宍粟市 竹呂山

写真

山 行 日 程 2008年9月27日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 OAPさん

 今日は、OAPさんのお誘いを受けて竹呂山に登ってきました。
 竹呂山には2度登っています。今回は、登ったことのない東側からのコースで、赤西渓谷から登ります。
 こちらからの下見は、林道をどこまで進めるかを確認されただけとのことで、竹呂山へのルートの下見はしていないとOAPさん。地形図を見て良さそうだと思ったとのこと。さて、どんなコースになるでしょうか?
 波賀町原の国道29号線から赤西渓谷の林道に入ります。6km程走行しOAPさんの計画通りの場所に駐車し準備を整え9時45分に出発。
 取り付きの右側に建物跡があり、どうも営林署の作業小屋があったと思われ、碍子も転がっているので電気も引き込んでいたようだ。
 OAPさんの計画では、ここから左側の尾根に取り付く予定であったが、斜面を見ると杉が大きく成長した植林帯であるため雑木が茂っていて歩きにくいようだ。そこで歩きやすい沢沿いに登り始めたが、左側の尾根にだんだんと取り付きにくくなってくる。仕方なく尾根に取り付いてみたところ幸運にも古い杣道を見つけることができた。どうも昔の営林署が使っていたような感じだ。ひょっとしたら父親が歩いていたかもしれない。
 その杣道を辿って15分ほど登ると南側の斜面が伐採されたところにひょっこりと出た。


写真 写真 写真
「この先どうなるか?」 「運よく杣道を発見」 「伐採地に出る」

 尾根上には鹿避けネットが張ってある。ここからは杣道もなくなりネット沿いに尾根を登ることにする。
 斜面が少し緩くなった792mピークに到着し、西の方角を見るとなだらかな竹呂山が良く見えた。でも頂上までとても遠く感じた。
 この辺りから伐採された尾根のため道は無くなり、ススキとイバラと雑木の斜面となりとても歩きにくくなってしまった。その斜面をしばらく登っていくと杉の林になり「ホッ」としたのも束の間。少し歩くとすぐに林は終わり目の前にススキの原がまた現れた。


写真 写真
「ススキの中を泳ぐ」 「秋だなぁと思った景色(正面に竹呂山)」

 ススキを掻き分けて進んでいくと今度は北側に開けた場所にやってきた。この谷の斜面は伐採されており、対面の斜面に林道ができている。あちらの尾根を降りるのも良いかもとOAPさん。
 先を見ると、ここから一旦20mほど下って登り返さなければならない。この先の北斜面も伐採地のようだ。
 一度下り上り返していると1本のぶなが立っているのが見えた。遠くから見ると中ほどに鉢巻をしている。近づいてみるとその鉢巻は伐採した木をおろすための索道のワイヤーであった。
 そこからしばらく登ると自然林の中に入っていった。多くのぶなやみずならを期待したが、南側から登るコースの方が豊富だ。
 登山口から約90分で誰もいない頂上に到着。気温は12℃、汗をかいた体を風が吹き抜けると寒い。おもわずフリースとウィンドウブレーカーを着た。


写真 写真
「伐採された山に立つ木」 「頂上直下のぶな」

 食事と休憩をかねて1時間ほど頂上でゆっくりした後下山にかかる。
 下山は、波賀町と千種町の町界尾根を「カンカケ越」に向かってしばらく下山し、標高1030m付近から東に伸びる尾根を下山することにする。
 宍粟50名山に選定されたためか、正規ルートであるこの尾根は良く踏まれている。
 20分ほど歩いて大きなブナがある尾根の分岐にやってきた。先を見ると枯れた笹がたくさんたっているものの、しばらくは自然林の良い雰囲気で気持ちよく下山できた。


写真 写真
「東の尾根を下る」 「この尾根の自然林も良かった」

 登りのルートは、頂上直下まで伐採地のススキの中の登りであんまりよくなかったが、下山のルートは標高750m付近までとても快適なルートだったが、そこからの尾根が雑木林に変わった。藪漕ぎになるので左斜面の杉林を下ることにしたものの、滑りそうな急斜面となった。少し下ると杣道がありそれを辿ることにしたが急な斜面のトラバースで危ないことこの上ない。最後の200mほどが本日最大の難所となった。
 頂上から約70分ほどで予定通り下山ポイントに到着。このあと1kmの林道を二人のんびり歩いて駐車地に13時15分に到着した。


写真 写真 写真
「ここまでは順調だった・・・」 「急斜面のトラバース」 「下山予定ポイントに降りる」

 今日はススキもイバラも最後のちょっとした難所もありましたが、良い雰囲気のところが何箇所かあり楽しい一日を過ごせました。
 コースとしては、やはり南側からのコースが良いと思いますが、変わったコースを希望される方にはそこそこ楽しめるコースなのではないでしょうか。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル