姫路市 禿の行者山

写真

山 行 日 程 2009年4月29日(水)
天   候 晴れ
同 行 者 わーさん、OAPさん

 既にアケボノツツジも終わりでしょうか?
 今日は十三廻の近くにアケボノツツジがあるとのことなので、見れないかもしれませんが行ってみる事にしました。
 コースはロングコースです。七種山の西側の河原川(こうらがわ)を遡上し亀ヶ壺を目指し、その後十三廻を経て禿の行者山に登り佐中に下山するというものです。
 河原川(こうらがわ)沿いに進んで邪魔にならないところに駐車して10時に出発です。
 まずは沢沿いの林道を歩きます。沢の水はエメラルド色でとても綺麗ですが、魚影は全く見られません。
 駐車地から20分ほど歩き左手に芦谷の滝が見えて来るとその先はいよいよ亀ヶ壺への沢沿いの道となります。

写真 写真
「沢の水は綺麗だ」 「林道から沢に入る」

 二日前に降った雨の影響による水量が心配でしたが、水量も減っておりこの分だと大丈夫だとOAPさん。
 亀ヶ壺までは1.5km弱の距離で、古い峠道と言っても何度も沢を右へ左へと渡って遡上するので通常の山道よりも時間も掛かるでしょう。
 沢沿いの杉林の中にはカントウマムシグサが咲いています。

写真 写真 写真
「気持ちの良い沢を歩く」 「歩きやすい沢です」

 沢に入ってから1時間で亀ヶ壺に到着です。亀ヶ壺は2段の滝になっており、1段目の滝の下がテラスになっているとのことなので行ってみる事にします。
 1段目の滝に行くには沢の右に取り付きますが、結構な崖を登ります。OAPさんとわーさんは左を大きく巻いて滝の上部に出ることにされました。
 2段目の滝の上部に出ると1段目の滝つぼがとても綺麗でした。滝の水の力で壺が出来ています。

写真 写真 写真
「亀ヶ壺の滝」 「1段目の滝を見上げる」 「1段目の滝の壺」

 さて、壺も見たし滝の上に上がるとしますか。と思って滝の右(滝に向かって左)に取り付きを探すと2mほどの岩の壁があって、その上右手方向には自然林が茂っています。その右手方向の上を見ると2本の木があり何とかそれに喰らいつければ上に行けそうです。でも、その木を掴むには体を右に出さなければならず、つまり体を右に出すということは滝の方向に体を持っていくことになってしまいます。右に出す体の下は何も無く落ちると滝の下まで落ちてしまい一巻の終わりです。落ちないようにしっかりと木を掴んで体を引き上げ何とか上に上がることができました。
 滝の左を大きく巻いた二人と合流し、ここで昼食休憩とします。
 30分の休憩をして十三廻を目指し沢沿いですが杉林の中を歩きます。20分ほど沢沿いの杉林の中を歩いているとだんだん沢から道が離れ、いよいよ十三廻のつづら折の道となり、折れるごとに数を数え登っていくと10折れで十三廻に到着です。時間は12時45分です。
 ここから市川町と夢前町の町境を辿って尾根に取り付き、その後大河内町と夢前町の町境を歩いて禿の行者山を目指します。しかし、ここからのコースはOAPさんも歩いたこと無いらしく、どんなルートでしょうか。

写真 写真
「十三廻のつづら折れ」 「十三廻」

 十三廻から林道沿いの尾根に取り付き町界尾根を登ると10分も掛からないうちに三町の境界に到着。ここから標高650mの四等三角点「亀ヶ坪」に向けて歩き始めます。
 しばらくは雑木林の中でしたが、徐々に植林が現れ鹿除けネットが張ってあります。その鹿除けネットに沿いながら進みますがこれが結構プチ藪で歩き難くくなっています。
 しばらく歩くと成長した植林となり歩きやすくなって三町境から約30分弱で「亀ヶ坪」に到着です。

写真 写真
「なんとか歩ける雑木の尾根」 「点名「亀ヶ坪」」

 ここから西に向かいます。ここからのルートは約100mの標高を下がったり登ったりを繰り返しながら禿の行者山を目指します。
 しばらく順調に歩いていましたが、三角点から一旦コルに降り上り返すところに来たところ大変な倒木体に遭遇。イバラも沢山あって前に進むことがうまく出来ません。ここでTシャツに穴が開いてしまいました。この倒木を抜けるのになんと40mの標高を10分以上掛かってしまいました。今日一番の難所だったかもしれません。
 その難所を抜けると北側に視界が開けました。右奥にはっきりとぬっぺりとしたフトウガ峰から段ヶ峰が見えています。

写真
「北側に開けた唯一の場所から」

 あの悲惨な倒木体を抜けてからは歩行には全く問題なく順調に進んでいきます。
 お目当てのアケボノツツジですが、なかなかありません。気持ちの良い尾根をもう無いかと諦めながら歩いていたところ、濃いピンクの花が前方に見え近寄ってみるとアケボノツツジでした。でも残念なことにピークは過ぎていましたが、まずは見れて良かった。
 アケボノツツジを見てから10分ほど下ると峠に到着。古道はほとんど廃道に近く、谷を辿ればエスケープルートとしては使えそうですが、道は不明瞭です。

写真 写真
「アケボノツツジ」 「峠に到着」

 ここからは最後の登りです。峠道に下りながらこの斜面を見たとき結構急に見えましたが、実際は2段階になっていてそんなに急ではありませんでした。20分ほどで、ピークに到達。ここからは下る一方です。
 快調に尾根を歩いて峠から40分で禿の行者山(650m)に到着。三角点の点名「山の内」は林に囲まれて景色は有りません。

写真 写真
「軽快に尾根を歩く」 「禿の行者山に到着」

 いよいよ行者道です。「ここから歩けば来て良かったと思う」とOAPさんが言っている。
 しばらく進んでいくと岩場があり、そこから南東を見ると明神山が良く見えた。その岩場を左に巻いてトラバースし尾根を下っていきます。しばらく歩くと左側が切れ落ちている岩場もありなかなかスリルがあって面白い。

写真 写真
「遠くに明神山」 「スリルな岩場」

 しばらく歩いて一枚岩の右をトラバースした後岩場に上がると行者石仏がありました。ここからの東の景色はとても良い景色でした。
 ここからの下山ルートはとても明確で道に迷うようなことはなく順調に歩き、本来ならば神社に下山する予定でしたが神社からの尾根が若い植林帯でしたのでそれを避け最後は杉の植林帯を下って民家の裏に下山です。

写真 写真
「行者石仏」 「明確な道が付いています」

 今日はロングなコースでしたが、沢登りと山歩きの二つを楽しめて結構面白いコースでした。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル