上郡町白旗山

写真

山 行 日 程 2009年4月5日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 単独

 今日は、ふるさと兵庫50山の白旗山に行ってきました。
 ふるさと兵庫50山に掲載されている白旗山のレポートはOAPさんが執筆された山です。
 この山に登るのは2度目で、1度目は平成14年の秋に当時小学5年の由李子と登りました。その時、頂上の城趾に桜の木があるのを知り、いつか桜の時期に登りたいと思っていました。
 今回、相生市に用事がありましたので、時間もそんなに掛からないので登ってみる事にしました。
 白旗山の麓の鞍井川沿いの桜並木は八分咲きで、花見には丁度良い状態です。白旗山は標高が440mなので開花状況はどうでしょうか?
 普通車がやっと通れるほどの細い近畿自然歩道(昔は山陽自然歩道だったかな?)を進んで行きます。
 前回どこに止めたかと考えながら進んでい行ったらなんと登山口までやって来てしまいました!登山口を見てようやく7年前の記憶が蘇ってきました。
 真っ直ぐ突っ込んで来たので方向転換できるかどうか心配しましたが、あの狭い場所で四苦八苦してなんとか方向転換できた時はホッとしました。コンクリート道路になる手前の広場に停めるのが正解です。
 準備を整えて10時30分に出発です。
 登山口はそこそこ大きな杉の木が立っていますが、少し歩くと自然林になったり植林帯になったりと色々変わります。
 出発してから10分で山陽自然歩道から白旗山への分岐です。白旗山に向かって擬似木の階段がつけられています。昔はなかったような気もしますが・・・。しかし10mも登らないうちに終わりました。

写真 写真
「近畿自然歩道の白旗山登山口」 「自然歩道から白旗山への階段」

 つづら折れの道をジグザグと登ると分岐から5分で尾根に到着です。ふるさと兵庫50山ではここで標識にもたれかけさせたOAPさんのザックが写真に乗っていますが、現在ではその標識はなく、新しいものに変わっています。でも、小さな石仏はそのままです。

写真 写真 写真
「尾根に出る」 「石仏」 「OAPさんのレポート写真」

 ここからは尾根歩きで、植林帯はなくクヌギ、コナラの自然林です。それと椿がたくさんあります。でもあんまりきれいな椿の花がないのは残念です。
 しばらく登っていると櫛橋丸との分岐です。右に行けば巻き道ですがせっかくなので尾根を登ります。尾根に出てから15分で櫛橋丸に到着です。眺望はあまり良くありません。
 朝の天気はいまいちでしたが、今は快晴で気温が高く暑くなってきました。先を急ぎましょう。

写真 写真
「櫛橋丸への分岐」 「櫛橋丸」

 櫛橋丸から少し下るとその先に白旗城址が見えました。もうすぐそこです。
 一度下った後、少し上り返すととてもも良い雰囲気の場所に来ました。二ノ丸です。

写真 写真
「白旗城址が見えた」 「二ノ丸に到着」

 自然林の二ノ丸の雰囲気は格別です。兵庫県南部の山の数少ないこのような場所は末永く保存してほしいものです。
 良い雰囲気を味わいながら歩いていると少し斜面を登ると白旗山山頂に到着です。

写真
「白旗山城址」

 麓では桜が満開に近い感じでしたが、440mの山はどうでしょうか?
 桜の木に近づいてみて残念!まだ早かった!!
 でも、アセビは満開でした。
 頂上で1時間ほどゆっくりとして来た道を辿って下山です。

写真 写真
「少し緩みかけた蕾」 「アセビは満開」

 今日は、残念ながら桜は見れませんでした。次回は満開のときに来たいと思います。


Home

メイル