宍粟市
藤無山            三久安山

写真 写真

山 行 日 程 2009年7月18日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 単独

 昨夜まで行き先が決まらなかったのですが、朝起きてカシミールを見ていたらやはりこれしかないと決めてしまいました。
 藤無山と三久安山の尾根を歩いていないのが気になっていたのですが、どちらも藤無峠からピストンになってしまいます。それぞれの山を別の日に歩くのであれば良いですが、どうも効率が悪いのが気なっていました。そこで、いっそのこと志倉から反時計回りに藤無山と三久安山に登ることにしました。
 志倉から藤無山へのルートは、以前OAPさんとJMMさんがちょっとした手違いで藤無山から下山された話を聞いていたのでそのルートだから問題なし。藤無峠からのそれぞれのルートはOAPさんがすでに歩かれているので、あとは三久安山からの下山ルートが不明なだけです。
 志倉の集落に向かう道と藤無峠に向かう道の分岐を左に進みしばらく進んで空き地に駐車します。
 出発前に地形図見て確認。気になる下山予定の尾根は所々植林があるしそれほど急な尾根ではないので何とかなるだろうと思いながら丁度9時に出発。
 駐車地から尾根への取り付きは急な斜面なので少し戻って尾根の末端近くから尾根に取り付きます。でも後で思ったのですが、ちょっと遠回りで無駄だったかな?
 杉の植林の斜面を登って尾根に取り付くと尾根の最初は自然林の藪でしたが登るにつれて結構歩きやすい自然林の尾根となりました。

写真 写真
「来た道を少し戻って取り付く」 「急な藪の尾根を登ると結構歩きやすい」

 ちょっとした登りが終わればしばらくは水平に近い尾根になる。尾根の左斜面は植林で間伐された木が尾根上に倒れているが問題なく歩ける状態です。
 標高650m付近までは穏やかな尾根でしたがほぼ水平な尾根はこの付近で終わりここから登りになります。
 とりあえずの目標は、右斜面の植林が終わり萱の斜面が現れてくるところです。標高にして950m付近で、このポイントは以前やまあそさんのレポートを元に登ったことのあるルートで、そこまで辿りつけば後は藤無山の頂上までは歩いたことがあるので心配はありません。ただ、今日は取り付きから藤無山まで標高差600mを登りますので暑さでどうなることやら。
 標高が850mを超えると徐々に尾根上にぶなが現れてきました。右の斜面が明るくなってきたと思ったら、とりあえずの目標であった萱の斜面にやってきました。南を見れば中央から右側に東山、一山、阿舎利山が、左には千町ヶ峰、笠杉山が見えています。

写真 写真
「ぶなが現れ始める」 「萱の斜面に到着」

写真
「南方向を望む(手前の右尾根は登ってきた尾根)」

 ここまで来れば後は藤無山に登ったのも同然です。ただ後登りが200mほどありますが・・・
 ここからの尾根はとてもすばらしい尾根歩きとなります。尾根には鹿が良く歩くためか鹿の踏後がしっかりと付いています。
  ポイント1044付近から笹が現れてきます。いきなりの笹薮ではなくやせた笹が少しずつ増えてきて最終的には肩くらいの高さの笹となります。その笹を掻き分けて10分ほど尾根を登るとひょっこりと志倉の林道から登る正規ルートに合流です。ここから5分で誰もいない藤無山の頂上に到着。時刻は11時12分で登り始めてから2時間と少し掛かってしまいました。
 ここではじめての休憩、朝も早かったので昼食とします。食事を終えて無線でコールすると綾部市移動のたぬきさんが応答してくださりしばし交信しました。本当に久しぶりに聞く声でいろいろ話して元気をもらって20分の休憩を終えて三久安山を目指して出発します。

写真 写真
「正規ルートに合流」 「藤無山に到着」

 藤無山頂上からしばらく大屋町と一宮町の町界尾根を下り、途中で波賀町と一宮町の町界尾根に乗り換えて藤無峠に向かいます。でも、波賀町と一宮町の町界尾根はスキー場に向かうルートの途中で笹薮に突入しなければなりません。一度OAPさんが藤無峠からこの町界尾根を辿って藤無山に登っておられるので、笹薮も酷くは無いと予測しています。
 突入ポイントは目印が無いと思うのでGPSで確認しながら下ります。途中氷ノ山が杉の合間から見えました。
 ポイント1076を過ぎて100mほど下ると三町の境界点に到着、この笹薮の中に突入です。

写真 写真
「氷ノ山が見えた」 「三町界ポイントから藪に入る」

 しばらくは笹薮ですが下るにつれて薄くなり5分も下れば笹はなくなりました。しかし、ここから藤無峠までの町界ルートは尾根が明瞭でない平面的な斜面となっています。地形図では町界線上を歩くのは不可能なのでGPSを頼りに進みますが、少しGPSから目を離して歩いていると町界から外れてしまいます。
 スキー場に下る正規ルートから外れて約30分で藤無峠に到着です。時刻は12時20分。

写真 写真
「わかりにくい町界ルート」 「藤無峠に到着」

 これから三久安山までの標高差は220mほどですが、途中2箇所のピークポイントがあり100mのアップダウンを強いられますので結構なルートです。
 藤無峠から三久安山方面に向かって林道が延びていますがこれを進むのは不正解。鹿除けネット沿いに登っていきます。
 しばらくネット沿いに進みますが、400mほど進むと右に折れその先は伐採地の斜面でこれから歩くルートがはっきり見えています。そちらに眼をやると100mほど先で「キャン」と言って雌鹿が走っています。
 この斜面からは藤無山から三久安山までが一望できるすばらしい場所でした。今日歩いた藤無山への尾根も良く見えています。
 正面には霞んでいますが千町ヶ峰、段が峰、笠杉山が見えています。


写真
「とても良い眺望 藤無山も三久安山も結構遠く見える」

 いつまでも眺めていたいような景色ですが先を急ぎます。
 左斜面の伐採地が終わると自然林の尾根になりました。尾根を歩いていると右側からわかりにくい尾根が合流してきました。この尾根は2週間前にくるみの里から登ってきた尾根で、この後300mほどは同じ尾根を歩きます。そして、その300m先が問題の分岐です。そう、とうこさんが左の尾根に進まないといけないのに右に進んでしまわれた分岐です。
 2週間前は三久安山の位置が良くわかっていなかったのでみんなが話している内容が今一理解できていなかったのですが、今回は三久安山に行くのでこのポイントに立ってみると「ここはやはり左でしょう!」
 ここからはとても良いぶなの尾根でした。延々と続くぶなの尾根はとてもすばらしい!その一言に尽きる尾根でした。
 延々と続くぶなの尾根を1時間歩いて三久安山に到着したのが14時前。藤無峠から1時間40分ほどの行程です。

写真 写真
「延々と続くぶなの尾根」 「三久安山に到着」

 これから予定通り三久安山から東に伸びる尾根を使って下山に掛かりますがいったいどんなコースでしょうか。
 下り始めはしっかりした尾根でぶなも沢山残っていますし斜面もそんなに急ではありません。順調に穏やかな尾根を下っていくと標高950m付近で明確なぶなの尾根が終わって杉の植林帯になりました。そしてここにきていままではっきりしていた尾根が不明瞭になってきました。地形図を見てもわかるように斜面が平面化しています。このようなところは尾根を間違えやすいので注意しながら進みます。

写真 写真
「下り始めは明確でとても良い尾根」 「Ca950m付近の最後の自然林」

 ぶなの尾根を下っているとき木の間から南側に一山と阿舎利山が見えていました。そこで地形図を見るとちょっとしたピークポイント951が目に入りました。このまま予定の尾根を下るともう見れないので少し立ち寄ってみることにします。
 尾根を乗り換えてみると南側の斜面が伐採されていて南側はとても良い眺望です。ポイント951を見上げるとそこからの景色がとても良さそうに見えたので30mほど登らなければなりませんが行ってみることにしました。
 行って正解!そこから見える三山はとても良かった。


写真
「左から一山、阿舎利山、三久安山」

 景色を堪能して戻ります。でも、このとき欲を出したのが失敗。その欲とは、尾根の分岐まで戻って下山の尾根に乗ればよかったのですが、下山の尾根との間に小さな谷をトラバース気味に下山尾根に取り付こうとしたことです。やはり、トラバース気味の下山、尾根の乗り換えは難しく結構疲れました。やはり尾根伝いに歩くのが疲労しないための大きなポイントでした。
 下山ルートに乗り換えたものの、ここからの尾根はあんまり良い尾根ではなくお勧めできるようなルートではありません。アセビに尾根を占領され巻いたり、雑木の中を歩くのにザックが引っかかったりと下山なのに結構苦労しました。
 標高800m付近から尾根全体が若い杉林になりましたが、標高740m付近から北東に伸びる尾根に乗ると斜面は突然急になりました。
 急ではありますが、尾根が明確なのでこのまま行けば駐車地に出るはずだと思いながら急斜面を転がるように降りていくと木の間から駐車している車が見え下山完了です。
 下山時刻は15時50分。

写真 写真
「標高800m付近から若い植林帯」 「木の間から車が見える」

 今日の行程は6時間50分で、ほとんど休憩しなかったので6時間ちょっとが歩行時間となり、予想よりもちょっと歩行時間の長いコースとなってしまいました。
 一日で藤無山と三久安山を周回するというこのコースは、一粒でニ度も三度もおいしいコースでした。確かにとても良いコースだったとは思いますが、あと1時間は出発を早め、せめて下山時刻を15時にするべきだと反省しました。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル