鳥取県若桜町 くらます

写真

山 行 日 程 2008年3月16日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 たくさん、kokoさん、mkさん、OAPさん

 今日は、いよいよくらますに登る。昨日の沖ノ山の雪の状態からすれば、くらますの雪解けも結構進んでいるような気がして、今日も重い雪になりそうである。
 たくさん、OAPさんと合流し鳥取県若桜町の吉川に向かう。途中kokoさんから連絡が入り、氷ノ山の予定だったそうだが、変更してこちらに参加されることになった。
 鳥取県に入り国道29号線から県道72号線に左折し奥へと進んでいくと、最後の建物である牛舎のところで除雪が止まっている。邪魔にならないように車を駐車して9時40分に出発。
 県道72号線を大通峠に向かって歩いていく。途中振り返ると雪を被った東山(とうせん)が綺麗だ。昨日、沖ノ山で出会った山スキーの人は東山(とうせん)まで6時間かかると言っていた。東山(とうせん)は遠い・・・
 県道をしばらく歩いて途中で左側の沢筋の林道に入り、林道終点から支尾根に取り付くことになる。昨日といい、今日といい、アプローチが長い山が連続してしまった。林道終点に10時40分に到着、右側の尾根に取り付いてまず主尾根を目指す。出発してから1時間が経過している。


写真 写真 写真
「除雪終了に駐車して出発」 「振り返ると東山」 「林道終点から取り付く」

 しばらくは檜の植林帯の尾根を登っていく。この尾根も結構急だ。アキレス腱が悲鳴を上げるので、ジグザグに登っていく。植林帯が終わり明るくなったと思ったら、そこはぶなの斜面だった。しかし、さらに傾斜が急になっている。今までよりもさらにジグザグで登らなければならない。辺り一面のぶなが「がんばれ!がんばれ!」と応援してくれる。今日も天候が良いのでとても暑く、汗が額からポタポタ落ちる。何度か休憩をしながら主尾根に出た。
 主尾根に出たが、くらます頂上はまだ見えない。ここから主尾根を登ってくらますの頂上を目指すが、標高差150mの登りである。
 主尾根に大きなぶなはなく、若いぶなが多い。しかし、そこかしこにたくさんのぶなが育っている。その若いぶなの間をすり抜けるようにして登っていくと、いよいよくらますの頂上が見えてきた。振り返ると西方面の絶景だ。左側の後山から昨日登った沖ノ山まで見え、その奥には那岐山も良く見えている。
 頂上目指して若いぶなの林を登っていく。そして、登り始めて125分経過した12時15分にくらます頂上に到着。頂上は尾根の左右が傾斜していてまるでナイフリッジのピークだ。


写真 写真 写真
「植林帯を抜けるとぶな林の激登り」 「頂上への最後の登り」 「くらます頂上(1282m)」

写真
「振り返れば後山から沖ノ山が一望」

 くらますの頂上は、昼食ができるようなスペースはなく、座ることもできないので、やまあそさんのお勧めのとおり北側のピークに向かう。
 くらます頂上から北側のピークには、一度下って登り返すことになる。下りながら北側のピーク方面に目をやると、穏やかな斜面が目に入ってきた。雰囲気の良い斜面で、左手先にはぶなの老木が見える。右側の遥か先には氷ノ山が見えている。北側のピークはなだらかな頂上のようで、東南側の斜面を見るととても良いオフピステである。スキーをするには絶好の斜面だ。でも、登り返しが大変そうだ。
 ピークに向かって斜面を登っていくと、だんだんと視界が開けてくる。そして、だんだんとその景色に飲み込まれていった・・・
 登りきって、私は息を飲んだ。
 「なんという雪原だろうか!」
 正面には氷ノ山が両手を広げて迎えてくれ、私は何も考えずに氷ノ山に向かって歩き続けていた。
 雪原を歩き続けて私はふと足を止めた。左を向いて、頭を右に回転させる。何度となくこれを繰り返した。


写真
「くらます北側の大雪原 無意識に足が進んでいた・・・」

 青空の下で、氷ノ山を眺めながら食事をしてゆっくりと休憩する。無線では、高松のLWZさん、六甲山のGTRさん、MXFさんと繋がる。
 30分ほどの休憩終えていよいよ下山にかかる。登ってきた主尾根を戻り、支尾根には戻らずそのまま主尾根を南に向かって1144mのピークを目指す。やはり登ってきたルートをトラックバックするよりも、違ったルートで下った方が面白い。
 下山なのに、また登りとはこれ如に?
 下山は楽しいぶな林が続いた。mkさんが、先導を切って歩いてくれる。私はGPSと睨めっこだ。
 ぶな林が終わると、再び植林帯となった。ふと左を見ると林道が迫っていた。
 ここで大きなミスを犯す。本当は、林道に沿って少し歩いて少し登り、尾根を下る予定だったが、判断を間違えてもうひとつ東の尾根を下ってしまった。この斜面は植林帯の急斜面で、一気に下ってしまった。しばらく沢沿いに歩くと林道が見え大きなスックと立った杉のところに出た。
 後は登りのルートをトラックバックする。駐車地に15時45分に到着


写真 写真 写真
「これから目指す1144のピーク」 「下山する尾根もぶなばかり」 「林道にでる」

 昨日といい、今日といい天候に恵まれ大展望を楽しむことができた。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル