篠山市 毘沙門山〜雨石山〜櫃ヶ嶽

毘沙門山と雨石山 櫃ヶ嶽
写真 写真

山 行 日 程 2008年4月26日(土)
天   候 晴時々曇り

 今日は、この時期に見ごろなヒカゲツツジを見にいくことにして、篠山市の毘沙門山〜雨石山〜櫃ヶ嶽を歩くことにしました。
 昨日は笠形山のアケボノツツジ、今日はヒカゲツツジと花見の山行です。
 先週、氷上の向山が満開だったと聞いていたのでもう終わりかもしれないと心配でしたが、たぬきさんが「篠山市は少し遅いですよ!」と教えていただいたので期待して行って来ました。
 今日は、一人での縦走となります。毘沙門天の登り口と櫃ヶ嶽の下山場所の距離は4km弱ありますので、櫃ヶ嶽の下山ポイントである宮代公民館「ひつがたけの里」に折り畳み自転車をデポしておきます。公民館に行きますと近くの畑でご老人が夫婦で作業をされており、事情を説明すると快く承諾してくださり、公民館に自転車をデポしました。
 一路登山口である小原自然公園に向かいます。
 国道から少し入ったところに空き地があるのでそこに駐車して9時丁度に出発です。
 少し歩きますと古い看板が立っており、まっすぐ行っても良し、左の山の斜面に入っても良し、結局また合流します。まっすぐの道は林道なので、左に折れて山の中の小道を歩くことにします。少し上りますと祠がありました。さらに登ると林道と合流、その地点には鳥居がありました。毘沙門天への参道をくねくねと登ると毘沙門洞に到着、中は暗く、蛙の低い鳴き声が響いていました。


写真 写真 写真
「分岐を左へ」 「新緑が綺麗です」 「毘沙門洞に到着」

 さてここから、尾根へのルートはどこかしら?それらしきルートがありません。そういえば途中で分岐のようなところがありましたが、戻るのもめんどうなので、毘沙門洞を右に見て斜面を登ります。少し藪漕ぎになりましたが、尾根に出てしまいますとこれから歩くルートがとても明瞭です。
 さて、ヒカゲツツジはあるのでしょうか?期待を胸に尾根を毘沙門山に向かって歩きます。ヒカゲツツジは北斜面に咲いているのでそちらを見ながら登りますがありません。あるのはミツバツツジばかりです。
 終わったのかと思いながら15分ほど歩くと咲いていました!ヒカゲツツジです。
 たぬきさんとやまあそさんの昨年のレポートでは、ヒカゲツツジのトンネルが沢山ありました。これからどんどん増えてくるものと思い、足も速くなります。
 さらに歩いていると視界が開けて正面に毘沙門山が見えました。三角点はありませんが、標高は雨石山よりも19m高く630mあり形の良い山です。
 毘沙門山に向かう途中、送電線鉄塔を通過しますが、とても良い展望台になっていました。その展望台に立つと足元の斜面には沢山のヒカゲツツジが咲いています。上からなので写真がいまいちよくありません・・・
 展望台から藤阪方面を望むと、昨年由李子も登った西山、大平山が見えています。そして左には八ヶ尾山が大きく見えます。


写真 写真
「最初に見たヒカゲツツジ」 「毘沙門山(630m)」

写真
「藤坂方面を望む」

 ここからのルートは、結構岩場が多くなってきました。距離は短いですが、両側が切れ立ったところもあります。注意して歩かないと単独なので落ちては大変です。
 毘沙門山に近づくにつれてヒカゲツツジが増えてきました。満開です。
 ヒカゲツツジのトンネルを何度と無く通り抜けると毘沙門山に到着です。毘沙門山からは、雨石山と櫃ヶ嶽がよく見えました。でも、ちょっと遠いなぁ・・・
 そして、南側を見ると霞んではいますが弥十郎ヶ岳や深山などが見えています。


写真 写真
「ヒカゲツツジのトンネル」 「雨石山とその先に櫃ヶ嶽」

写真
「南側を望む」

 ヒカゲツツジと眺望を十分堪能し雨石山に向かいます。多かった岩場も徐々に無くなり、北側斜面は植林帯で南側は自然林の穏やかな尾根歩きになりました。地図で確認しますと雨石山は目立ったピークが無く、なだらかになっているので頂上が解りにくい山です。
 頂上はどこだろうと思いながら歩いていると、「雨石山」と書かれたプレートを発見。でも、三角点が無いので、どこが頂上だか解りません。なだらか〜な頂上です。コンクリート製の町界杭がありましたので、それをピークとしてGPSに記録しました。
 時刻は10時20分、登りはじめてまだ80分しか経過していません。このまま一気に櫃ヶ嶽に向かい櫃ヶ嶽の頂上で食事をすることにします。
 雨石山から少し歩きますと自然林の雰囲気の良い場所にやってきました。風が爽やかに吹いています。


写真 写真
「雨石山頂上(611m)」 「雰囲気の良い自然林」

 櫃ヶ嶽を目指して尾根を歩きますと、いよいよ篠山市小倉と京都府京丹波町小野を結ぶ峠に向かって下るところにやってきました。ここは地形図を見ますと明瞭な尾根がなく、注意して下らなければなりません。GPSで現在地を確認しながら峠を外さないように降りていきます。峠に下るまでは雑木林でしたが、峠に立ちますと檜の植林の中でした。
 ここから櫃ヶ嶽まで165mの登りになります。しばらく登ると植林帯から自然林になりましたが、突然上から雌鹿が走って降りてきて5m先で直角に曲がっていきました。思わず声を上げてしまいました・・・
 546mのピークに到着するとその先に櫃ヶ嶽が見えました。穏やかな尾根を歩き、およそ20分ほどで櫃ヶ嶽頂上を目指しての最後の登りのところにやってきました。最後の急な登りをクリアして、出発してから2時間30分で櫃ヶ嶽頂上に到着。残念なが周りは自然林に囲まれて景色は望めませんでした。
 誰もいない一人静かな頂上で食事をして下山にかかります。自然林の中を歩いて今度は、篠山市宮代と京都府京丹波町南谷を結ぶ峠道に下山します。頂上からわずか6分で峠に到着。宮代からの登山道が整備されていました。
 植林帯の中、整備された登山道を歩いておよそ30分で宮代公民館「ひつがたけの里」に到着しました。
 折りたたみ自転車で駐車地までは20分。速いもんです。


写真 写真 写真
「櫃ヶ嶽が見えた」 「櫃ヶ嶽頂上(582.1m)」 「宮代の里に降りる」

 今日は、満開のヒカゲツツジを楽しむことができました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル