鳥取県琴浦町 矢筈ヶ山

写真

山 行 日 程 2008年11月2日(日)
天   候 曇り時々晴れ
同 行 者 OAPさん

 今日は、紅葉を楽しむため鳥取県の矢筈ヶ山に登ってきました。
 早朝5時過ぎに三田を出発、山崎町でOAPさんと合流し矢筈ヶ山の登山口である一向平(いっこうなる)に向かいます。
 米子自動車道から見る大山は頭にガスを被っています。PCで雲の動きを見るといつも大山だけはよく雲が被っているような気がしますが、独立峰なので風がある日はガスが発生しやすいのでしょう。
 蒜山インターを降りて一向平に向かう途中、矢筈ヶ山が雄大に見えました。
 矢筈ヶ山への登山口は、東側の大山町からもありますが、今回一泊して明日は三平山に登る予定なので、ここ一向平には設備の整ったキャンプ場があり便利なのです。
 登山口には8時55分に到着。すでに10数台の車が停まっています。
 準備を整えて9時20分に出発。キャンプサイトの真中を抜け真直ぐ伸びる林道を歩くと左の斜面を登っていきます。しばらく歩いていると木の階段が現れどんどん下っていきます。「こんな道だったかなあ・・・」とOAPさん。下り終わると吊橋にやってきました。右側を見ますと通行止めの標識と鎖。どうも旧道は閉鎖されているようです。

写真 写真 写真
「右奥に矢筈ヶ山」 「70m下る木の階段」 「吊橋」

 吊橋を渡りながら下を見ると田舎の河原山川と同じように水が透き通って澄んだ綺麗な水だ。
 吊橋を渡って少し登ると檜の植林帯の中をしばらく歩く。登りの感じはほとんどなく水平道のようだ。その小道を15分ほど歩いて大山滝にやってきた。10mほど下ると展望台がある。滝つぼは遥か50mほど下で、見ると数名写真を撮っているのが見える。これを下って登り返す時間は無いのでここで引き返す。
 この大山滝は観光客のルートでもあり、運動靴やローファーで来ている人もいる。
 さて、ここから先が本番だ。10時丁度に大山滝を出発。ここから自然林になり気持ちが良い。大きなぶなもある。しばらく進むと再び檜の林となり大山滝から20分で大休口に到着。ここを左に下れば地獄谷を経由し駒鳥小屋に向かう。
 すでに10時20分、先を急ぐ。
 ここからが本当に気持ちの良い山歩きだった。綺麗なぶなやみずならの黄葉の中を人に出会うことも無く気持ち良い。1時間ほど綺麗な黄葉を楽しみながら11時30分に大休峠に到着。
 ここから頂上まで1時間掛かるし、朝早かったこともありここで昼食をとることとする。

写真 写真 写真
「大山滝」 「綺麗な黄葉の登山道」 「大休峠に到着」
写真
「黄葉の中に溶け込んでしまうOAPさん」

 食事を終えて12時に出発。
 これまでは峠道でもありほとんどトラバース的な登山道でしたが、ここから1300ポイントまで一気に標高差200mを登ります。水平距離は500m弱です。
 見上げると1300mポイント付近が見えていますが、その標高のあたりの黄葉はもう終盤を迎えているようです。この標高差を約30分で登りきると頂上にはぶなやみずならが並んでいます。
 ここから終わりかけた黄葉の中を450m程度歩いて12時45分に頂上に到着です。
 東を見ると烏ヶ山と大山が逆光の中に大きく見えています。西を見ると甲ヶ山と小矢筈ヶ山が綺麗に見えています。

写真 写真 写真
「矢筈ヶ山の肩1300ポイント」 「頂上付近の黄葉は終わりに近い」 「矢筈ヶ山頂上(1358.6m)」

写真
「烏ヶ山(左)と大山」

写真
「甲ヶ山(左)と小矢筈ヶ山」

 無線で屋島移動のLWZさん、徳島マリンモービルのMXFさんとつながりしばし交信する。広島の恐羅漢山移動の研さんとは大山が邪魔したのか、タイミングが悪かったのか残念ながら繋がらず。でも、無線での交信はとても楽しい。
 頂上で30分ほど景色を楽しみ下山に掛かります。
 下山は来たルートをそのまま戻ります。
 頂上から2時間ほどで吊橋まで戻ってきました。そこで通行止めになっている理由が気になったので、吊橋の上から左を見るとどうも土砂崩れをしているようです。ちょっと見に行ってみます。「そうそう、昔はこっちが登山道だったんだ」とOAPさん。前方には大きな落石もあり、その先は土砂崩れを起こしていて登山道は崩れ落ちていました。
 右を見ると現在のルートができるまでの間、暫定として使われていたルートを発見。ロープも付いています。あの階段を登るのを避けこのルートで下山することに決定!
 たいした危険も無く旧道を辿って15時45分に駐車場に到着。

写真 写真 写真
「通行止の調査」 「崩落して登山道が落ちていた」 「危険の無い暫定道」

 天候はいまひとつでしたが、素晴らしい黄葉を堪能しました。


地図

Home

メイル