宍粟市 藤無山

写真

山 行 日 程 2008年5月25日(日)
天   候 曇り時々小雨
同 行 者 OAPさん

 昨夜から天気が悪かったものの、朝には落ち着いたので藤無山にOAPさんと登ることにした。
 今日は一宮町志倉から登ることにした。志倉から登るのは2度目で、一度目は廃村になった志倉にある『ゆずりは』という山荘を過ぎたところから藤無山の南に伸びる尾根に取り付いて登りました。
 今日は、志倉川沿いに林道を進み、杉の下から水が滾々と湧き出る藤無の水を少し過ぎたところの広場から時計回りに周回するコースです。
 広場に車を駐車して9時50分に出発です。
 しばらくは林道を歩きで、5分ほど歩きますと志倉川に沿った林道との分岐に到着。今日は時計周りに周回しますので、下山はこの右側から下山することになります。
 分岐を左に進み、林道を歩くこと30分で終点に到着、終点に藤無山の標識が杉の木にぶら下がっています。
 しばらくは植林帯の中の登りです。だんだんと蒸し暑くなってきましたが高度が上がるにつれて少しずつ涼しくなってきました。


写真 写真 写真
「藤無の水を少し過ぎた広場」 「林道終点登山口」 「しばらくは植林帯の登り」

 植林帯が終わり少し開けたところにやってきました。空を見上げますとガスっています。「今日は眺望は無理だな」とOAPさんが呟いています。
 この開けたところを少し登ると自然林の急な登りにやってきました。見るとトラロープが張ってあります。
 この急な斜面を登っていくと大きな岩があり、そこを過ぎますとミズナラやぶなが出てきました。しかし、笹も出てきたので、昨夜の雨でぬれているからズボンはびしょ濡れです。「ズボンだけでも河童をはいとくんだった!」とOAPさん。もう後の祭りです。
 ぬかるんだ急斜面をロープも利用して登るとようやく尾根に出ました。でも、出たといっても笹の中です。
 尾根は一面笹で、かすかなふみ跡(鹿と熊の?)を辿りながら頂上を目指します。が、ここの笹もたっぷりと露を被っています。
 そして、びしょ濡れになって林道終点から1時間で頂上に到着です。


写真 写真 写真
「ここまでくると尾根はもうすぐ」 「笹の中を泳いで頂上へ」 「藤無山(1139m)頂上」

 こんな日にここまで登る人はいるはずも無く、二人きりの頂上です。
 あいにくのガスで眺望は全くありません。しばらくすると体が冷えてとても寒くなってきました。
 静かな頂上で食事をして12時7分に下山開始です。
 今日の下山ルートは、私にとって初めてのルートで、志倉川の林道に向かって下山するルートです。
 下り始めはまた急な下りです。ここにもトラロープが取り付けてありますが、ぬかるんでいるので慎重に下山しないと滑ると泥だらけになること間違いなし!
 ドロドロの急斜面を何とか無事に下ると穏やかな尾根歩きとなり、なかなか良い雰囲気です。
 頂上から15分ほど下山すると志倉川沿いの林道終点に伸びる尾根にやってきました。この尾根は木が伐採してあるので良く見ると林道終点が見えています。


写真 写真 写真
「頂上からの激下り」 「良い雰囲気の尾根」 「伐採尾根」

写真
「伐採尾根から南西方向」

 この尾根をしばらく下ったところで「志倉川源流の碑」の話になり、急遽行ってみることにしました。でも、OAPさんも行った事がないらしく標識だけが頼りです。伐採尾根のトップには「志倉川源流の碑コース」と標識があったので大丈夫でしょう。
 斜面をトラバースして東に伸びる尾根に再び乗って志倉川の谷が伸びるコルに向かいます。
 10分ほどでコルに到着。南側は植林帯ですが、北側は自然林で濃い緑に覆われてとても綺麗です。
 さて、「源流の碑」に向かって下山したいのですが、標識がありません。おそらく南への谷を下れば「源流の碑」があると思われます。
 東に伸びる尾根の先の小高い場所の先が気になったので少し寄り道し、そこから檜の植林帯の斜面を志倉川に向かって下山します。
 道の無い斜面を下っていると登山道に出ました。やはりあのコルから下山するのが正解のようで、「源流の碑」はこの登山道を登った先にあると思われます。
 コルから25分で林道にでて、林道を歩き13時30分に駐車地に到着です。


写真 写真 写真
「雰囲気の良い鞍部」 「林道に到着」 「振り返ると伐採尾根」

 今日は、天気は良くありませんでしたが、なかなか雰囲気の良い山行となりました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル