若杉峠からの中央分水嶺

写真

山 行 日 程 2009年5月31日(日)
天   候 曇り
同 行 者 OAPさん、やまあそさん

 今日は、3人で宍粟市千種町の山を縦走する予定でしたが、どうも天候が怪しいので急遽やまあそさんがひそかに考えていた中央分水嶺を歩くことにしました。
 中央分水嶺とは、皆さんもご存知でしょうが、降った雨が日本海に流れ込むか、太平洋側に流れ込むかの境目です。兵庫県では、日本一低い分水嶺である丹波市氷上町の水別公園が有名です。
 私も、やまあそさんとOAPさんとご一緒させていただき分水嶺を結構歩いてきました。なんといっても昨年の「戸倉峠から三室山」の分水嶺はとても記憶に残るものです。
 今回のコースは、若杉峠から波賀町と大屋町の町界尾根を辿って、三等三角点点名「横行(939.9m)」四等三角点点名「六郎谷(950.3m)」を経て新戸倉スキー場に向かい、最後はゲレンデトップにある三等三角点点名「戸倉山」に登って道谷の集落に下山するというものです。
 若杉峠の標高が725mほどなので、ほんの少し登れば後は尾根歩きになるはずです。
 若杉峠の旧道に駐車して10時15分に出発です。若杉峠は切通ですので少し道谷に側に戻って取り付きます。一踏ん張り登れば尾根はすぐそこです。やまあそさんもどんな尾根かわからないと仰っていましたが、尾根はとても歩きやすい尾根でした。

写真 写真
「切通の端から取り付きます」 「尾根はとても歩きやすい」

 しばらく登っていると植林帯に入ります。歩いていると自然石の境界石があります。天辺には+の掘り込みがされておりなかなかのものです。やまあそさんの話によると、角柱に加工する費用を軽減するためだったとか。
 花はないかと探しますが、ここはぶなやミズナラの世界で花はなかなか見つかりません。下を見ながら歩いていると白いものがありました。ギンリョウソウです。
 一度見つかるとそこかしこにギンリョウソウが生えています。
 ここからの広葉樹林の尾根はとても良い雰囲気でした。右を見ても左を見ても自然林の宝庫です。
 出発から1時間歩いたところで共同アンテナのところにやってきました。三等三角点点名「横行(939.9m)」に到着です。振り向くと藤無山が見えていました。

写真
「とても良い緑」

写真 写真
「点名「横行(939.9m)」に到着」 「振り返れば藤無山」

 地形図を見ますと道谷側は緩やかなコンタですが、横行側はコンタが詰まっており急な斜面となっています。やまあそさんが「横行と道谷を結ぶ峠はないかなぁ」と呟いています。横行からの傾斜を考えるととても大変そうです。
 点名「横行」からの尾根も素晴らしいの一言でした。植林帯は全く無く、ぶな、ミズナラ、コナラなどの自然林の尾根です。
 楽しみながら歩いているとどんどん時間が経過し、「そろそろお腹が空いたなぁ・・・」と思っていると送電腺鉄塔に到着。北東には霞んで蘇武岳、須留ヶ峰が見えています。南西には戸倉スキー場の右上に赤谷山が聳えています。
 普通、送電線鉄塔には「火の用心」の管理道があり、普通管理道は、送電線鉄塔を繋いでいるものだがここは道谷の集落方向からしか無く横行きの集落に続いていない。やはり横行き集落に下山するのは相当厳しいようだ。こうなるとどこかに降りてみたくもなってくるが、十分な事前調査が必要で、でないと遭難してしまうかもしれない。
 時刻は12時少し前、この先食事に適した場所があるのかどうか判らないのでここで昼食とします。いつもは、やまあそさんに私が持ってきたビールをほんの一口おすそ分けするのですが、今日は自分でミニサイズを持参!その調子!その調子!さぁ飲んべぇの仲間入り〜!!!

写真 写真
「とても良い尾根」 「上野横行線85番鉄塔」

写真 写真
「鉄塔より東北を見る」 「鉄塔より西側を見る」

 OAPさんが久しぶりに珍しい人と無線をされたりと楽しいひと時を過ごし、小一時間ほどの休憩を終えて出発です。
 これから先の尾根もこれまでと同じく素晴らしい自然林で本当に気持ちが良い。先を見ても振り返っても、右を見ても左を見ても素晴らしい緑に包まれている。なんと言っても無粋なテープが一つも無い!
 こういった山はテープがないと歩けない人の領域ではない。そういった人は、低山であってもアルプスであっても、地図も不要で登山道が整備してあり道に迷いようの無い山に登るべきだと思う。
 送電線鉄塔を出発してから30分ほどで四等三角点点名「六郎谷(950.3m)」に到着。手前の倒木にはなんと天然の椎茸が生えていました。もって帰ろうかとも思いましたが、数が少なかったので沢山増えてからにしましょう。
 ここを左に折れてしばらく歩くとなんと石積みがあり、碍子の破片が多数転がっている。先ほどの鉄塔が出来る前はここに鉄塔が建っていたのだろう。
 石積みから30分で十字尾根(やまあそさん命名)に到着。尾根が十字に交差しておりダラッとした場所で、コンパスや地図が無ければどちらに歩いていいのか判らないような場所だ。
 ここから南に伸びる尾根を辿ればスキー場にいけるのですが、OAPさんが町界尾根の先にある点名「十年(1039m)」に以前登っておられ、分水嶺を繋ぐためこの先にあるP996mまで行くことにする。まぁ、そうしておけば次回私はそのポイントから三の丸を経由して戸倉峠まで歩けば、峰越峠から藤無山まで繋がることになる。ただ、戸倉峠から点名「宮の奥」までのルートが超難関だろうが・・・

写真
「この雰囲気は言葉に表せない・・・」

写真 写真
「送電線鉄塔の石積」 「四等三角点点名「六郎谷(950.3m)」に到着」

 町界尾根は相変わらずの雰囲気で、撮る写真撮る写真が同じに見える。自然林に包まれているので景色は望めないが、唯一木の間から氷ノ山を見ることが出来た。
 この尾根はなんとも言いがたい貴重な天然資源である。宍粟市は森林王国だが、良くこのような山域が残されたことだと思う。そっとしておきたいものだ。

写真 写真
「木の間から氷ノ山」 「十字尾根に到着」

写真
「大きなぶなも沢山」

 天国に続くような尾根を歩きP996mに到着。コンクリートの石柱が埋まっている。ここから南に下りスキー場から伸びている林道に向かう。
 しばらくはとても良い自然林だったが、徐々に植林が現れて植林帯の下山となる。どの木も大きくて立派だ。
 P996mからわずか10分で林道終点に到着。ここからゲレンデトップを横切って「戸倉山」を目指す。

写真 写真
「途中から杉林の急な下り」 「林道終点に到着」

 しばらく林道を歩きますが、この林道をそのまま進むと新戸倉スキー場の西側の谷に降りてしまうので、途中でスキー場に降りる林道に乗り換えるため林道に平行に伸びている尾根を東側に乗り越え植林帯を下山します。しばらくするとスキー場に下山する林道に合流。ところが工事中のためドロドロです。
 林道終点から30分でスキー場に到着。今日歩いた尾根が前方に開けています。
 この後ゲレンデ上部を歩いて三等三角点点名「戸倉山(895.5m)」に登ります。登りますといってもゲレンデトップを横切るだけでわずか10分。この三角点なんと木の枠が付けてあります。何でかなか〜?
 後は、ゲレンデを下り作業道を歩いて30分で登行リフト乗り場に到着です。

写真 写真
「林道を外れます」 「スキー場に到着」

写真 写真
「戸倉山(895.5m)」 「作業道を歩いて完了」

 さてここからが問題です。今日は私の車1台で若杉峠にデポしたまま。ここからデポ地まで3km弱、峠までの標高差は120m。仕方なく私が一人で回収に行くことにします。でも歩いて回収するとなれば時間が掛かってしまいます。ですから走ることにしました。
 「ほな回収に行ってきます!」と言って走り出す私。
 「え〜!ほんまかいなぁ〜!」(やまあそさん)
 「ザックおいていったほうが楽やど〜!」(OAPさん)
 「一緒いっしょ!」(私)
 皆さん、この会話で3人の性格が良くお判りになると思います。
 30分ほど休まずに走り続け15時48分若杉峠に到着です。

 今日は、高低さも殆ど無くとても良い尾根でした。でもちょっと判りにくい箇所が数箇所ありますので歩こうと思われる方はそれなりの準備をしてください。
 そうそう、でもテープの準備は禁止です。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル