月9日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 たぬきさんご夫婦、OAPさん

 先週は、三室山を一般コースで往復しましたが、今日のルートは、三室高原手前の林道から竹呂山に登り、三室山を経て大通峠に下山し三室高原入り口まで戻る周回コースです。
 千種町の道の駅でたぬきさんご夫婦と合流し、出発点である三室高原に向かう。先週は積雪のために渓流荘の少し先までしか進入できなかったが、今日は林道の分岐まで進入できた。準備を整えて8時40分に出発。
 20分ほど雪に覆われた林道を歩くと林道の終点にたどり着いた。林道終点右側に植林帯のなかを抜ける道らしきものが見える。山仕事用の道と思われ、地形図で主尾根に出るために取り付きを確認していよいよ登山開始だ。
 しばらく杉の植林帯の中を歩くと自然林の登りになった。雪もたっぷりあって結構な登りとなったが、30分ほど登るとひょっこりと自然林の主尾根に出た。陽が差して明るく気持ちのよい主尾根だ。


写真 写真 写真
「林道の終点から植林帯に入る」 「主尾根までの急な登り」 「自然林の主尾根に出る」

 主稜線に出たポイントから竹呂山まで標高差230mの登りです。地形図を確認すると、登り200mの間は、コンタの間隔が詰まっていないようなのでそんなに厳しい登りではなさそうだ。しばらく登っていると、尾根の左側は植林帯、右側は自然林に変わった。右側から太陽の日差しが自然林をすり抜け、私たちの足元を照らしている。
 主尾根を40分ほど登り、いよいよ竹呂山のすそまでやってきたら、背の低い檜の植林帯に突入した。葉が落ちた枝が幹からたくさん伸びており、私たちの行く手をさえぎっている。右を見ても左を見ても抜けられそうな隙間は無い・・・体の細いOAPさんとDQKさんはするすると抜けて登っていく。何とか通れそうなところを探しながら、枝を振り払いながら何とか背の低い植林帯を抜けて振り向くと昨日縦走した後山が綺麗に見えた。背の低い植林帯が終わると今度は大きく成長した檜の植林帯で、その中をするりと抜けると竹呂山頂上に到着した。時刻は10時35分、出発から所要125分掛かった。


写真 写真
「竹呂山への植林帯」 「竹呂山頂上(1129m)」

 これから先はまだまだ長いので少しの休憩を取って出発です。三室山との標高差は249mですが、ここから三室山頂上まで標高差90m、あと少しの頑張りですが、3つのこぶを乗り越えなければなりません。
 ここから三室山までの稜線は自然林が続きます。今日の天気は快晴で、日差しがとても眩しい。しばらく進むと大きなミズナラやぶなが現れた。ここのミズナラやぶなは、幹に沢山の苔が付着していたなんだか老木のようになっている。確かに幹は太く老木には間違いないか・・・
 気持ちの良い稜線を登っていると、急に落ち込んでいるこぶの上にやってきた。下るのは危険なので少し戻ってトラバースすることにする。でも、傾斜が結構急なので、安全なところまで下ろうかとも思ったが、かなり下らないとだめなようだ。仕方がないので、ゆっくりとステップを切りながら慎重にトラバース。昨日もちょっとした危険なトラバースだったが、雪が締まっているおかげで何とか通過できた。
 この後の歩きは快適だった。順調に高度をあげて左の尾根からやってくる夏道に合流し、12時40分三室山頂上に到着。西を見ると昨日歩いた後山から駒の尾山、沖ノ山、天小屋山、くらます、東山までよく見えている。北を見れば青空の下に真っ白な氷ノ山が大きく見える。「毛無山が大山の展望台なら、氷ノ山の展望台は三室山やな」とOAPさん。確かに、ここから見る氷ノ山は美しい。

写真 写真 写真
「気持ちの良い稜線」 「トラバース」 「三室山頂上(1345m)」

写真
「三室山頂上から氷ノ山を望む」

 青空の下で、氷ノ山を眺めながら食事をしてゆっくりと休憩。無線では高松屋島移動のLWZさん、加古川のやまあそさんと繋がる。やまあそさんは、今日参加の予定であったが、急用ができて参加できなくなって残念であった。また近いうちにご一緒したいものだ。
 小1時間ほどの休憩終えて大通峠へ向けて西尾根を下っていきます。竹呂山から三室山までの稜線も雪の無い次期は笹で覆われていて歩けないが、三室山から大通峠までの稜線も同様に雪の時期でしか歩くことができない。この時期は、とても貴重な時期だ。
 三室山から大通峠に向かって、昨日のものと思われる一本の山スキーのシュプールがついている。そのシュプールに導かれるように稜線を下っていく。
 前方の視界を遮るものは何も無い・・・


写真
「この景色を見ながら大通峠を目指す」

 しかし、何と言う稜線だ・・・
 こんなに美しい景色を楽しみながら歩ける稜線は兵庫にはそんなに無いだろう・・・
 日が高くなるにつれて日差しがきつくなってきた。OAPさんは、ザックから日焼け止めを取り出して顔に塗りつけている。
 景色を堪能しながら歩くと、だだっ広い雪原は終わり、左側は檜の植林帯、右側は自然林の稜線となった。西に向かっていた稜線が少し左に折れたところで振り返ると、今日歩いた竹呂山から三室山までの稜線が見えた。今日のこれまでの縦走の状況が頭の中を駆け抜けていく。
 三室山が見える稜線に別れを告げて、いよいよ大通峠が近くなってきた。右を見れば、白い雪を被ったくらますが大きく見える。そして、目を下に向けるとくらますを取り巻くように林道が走っている。除雪はいつごろになりだろうか?
 15時21分、大通峠に到着。長い縦走も終わりだ。後、ここから駐車地まで戻れなければならないが、林道を歩くと距離が長く時間もかかるので、山道を抜けて三室高原に戻った。時刻は、16時45分。


写真 写真
「振り返ると竹呂山から三室山への稜線」 「大通峠に到着」

 今日は天候に恵まれ大展望を楽しむことができた。
 今日歩いたトラックです。歩行距離11.3km。


地図

Home

メイル