宍粟市
 阿舎利山          日ノ原山

写真 写真

山 行 日 程 2008年9月28日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 やまあそさん、OAPさん

 今日は、やまあそさんのお誘いを受けて宍粟50名山の阿舎利山と日ノ原山に登ってきました。
 阿舎利山には2度登っていますがどちらも一宮町阿舎利集落からで、西側から登るのは初めてです。また今回は、登ったことのない日ノ原山をも登りました。
 国道29号線を北上し円形校舎入り口の公園に駐車してその駐車場の後ろから登りはじめます。ちょうど9時スタートです。
 まず駐車場の南の尾根に取り付き、杉林の急な斜面を西に回りこみながら登ります。今日のルートは地形図を見て見ますと阿舎利山までほとんど登りのようです。
 単調な杉の尾根を登り標高650mを超えると杉林は終わり自然林の尾根となったので、とても気持ちが良い。尾根を登っていると前方に切り開きが見え、四等三角点「三久安」に到着した。
 三角点の周りだけ伐採してあるので眺望はない。やまあそさんは、「三角点の点名を山の名前にしている人がいるが、点名は役人が勝手に付けただけで山の名前とはまったく関係ない。代表的なのがここで、点名は「三久安」。点名を山の名前とするならば三久安山が二つになってしまう!まったくおかしな話だ!!」と言っている。確かにそのとおりで、山の名前というものは、地元に伝わる昔からの名前だから、同じピークでも山が見える地域が異なると山の名前も変わってくるので面白い。


写真 写真
「円形校舎前公園」 「杉林の急斜面」

写真 写真
「コナラなどの自然林となる」 「四等三角点 点名「三久安」に到着」

 三角点から少し穏やかな地形になり標高が800mになるとぶなが現れだした。そんなに太くはなく、若いぶなが多い。こちらから阿舎利山に登るのは初めてだがぶながあるとは思わなかった。というのも一宮町阿舎利集落からのコースではぶなを見たことはなかったから。
 登り一辺倒ではあったが自然林の登りであったからそんなに苦にはならなかった。
 10時43分に阿舎利山頂上に到着。早く出発したのもあるが、1時間45分ほどで頂上に到着してしまった。あまりにも早いので昼食には早いし、無線は誰も返事がない。話し合った結果、日ノ原山で食事をすることにして出発することにする。


写真 写真 写真
「ぶな林の中を登る」 「阿舎利山頂上に到着」 「頂上から」

 とりあえず話の種として「阿舎利川源流地点」に立ち寄る。今年4月に来たときには雪が残っていたことを思い出した。
 阿舎利山から西に伸びている尾根を標高700m程度まで下り、そこから北西に向けて日ノ原山に90mほど登り返す。
 下りの尾根は細く迷うことはないが、標高840m付近でなだらかな地点があり、ここで方向を間違えなければ全く問題ない。
 尾根は、杉の植林帯が延々と続く。阿舎利山頂上直下では、雪の重みで杉の枝が地面に付きそのまま根になるアシュウ杉があった。傾斜も緩やかで踏み跡もあり歩きやすい尾根で、やまあそさんはマウンテンバイクで下りたいと言っている。
 頂上から40分で地形図上の点線に合流する。杉の林の中の杣道だ。沢沿いの杣道を10分も歩くと日ノ原山に向かう分岐に到着した。このまま北に向かえば峠を越えて29号線に出れるようだ。


写真 写真 写真
「阿舎利川源流」 「杉林を下る」 「日ノ原山への分岐」

 ここから日ノ原やままではひたすら登りだ。やまあそさんは、音水湖を見たいといっているがなかなか俯瞰できる場所が出てこない。少し登るといったん緩やかになりしばらくすると登りになる。その先は小山になっていて約20m登りまた20m下っている。やまそさんは地形図を見て「巻こう!」と言っている。OAPさんは「こんなのぼりは巻くよりも登ったほうが早いんや!」と言っている。結局、私はその中間をとって巻きながら登り、ピークに立って下を見るとやまあそさんのルートが正解だったようだ。
 いったん下り上り返す地点でどうにか音水湖が見えた。
 そこから5分少々で電波塔に到着。この塔は、兵庫県の管理下にありダムの水位や雨量の情報などを送信しているようです。
 そして日ノ原山には12時18分に到着です。


写真 写真 写真
「日ノ原山への杉林」 「杉の隙間から音水湖」 「日ノ原山に到着」

 日ノ原山は林の中で全く眺望はない。
 ここで昼食をとりすぐ下山にかかります。最後の楽しみは下山途中にある見晴らしの良いところだ。
そして、その管理道として1200段もの階段が設置されていました。なぜ段数が判ったかというと段数がところどころに書いてありました。
 階段の下山は足に響くものの早く下山できるので効果的です。でも、気を付けないとひざを痛めてしまいます。
 単調な階段を下りていると北側に開けたところにやってきました。今日一番の景色でしょうか?前方に三久安山が見えています。
 この後も単調な階段を降りて13時33分に国道29号線の日ノ原山登山口に下山です。


写真 写真
「唯一の景色」 「日ノ原山登山口に下山」

 この後3人で29号線を駐車地までお散歩・・・
 途中旧29号線の古い隧道を探検した。中は真っ暗で足元も良く見えない・・・
 中には物置やボートなどが無造作に置かれていた。
 29号線を再び歩いていると湖畔の遊歩があることを知りその道を歩くことにした。
 その歩道が終わると駐車地はすぐそこ。ちょうどポツポツと雨が落ちてきた。グッドタイミングの下山となりました。


写真 写真
「湖畔の歩道」 「もうすぐ駐車地」

 今日は3人でとても楽しい一日となりました。
 歩いたトラックです。


地図

Home

メイル