鳥取県八頭町 扇ノ山

写真

山 行 日 程 2008年9月14日(日)〜15日(月)
天   候 1日目 晴れ
2日目 雨のち曇り
同 行 者 MXFさん、GTRさん、LWZさん、OAPさん

 今日は、OAPさんのお誘いを受けて鳥取県八頭町の扇ノ山に上山高原の河合谷登山口から登ってきました。
 今日は十五夜ですので小屋に泊まって観月会をしようということになりました。
 私を除くメンバーは、宍粟市山崎町に集合して鳥取県八東町の「ふるさとの森登山口」から登り、頂上で合流することにしました。
 「ふるさとの森登山口隊」は山崎町に9時30分に集まったらしく、数人のメンバーは早く行きたくて仕方が無いようだ。私は一人旅なのでゆっくり昼前に家を出発。和田山まで高速を使えばとても速い。10月からは土日祝祭日は終日100Km未満は半額になるので但馬地方もぐっと近くなる。
 渋滞に巻き込まれることもなく順調に快走し、上山高原を通過して親水公園に14時ごろ到着。車が数台停まっている。今日はとても良い天気だから気持ちの良い山歩きをしていることだろう。でも上を見るとちょっと雲が出始めている。「月見れるかなぁ・・・」と思いながら準備を整えて14時25分出発
 この山は何も説明することは無い。きれいなぶな林を見て歩くだけだ。しばらくは杉ばかりだが10分も歩けばぶなが現れる。そこからしばらく歩くと小ズッコ登山口からのルートに合流。


写真 写真 写真
「親水公園駐車場」 「しばらく歩けばぶなが現れる」 「小ズッコルートと合流」

 大ズッコまではほとんど傾斜がないといってよいくらいのコースで、周りはぶなだけ。一人でゆっくり歩いていると、折れて復活したぶなの木が結構面白い形に見えた。
 大ズッコを過ぎていったん最低暗部に下る。このルートで一番嫌なところ?いったん50m少し下って100mほど上り返すことになる。
 下りの途中に標識があり、右に下れば上地登山口に下山だ。親水公園から約30分で最低暗部に到着。ここを左に下れば上山高原へのルートになるが、現在ではルートは荒れていると思われ、雪のある時期のほうが無難だと思うし、実際雪の時に歩いたが歩きやすかった。ただし、1箇所沢を渡らなければならないなど自分の位置をしっかり掴んでいる必要があるので十分注意が必要です。


写真 写真
「ゾウの顔のぶな」 「サイの顔のぶな」

 


写真
「きれいなぶな林」

 最低暗部から頂上までただひたすら登る。途中にある展望台からはあいにくガスっていて日本海は見えませんでした。
 15時30分に扇ノ山頂上に到着。小屋の前には数人の人がベンチに腰掛けている。小屋の中からはにぎやかな声がしている。小屋に入るとびっくり!LWZさんは自作の「10エレスタック」のアンテナを組んで無線の用意が完了している。すでに600kmも離れた先の立山山頂と繋がったらしい。
 ゆっくりする暇も無く早速宴会が始まる。さてさてこの先どうなることやら・・・
 恐れていた騒ぎも無く、楽しい宴会をしていると瞬く間に時間が過ぎていきました。


写真 写真 写真
「小屋に到着」 「無線三昧」 「酒三昧」

写真 写真 写真
「洛陽」 「満月」 「無事解散」

 天候に恵まれ楽しい観月会になりました。
 翌朝はあいにくの天候でしたが、ひどくならなかったのが幸いでした。


Home

メイル