宍粟市最北の分水嶺

写真

山 行 日 程 2009年6月14日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 しみけんさん、わーさん、OAPさん、やまあそさん

 先週、やまそさんとOAPさんの3人で宍粟市千種町の宍粟50名山である竹呂山から三室山まで縦走してきましたが、今日も藪漕ぎのルートとなりました。
 本日のルートは、2週間前に若杉峠から新戸倉スキー場まで分水嶺を歩きましたので、その続きを歩いて三の丸の殿下コース登山口まで縦走する計画です。
 今日は、大森神社の北側にある林道から入山し尾根に取り付きます。
 林道を30分ほど歩くと林道北側の尾根のコルに近い場所があり、ここから取り付くことにします。林道にはチェーンが掛かっていて車は通行できませんが、地元の方の車が停まっています。時刻は10時40分、ちょっと遅い出発です。
 取り付きの斜面は杉の木の急な植林帯でしたが10分ほどで尾根に到着。ここから町界尾根、つまり分水嶺に向かいます。
 この尾根の途中に点名「宮の後」の三角点があります。その名のとおり大森神社の後の山という意味でしょう。
 尾根をしばらく北に進むと石積みがあります。昔の祠後かと思いきや、碍子が転がっていますので先々週みた石積みと同じく送電線鉄塔の基礎のようです。
 この石積みを過ぎると徐々に植林から自然林に変わっていきました。なんともいえない緑です。

写真 写真
「林道途中から植林帯に取り付く」 「植林帯を抜けると自然林の尾根」

 登り始めて15分ほどで四等三角点のある点名『宮ノ後(871.3m)』に到着です。見れば綺麗な御影石で設置しなおされて間もないようです。この三角点から西方向を見ると木の間から今日目指す三の丸の尾根が良く見えています。その手前の尾根はヤマメ茶屋への尾根でしょうか。結構遠いなぁ、何時に到着することやら・・・
 ここから分水嶺の町界尾根までは700m弱で、そんなに時間は掛からないだろうと思いながら歩いていると、なんとあたり一面素晴らしい緑が広がっています。ぶなやミズナラ、コナラなど自然林の宝庫です。皆足が止まってしまいました。

写真 写真
「点名『宮の後山(871.3m)』」 「今日の目標地点はどこかな?」

写真
「360度緑の場所」

 気持ちの良い尾根が続きますが、分水嶺の尾根までは100mほどの登りですのでちょっとしたアルバイトが必要です。
 三角点『宮ノ後』から20分ほどで町界尾根上にあるポイント996に到着。ここは、2週間前にやまそさん、OAPさんと来た場所で、そのときはここから引き返しています。このポイントから東のルートを見ながら「ええコースやなぁ・・・」とやまあそさんが言っています。
 さて、ここから左のルートはどんなルートでしょうか?
 歩き始めるといきなり大きなぶなが立っています。(最初の写真)
 このような景色が延々と続いて欲しいと思いました。ところが・・・
 なんと延々と続いているではありませんか!このような尾根は県下でもそう無いでしょう。そんな中30分弱歩くと切り開きになり点名『十年(1039.1m)』三等三角点に到着です。実はここから北西2300mほどのところに点名『宮ノ奥』という三角点がありますが、山の名前としては、この三角点が「宮の奥山」では無いでしょうか?そうすれば、大森神社から「宮ノ後」「十年」は一直線で並びます。
 時刻はは11時30分になろうとしています。この先どのようなルートかわからないのでここで昼食休憩を取ります。

写真 写真 写真
「とても良い自然林が延々と続く」 「なんとでかい!」 「点名『十年(1039.1m)』に到着」

 30分ほどの休憩をして出発です。
 この三角点までは以前OAPさんは踏破されているのですが、この先は全くの不明です。しかし、国土調査が入っているのでその終点までは楽に行けそうです。でも、どこまで?
 三角点からいったん下りに掛かると杉の植林になってきます。私有地の山であれば、このような場所に植林しても切り出すのが大変ですから植林するはずも無いので、国有林であることは明白です。その国有林の中を歩いていきますがこの植林帯が結構長く続きました。
 ポイント1080に近づくにつれて徐々に笹が出てきますが細く弱い笹です。この頃から植林帯はだんだんと減少していきます。
 ポイント1080を過ぎるとのっぺりとした斜面になり方向を見極めるのが少し難しいですが、コンパスと地図があれば問題ないレベルです。そののっぺりとしたところを進んでいると木の間から氷ノ山の頂上が見えました。しばらく進み西に向かっていると角度が変わり今度は大段ヶ平を上がったところにある神大ヒュッテの紅い屋根が見えました。
 

写真 写真
「しばらく植林の中」 「途中氷ノ山が見えた」

 徐々に笹が両サイドに出てきましたが国土調査のお陰で何てことありません。ずんずん歩いていると笹の切り開きが左に曲がり尾根を下っています。丁度その場所に「戸倉殿下コース30神姫バス」のプレートが転がっています。
 これは、高松ノ宮が兵庫県の山を滑りたいと仰ったので、地元の人が氷ノ山から三の丸を経てヤマメ茶屋に下るコースを造ったと考えられます。国土調査もここで終わっており、ヤマメ茶屋に下る尾根のほうには笹が切り開かれていました。

写真 写真
「殿下コースのプレート」 「ヤマメ茶屋へは笹が刈ってある」

 さて、ここから国土調査が無いのでこの先は歩けるのか道かも全く判りません。ただ救いなのは、西側の斜面は自然林でその下にはチシマザサが生い茂っていますが、東側斜面は植林されているので、その境界を歩けば何とかなりそうです。
 笹に突入しては抜け出し笹に突入しては脱け出しを繰り返しますが、笹から抜け出すと大きなぶなやミズナラが立っています。その中には立ち枯れしたぶなもありきのこが生えています。秋ならブナタケでしょうがまだ夏前、危ないことはやめておきましょう。

写真 写真 写真
「笹の中を進む」 「思わず見上げる」 「立ち枯れしたぶなのきのこ調査」

 しばらく歩いていると自然林に包まれた尾根になりました。ふと見上げるとぶなに「殿下コース」のプレートが食い込んでいます。プレートの位置は高さは3mほどでしょうか。コースが今から60年ほど前につくられたとしても、ぶなの太さが太くないのを見ると大きなぶなに成長するのにいったい何十年、いや何百年掛かるのでしょうか?そんなぶなを切るのには15分も掛からないでしょう。私たち人間はもっと自然を大事にしなければなりません。何百年もかかって成長した貴重な財産をわずか数分で壊してしまってはいけません。
 そんな中を歩いていると、太陽に照らされて緑に包まれた空間にやってきました。見るもの全てが緑に染められてしまっているような錯覚に陥ってしまいます。でも、下は笹ですが・・・
 この笹薮を進んでいくとひょっこり良く踏まれた道に出てしまいました。?
 そこから歩くこと5分で殿下コース登山口に到着してしまいました。時刻は13時50分。
 藪だ藪だと覚悟していたのに拍子抜けしたコースでした。

写真 写真
「ぶなに食い込んだプレート」 「緑の空間」

写真 写真
「ひょっこり道に出る」 「登山口に到着」

 ここからはおまけです!
 無事分水嶺を歩きましたが、出たところの標識を見ると「引原川支流 逆水川支流」との標識が立っています。途中、やまあそさんとOAPさんが源流の碑のことを話されていましたが、どこにも案内の標識は無く登山口まで来てしまいました。道が良くなっていたのはその碑を皆が見に行くために踏んだからだと思われますが、一切標識は見当たりませんでした。
 そこで、私一人戻ることにしました。戻りますが、やはり標識はありません。結局踏み後が終わってしまうのですが、ある場所にポカリスウェットの空き缶が木にぶら下がっているのを発見。「ここかな?」と下を見ると切りられた笹の切り株があります。ここだと確信し下ること5分で源流の碑を発見!でも、こんなにわかりづらいのはいただけませんね!
 でも、源流の碑の上にはまだ沢が延々と続いているのですが、何故ここに碑があるんだろう?

写真 写真
「源流の碑」 「上部にはまだ沢があるのに・・・」

 今日は、分水嶺を歩けてとても良かった。今現在、西は若杉峠の西にあるポイント1196.3から三室山を経て戸倉峠まで繋がってますので、戸倉峠から三の丸まで歩けば藤無山まで繋がります。
 ところどころ切れていますが、あせらないでゆっくり繋ぐことにします。このような楽しいテーマを持った山歩きが出来るようになったのもやまあそさんのお陰です。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル