宍粟市 一山〜阿舎利山

一山 阿舎利山
写真 写真

山 行 日 程 2008年4月20日(日)
天   候 快晴

 ここのところずっと雪の稜線を歩いてきた。今年のそれは、戸倉峠から三室山縦走で完結しました。本当に今年はたくさんの雪山へOAPさんに連れて行ってもらいました。
 そんな、雪の上の山歩きも終わり、春山の季節になりました。
どこに行こうかと考えたところ、この冬、宍粟市西部の山を登っているときに、いつも良く見えていた形の良い一山に決めました。一山に登るのであれば、当然すぐ隣の阿舎利山にも登ります。
 一山に登ったのはもう2年前でしょうか。そのときは秋で、植林帯が終わった後ススキの中を掻き分け掻き分け頂上を目指しました。その日は快晴で、遥か大山を見ることが出来ました。
 天気予報では、回復の予報、降雨の後ですから塵が無くなって大山が見えるかもしれません。そんなことを考えながら、阿舎利川沿いの道を進みます。
 奥に進むと最後の民家の所にやってきました。以前来たときは無かったんですが、登山者が増えたためか沢沿いの植林帯にに切り開きが作ってあり、駐車しやすくなっていました。まだ誰も停めていないので邪魔にならないように車を停め、準備して9時45分に出発です。
 家を出たときは、あまりすっきりした空模様ではありませんでしたが、天気は良くなってきているようです。
 以前来たとき、最後の住居の人をまったく見かけなかったのですが、今日はご夫婦で庭先の手入れをなさっていました。「おはようございます!」と挨拶して、左に曲がります。
 しばらくは整地された道を歩きます。まだ冬が終わったばかり、広葉樹は、葉をつけない淋しい姿ですが、これから緑の葉をつけるのかと思うと、こんな雰囲気を味わえるのもあと少しです。
 整地された道の終点にログハウスが建っています。その先には、蕾を付けたシャクナゲが沢山ありました。以前来たときは、無かったように思うので、おそらくログハウスの住人がどこからか取ってきて植えたものでしょう。
 ここからしばらく沢沿いに歩き、その後左に折れて植林帯を抜けて林道の終点に向かいます。
 歩いていて植林帯が終わり尾根に取り付いたときに思ったことは、以前来たときはもっと藪ぽかったということです。見ると木が少し刈り込んであります。そのときは、藪を掻き分けながらだったので、林道終点まで結構時間が掛かりましたが、今日は40分弱で林道終点に到着です。途中、タムシバが綺麗に咲いていました。


写真 写真 写真
「沢沿いの登り」 「タムシバ」 「林道終点に出る」

 天候は申し分ありません。雲も少なく、快晴です。西を見れば、一山のあとに登る阿舎利山が綺麗に見えました。そして、今日下山する尾根も見えています。
 記憶が定かでなかったので、この広場までのルートを間違えないかと心配でしたが、ここからはもう心配はありません。広場の取り付きにくい取り付きから取り付いて一山を目指します。
ここから明瞭な踏み跡を伝って植林帯を登ると、急に開けました。目の前はススキの原です。先を見ると一山の頂上の目印である木が見えています。
 前回はここからが大変でした。身の丈のススキが生い茂っており、掻き分けて登るのですが、先が見えません。首筋にススキの穂が付いて痒くなるし、大変でした。でも、今日はそんな心配はなく、乾いたススキは足元に寝そべっています。
 快晴のもと10時50分、出発して65分で頂上に到着です。
 360度のパノラマです。残念ながら大山は見えませんが、雪を被った氷ノ山が見えています。その右には三久安山と藤無山がすぐそこに見えています。
 今日は、自宅を出発したのが早かったこともあって、ゆっくりと景色を楽しみながら昼食を取るつもりでしたが、なんと、風が強くしかも冷たいのです。このような状況では無理なので、阿舎利山に向かうことにします。
   無線でOAPさんを呼んでみるとタイミングよく繋がりました。OAPさんは、波賀町から黒尾山に登られているようで、もう少しで頂上との事。また、交信する約束をして阿舎利山に向かいます。


写真 写真 写真
「今日登る阿舎利山」 「一山頂上が見える」 「一山頂上(1064.4m)」

写真
「一山から北を望む」

 前回は、来たルートを戻り少し林道歩きをして阿舎利山に伸びる尾根に取り付きました。きょうは、一山から伸びている尾根を伝って阿舎利山に向かいます。
 しばらくはススキの原ですが、300mほど歩くと檜の植林帯です。踏み跡はありませんが迷うことはありません。
 30分ほど下ると突然視界が開けました。西側の斜面の木が伐採されています。状況から見ると昨年の秋に切り出されたようです。振り返ると一山がきれいに見えました。このように一山を見たのは初めてです。木が切り出されたおかげで形の良い一山を見ることが出来ました。でも、木も無く緑の無い山は淋しいですね。南を見るとOAPさんのいる黒尾山が見えていました。
 伐採跡を少し歩くと阿舎利山へ向かう尾根を切り通した林道に出ました。そのまま再び尾根に取り付いて阿舎利山を目指します。
 最初少し急な登りですが、登りきると後はほとんどがアップダウンの少ない稜線歩きとなります。気持ちの良い自然林の中を歩きながらふと左を見るとなんと!、尾根に沿って林道が付いているではありませんか・・・
 その後は左を見ないようにして歩いているといつの間にか林道は無くなっていました。
 もうすぐ阿舎利山頂上だとと思ったとき、阿舎利川源流地点の標識があると標識があります。前回、立ち寄っていませんでした、というか有ったのか無かったのかも知りませんでしたので、ちょっと立ち寄ってみます。10m位下ったでしょうか、折れた檜の枝に覆われた標識がありました。そして、その周りには雪が残っていました。
 そこから35mの標高を登って阿舎利山に到着です。時刻は12時27分です。


写真 写真 写真
「伐採地に出る」 「阿舎利川源流地点の標識」 「阿舎利山(1087.2m)」

 時間も昼食に丁度良い時間になりました。誰もいない頂上で昼食を取りながらOAPさんと無線をしました。そして、下山後アイボールを約束して下山に取り掛かります。時刻は丁度13時です。
 前回は、来たルートを戻り林道を歩いて駐車地にもどりましたが、今日は頂上から少し戻ったところから麓に伸びている尾根をたどって下山します。
 このルートとは初めてです。なのに、今日地形図を持ってくるのを忘れたので、昼食後GPSにルートを登録させました。こんなとき安心です。
 下山ルートは植林帯で、ところどころテーピングがしてあります。ただ、下山方向が同じかどうか解りませんから基本的にGPSのルートで下山しました。
 下山開始から15分ほど経過すると、阿舎利山の南斜面に通っている林道に出ました。この林道は、一山からも見えていたものです。
 林道を横切って尾根を伝って下山しますが、ずっと植林帯の中の歩きでした。目新しいものは何もなし・・・鹿のヌタ場にカエルの卵がたくさんありました。
 道に迷うことも無く順調に下山してひょっこりと駐車地点の100m手前の道路に出ました。
 下山時刻は13時46分、なんとも早い下山でした。


写真 写真 写真
「林道にでる」 「卵分かるかな?」 「下山地点」

 今日は、気持ちの良い天候に恵まれよい山行が出来ました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル