宍粟市 量見山

写真

山 行 日 程 2008年11月23日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 わーさん、OAPさん

 今回は、富土野峠から笠杉峠までの分水嶺を縦走しました。この縦走路には三角点が4つあり、富土野峠から順に点名で、3等三角点「明延山」、4等三角点「明神山」、2等三角点「神子畑」、4等三角点「朝来」の順に辿っていきます。点名「明延山」の山名は「量見山」であることをやまそさんが地元の聞き取りで確認されています。やまあそさんは、常々「点名を山名とするのは間違い!」と言っておられますが、その証拠に今日のルートの点名「朝来」を山名としてしまうと朝来市にある「朝来山」と被ってしまいます。
 神子畑峠(笠杉峠)に8時30分に集合し、私の車を置いて富土野峠に向かいます。富土野トンネルの手前に待避所がありそこにOAPさんの車を駐車し9時14分に出発です。今日のルートはカシミールで確認しますと約10kmで、実質は12kmほど有ると思われます。
 駐車地から100mほど戻りますと道路脇にお地蔵さんが立っておられ、その横に峠道があります。峠道に入るとそこは檜の植林帯で、およそ10分ほどで富土野峠に到着です。宍粟市側は旧道が残っていますが養父市側には道は残っておらず、鹿除けネットが行く先を塞いでいます。
 そこから南東方向に伸びる尾根に取り付きますが、とても急な斜面で足元は少しぬかるんでいるので思うように進みません。鹿除けネットを掴みながらなんとか登ります。その急な斜面を登り終えると緩やかになりました。そこからしばらく進むと北側の眺望が開けました。北西方向には藤無山がすぐそこに見えており、南の斜面には雪が残っているのがはっきりと見えました。東の方向を見るとすぐそこに丸い頂上の量見山がみえ、その左にはキリッとした須留ヶ峰が見えています。

写真 写真 写真
「峠道のお地蔵さん」 「富土野峠」 「北西に藤無山」

 これから先はまだまだありますので先を急ぎます。しばらくは眺望のない尾根ですが天気は上々とても良い気分です。
 しばらく檜の植林帯の中を歩くと視界が開けました。南西方向を見ますと、フトウヶ峰、笠杉山、千町ヶ峰が見えています。
 斜面をしばらく登ると量見山に到着しました。時刻は10時25分です。

写真 写真
「植林帯を抜ける」 「量見山(786.4m)点名「明延山」」

写真
「南西方向」

 地図を見ると残り4分の3は十分残っています。量見山からしばらく東に向かいますが、北側の斜面は自然林で本当に良い斜面なのですが、南側の斜面を見ますと鹿の食害のためでしょうか下草も木も全くありません。土も非常に乾いています。そういえば、今日富土野峠に向かう途中、沢山の猟師を見ましたが下のほうで猟銃の音がしています。
 しばらく進むみ振り返ると先ほどの量見山が見えました。目を左に向けると宍粟市の1000m級の山々が見えています。
 しばらく歩いていると無線から大杉山のDQKさんIRCさんと繋がり、OAPさんがしばし交信。大杉山は須留ヶ峰の向こうなのですぐそこだ。こちらは移動中なので後ほど又交信することにして先を急ぐ。

写真 写真
「気持ちの良い尾根」 「東を見ると須留ヶ峰」

写真
「北東方向」

 ここからの尾根はとても良い自然林の林だった。葉はほとんど落ちてしまっているがそのおかげで落ち葉のふかふかの絨毯の上を歩けるのでとても気持ちが良い。もう少し早く来ていれば綺麗な黄葉の中を歩けたに違いない。また春は新緑が美しいことだろう。
 自然林の尾根を気持ちよく歩き量見山から1時間15分で4等三角点点名「明神山(791m)」に到着。時刻は11時40分なのでここで昼食をとることにする。

写真 写真
「落ち葉の絨毯の尾根」 「明神山頂上(791m)」

 OAPさんはここからの尾根を以前歩かれているそうで、そのときは奥組の集落から登り「明神山」から「神子畑」を周回するコースを取られている。明神山からの尾根も良い尾根で、しばらくすると檜の林になりました。ここからの尾根もとても良い自然林でしたが、しばらく歩くと檜の植林帯に入りました。明神山から小1時間ほど歩いたころ、「その先に源流の碑のプレートがあったと思う」とOAPさん。気を付けて歩いていると「黒原川源流の碑50m」とある。「50mなら話の種に見に行ってみよう!」となり、斜面を下っていくが見当たらない。どんどん下っていくとありました。プレートから水平距離約160m、標高差60m有りました。あの50mは標高差のことだったのかなぁ? 

写真 写真
「いい雰囲気だ」 「黒原川源流の碑」

 碑を見るためにずいぶんと下ってしまいました。トラバース気味に尾根に戻り次の三角点「神子畑」に向かいます。ここからは標高差75mほどを距離600mで登っていきますので楽チンです。
 自然林の林の中を気持ちよくアップダウンしながら13時30分に点名2等三角点「神子畑」に到着です。2等三角点ですから御影石が大きい!でも、よく文字が書かれているのが南だと言いますが、ここは東に向いてます。
 ここまでくれば今日のコースを3/4終了しました。時間は13時36分、なかなか良いペースで歩いてきました。
 ここからのコースは圧巻でした。気持ちの良い尾根を歩くと目の前に素晴らしい景色が現れました。
 本当に素晴らしい場所です。

写真 写真
「林の中で立ち止まる」 「良い尾根」

写真
「落葉の森」

 この後いよいよ笠杉峠に向かいます。ところが尾根から見る西の景色に目を取られて尾根を一つ間違えてしまいました。
 道に迷うことは無いのでそのまま谷を降りましたが、残念なことに沢山の杉の倒木があり本来ならば杣道をゆっくりとのんびりと歩くはずがちょっとしたアルバイトになりました。
 しかし、その谷を下ると神子畑峠(笠杉峠)のトンネルの宍粟市側にドンピシャ!
 時刻は15時6分、今日の縦走が終わりました。

写真 写真
「杉の倒木を乗り越える」 「神子畑峠(笠杉峠)に到着」

 今日のルートは本当に良いルートでした。次回は新緑の時期に・・・


 やまあそさんから「トンネルは笠杉トンネルですが、峠は神子畑峠と地元の人は呼んでます。」との連絡をもらいましたので、「笠杉峠」を「神子畑峠(笠杉峠)」に訂正しました。


地図

Home

メイル