栂池〜朝日岳〜蓮華温泉〜栂池(第2日目)

写真
朝日岳と富山湾を望む

山 行 日 程 2009年8月1日(土)〜3日(月)
天   候 1日目 晴れのち雨
2日目 雨のち曇り
3日目 晴れ
同 行 者 単独

 2日目の朝を迎えました。
 今日は朝日小屋にテントを張る予定です。でも天候が悪ければ小屋に素泊まりするつもりです。
 目が覚めると外はしとしと雨の様子。この避難小屋から朝日小屋までのコースタイムは4時間35分。白馬岳の小屋からだと7時間10分です。あんまり朝日小屋に速く着くと前泊の場所を聴かれた時まずいのでゆっくりとすることにします。まぁ8時ごろの出発でよいでしょう・・・
 しばらくシュラフの中でゴロゴロしてましたが、いよいよ出発に備えてしっかりとした食事を取ります。と言ってもアルファ米のご飯です。
 準備を整えて出発です。小屋を出ようとすると二人の男性が白馬館から到着。朝5時30分に出発したとか。時刻は8時丁度です。やはり2時間半掛かっています。
 外に出ると雨は小降りで何とか上がりそうです
 8時丁度に小屋を出発し、まずは雪倉岳を目指します。頂上までは50分なので直ぐです。
 登り始めるといろんな花が雫をまとって咲いています。写真に撮りながら登っていてふと目を上げたとき雷鳥の雛が飛んでいます!1羽2わ3ワ!よく見ると2mほどのところに親鳥がいます。気づかずに大接近してしまったようです。雛はハイマツに入ってしまって見えませんが親鳥は直ぐそこにいました。今回3羽目の雷鳥です。
 振り返るとガスをかぶった白馬岳がみえ、昨日歩いたルートが一望、眼下には避難小屋が見えています。

写真 写真
「雷鳥」 「ガスを被った白馬岳と右下に小さく避難小屋」

 写真を撮りながらゆっくりと登ったのに45分で雪倉岳(2610.9m)頂上に到着です。頂上にはきれいな御影石で作った標石がありました。
 頂上からの眺望は快晴ならば良いのでしょうが、残念ながら山々はガスに包まれており、白馬岳の頂上も少しはましになってきていますがはっきりとは見えていません。

写真 写真
「雪倉岳(2610.9m)に到着」 「白馬岳のガスも中々晴れない」

 景色がよければゆっくりしていたい気持ちになりますが、小雨でしかも風が。じっとしているのにはちょっと辛いので朝日小屋を目指すことにします。
 雪倉岳から朝日小屋までは、水平距離7kmで600m下って150m登り返します。ですから今日はほとんど楽なコースです。そして、何よりも楽しみなのはお花畑です。このルートは良いお花畑があると聴いています。
 雪倉岳からザレた斜面をジグザグに降りていきます。山の斜面は結構緑が多く振り返ってみると斜面は緑に包まれています。そこかしこに高山植物が咲いており、花を見ながら歩きますので中々前に進みません。まぁ今日はたっぷりと時間があるのでゆっくりと歩くことにします。花を見ながらふと進行方向に頭を上げると今日の目的地である朝日小屋が見えました。結構遠く見えますが、歩いてみればそんなに遠くはないでしょう。

写真
「朝日平方面を見る(小さく朝日小屋が見える)中央左は能登半島がかすかに見える」

 ここから赤男山手前の鞍部まではすばらしい高山植物に出会えました。種類も豊富で圧巻だったのはミネウスユキソウのお花畑があったことです。ずいぶんと前になりますが、葱平で咲いているのを見たことがありますが、ここは一面咲いています。
 天気が悪いので花を見ながらの歩きはなかなかのものです。
 赤男山手前の鞍部を通過すると斜面の岩が崩れて堆積しているところに来ました。地図で確認しますとその岩肌は燕岩と呼ばれている場所でした。時刻は10時25分。

写真 写真
「鞍部手前から」 「燕岩」

 赤男山の西側の巻き道は、登っては下る登山道を繰り返しながら少しずつ高度を上げていくという単調なルートで、巻き道のため花もなく少し退屈してしまいました。
 その単調なルートを3分の2ほど過ぎたところからトラバース的なルートが終わり湿地帯になりました。湿地帯は保護のため木道が設置されています。この木道がぬれていて結構滑りやすいので注意をして歩きます。
 木道を進んでいくと小桜ヶ原に到着。ハクサンゴザクラやチングルマなどの花が沢山咲いている中に水芭蕉がまだ咲いていました。
 小桜ヶ原からおよそ20分で朝日岳に登るルートとの分岐に到着です。

写真 写真
「小桜ヶ原」 「右に進めば朝日岳」

 朝日岳は明日登りますのでここは直進して水平道を進みます。
 この水平道も小さな登降が続きますが、先ほどの赤男山ほどではなく花も沢山あり結構良いルートでした。このルートには雪渓があり夏の早い時期ではその雪渓の通過が出来ず通行できないことがありますので注意が必要です。この時期では雪渓もずいぶんと解けておりまったく問題ありません。
 朝日岳の西の裾をぐるっと回って木道が再び現れ歩いていると分岐に到着。ここを右に行けば朝日岳です。
 左に進んで朝日平に向かうと左側にチングルマのお花畑があり、その広さは雄大でとても良かった。小屋の人の話では、雪解けが終わったところから咲いては綿毛になるらしく、お花畑全体が満開のチングルマで埋め尽くされることはないそうです。でも、とても良いお花畑でした。

写真 写真
「水平道の雪渓」 「分岐に到着(左はチングルマのお花畑)」

 分岐からおよそ10分で朝日小屋に到着しました。時刻は12時36分。今日の行程は4時間36分で、結構ゆっくり歩いたんですが丁度コースタイムで到着です。
 とりあえず泡で喉を潤したあとテント設営してゆっくりと景色を楽しみながら時間をすごしました。
 日中はガスで見えなかった富山湾も夜には見ることが出来ました。


写真 写真
「朝日小屋に到着」 「暗闇の中に富山湾が見える」

 今日であった花々。

写真 写真 写真 写真
「クルマユリ」 「コバイケイソウ」 「ミヤママツムシソウ」 「ミヤマダイモンジソウ」
写真 写真 写真 写真
「ハクサンフウロ」 「ミヤマアズマギク」 「ミネウスユキソウ」 「コウメバチソウ」
写真 写真 写真 写真
「シロウマアサツキ」 「チングルマ」 「キヌガサソウ」 「ヤマハハコ」

Home

メイル