たつの市 亀ノ山

写真

山 行 日 程 2009年2月21日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 OAPさん

 今日は雪山に行く予定をしていましたが、三田を出発し宍粟市に向かうと天候は下り坂・・・
 山崎では雪がちらついています。この状況では北に行けば悲惨な山行になるでしょう。
 そこで、夏には暑くて行けない山に行くことにして、たつの市の亀ノ山(きのやま)に登ることにしました。
 この山は、近畿自然歩道(昔は山陽自然歩道)のルートにあり、OAPさん曰く「昔は、"きのやま"と言っても"城ノ山"と言っていた」そうで、いつの間にやら"亀ノ山"になってしまったそうです。
 中垣内の集落を奥に詰めると「中垣内キャンプ場」があり、ここが出発点となります。今日は亀ノ山を目指しますが、的場山までの距離は長くどこかでエスケイプスル予定です。
 キャンプ場入り口のゲートを開けて沢沿いに登り「新池」と「亀ノ池」の中間点を目指します。
 水田の貯水池の管理のためか道は整備されており、歩きやすきなっています。

写真 写真
「キャンプ場の中に鳥居」 「気持ちの良い管理歩道」

 キャンプ場からの散策路としても使われているのでしょう、なかなか良い雰囲気です。
 沢はナメラが多くとても良い雰囲気です。でも、蔦沢の田舎育ちの私にとっては、「水が汚い・・・」
 沢沿いに登りつめるとちょっとした滝もありました。
 中垣内キャンプ場から45分で分岐に到着です。左は「新池」右は「亀ノ池」
 「新池」は地形図にも載っている立派な池なので見に行くことにしました。分岐からはシダ類が生えており、昨夜の雪でズボンが濡れてしまうほどシダが道を塞いでおり良い道ではありませんが、およそ12分で「新池」に到着。広く大きな立派な池です。石積みも3段以上ありしっかりしています。昭和初期に改修された石碑が立っていました。
 南を見るとこれから登る亀の山が見えています。
 雪もちらついてきましたので先を急ぎます。


写真 写真
「ちょっとした滝」 「"新池"と"亀ノ池"の分岐」

写真
「新池」

 分岐まで戻り「亀ノ池」を目指します。
 植林帯ですがなかなか良い雰囲気です。
 歩いていると、昔「亀ノ池」の水争いになった話が看板に書いてあり、その石積みが残っています。その石積みを歩き、12時20分に「亀ノ池」に到着。先ほどの新池ほど大きくはありませんが、亀ノ池も立派な池です。正面に亀ノ山が見え、池に亀ノ山が写っています
 穏やかな良い雰囲気なのでここで昼食としました。

写真 写真
「なかなか良い雰囲気」 「"亀ノ池"に向かう水争いの尾根」
写真
「亀ノ池」

 30分ほど休憩し亀ノ山に向かいます。
 道すがら、OAPさんが「昔は、この山は"きのやま"は"きのやま"だったが確か"城ノ山"と書いていたはずなんだがなぁ・・・」とン十年前の話をしだします。
 近畿自然歩道ですので、道はしっかりしており道に迷うことはありません。が、無粋なテープ類がいたるところにぶら下がっています。
 「亀ノ池には大きな亀がおるんや!見せたるからな!」とOAPさんがしきりに仰っていましたが、しばらく歩いているといよいよその場所にやってきました。
  なんと大きな亀でしょう!
 「自然にできたんやど!」とOAPさん。
 「うん?」良く見れば頭の付け根にコンクリートらしき塊が・・・
 大きな亀の石のオブジェからしばらく歩くと左側に視界が開けました。昨年末に登った鶴嘴山の山塊が正面に見えています。その左の奥には明神山が見えています。

写真 写真
「亀!」 「新宮の町並み」

 さて、いよいよ亀ノ山の最後の登りにやってきました。標高は、低いですが最後の登りはちょっと急でした。
 亀ノ池から25分で亀ノ山に到着。4等三角点点名「亀山(458m)」です。
 ここから東方面に景色が開けていますが、先ほどのところのほうが良かったように思います。
 さて、これからどうしようかと考えていると、「この下に門の礎石があるんや!」とOAPさん。ちょっと見に行ってみます。そうしますと数えて4つの礎石がありました。形を見てもどのように使っていたのか良くは判りません?
 さて、先を急ぎましょう。
 亀ノ山から結構下っていたのでトラバースして生気のルートに戻ることにしました。
 トラバースしているとテーピングを発見、どうもこの尾根から下れそうです。
 下り始めて私はあることに気が付きました。「ところで城ノ城の城址はどこ?」
 GPSには"KINOSIROYAMA"とジオグラフィックがあります。急遽確認しに戻ることにしました。これが今日の思いがけない結末に導いていきました。
 ちょっと藪を抜けて正規のルートに戻りGPSを確認しながら進みますが、城の山の標識は全くなくGPSを使ってそのポイントを探すとそこは林の中。石柱も何もありませんでした。
 もとの下山尾根に戻るくらいならもう少し歩こうということになり、しばらく的場山に向かうと拾い空き地がありそこが城址でした。
 ここまで来ているので、しばらく的場山に向かってエスケイプルートを探すことにします。

写真 写真
「良い稜線歩き」 「振り返ると雪を被った黒尾山が見える」
(やっぱり北は駄目そう・・・)

 歩きながら中垣内キャンプ場に降りれるような分岐は無いかと探すが無い!
 探しながらどんどん下っていくが無い!
 とうとう的場山までの最も低いこるまでやって来てしまった。このコルに来れば峠道があるかと思っていたがあえなく粉砕!ここまできたら仕方が無い登ろう!
 最後の望みは送電線鉄塔があるのでそこで「火の用心」があるのを期待するのみ。とはいっても100m登らなければならない。
 コルから20分ほど登ると送電線に到着。この先に西に伸びる尾根がありその先に鉄塔がある。最後の望みは実るのか?
 恐る恐る進んで行くと「あった〜!」しかも、道はすこぶる良さそうだ。

写真 写真
「火の用心に入る」 「なかなか良い道」

写真
「今日歩いた稜線が良く見える」

 順調に下山し鉄塔38に近くなったとき右を見ると今日登った沢沿いの谷が良く見えた。なんと深い谷だろう。
 鉄塔38までは緩やかな下りだったが、鉄塔を過ぎると斜面が急になってきた。でも、道はしっかりしているので注意して下れば問題ない。
 火の用心の分岐から30分で沢に到着。どうやって道路に上ろうかと思ったら、1箇所アルミの梯子が番線でくくり付けてある。車で走行していては気が付かないだろう。
 道路を100mほど歩いて駐車地に到着。時刻は15時25分。

写真 写真
「眼下に駐車地が見えた」 「アルミ梯子を登って道路に上がる」

 今回の近畿自然歩道は、新宮側へのエスケープルートは沢山ありますが、西側へはちゃんとしたルートは全くありません。ですから、今回のルートはちょっと距離がありますがなかなか良いコースです。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル