岡山県奈義町 那岐山

写真
那岐山のAからBコースに向かう途中

山 行 日 程 2009年8月30日(日)
天   候 晴れ後曇り
同 行 者 やまあそさん

 今日は岡山県奈義町の那岐山に登ってきました。理由は、OAPさんとMXFさん、わーさんが三瓶山に登られるので、OAPさんMXFさんと無線交信するためです。
 那岐山に登るのはこれで4度目でしょうか?しかし、B、Cコースを歩いたことは無く今回始めて歩きます。
 Cコースで登りAコースの鞍部からBコースに向かうバイパスを使ってBコースを下山します。このバイパスですが、発案者はやまあそさんだそうで、その昔林道を途中まで下りその後は道の無い植林帯を抜けられたそうですが、今では登山口にある看板にも記されるほど利用されています。
 8時55分にB、Cコースの起点となる蛇渕の滝から登りはじめます。

写真 写真
「0.4kmのコースがやまあそさんコース」 「蛇渕の滝に駐車して出発」

 しばらくアスファルト道路を歩いていると那岐山への登山口に到着。登山口一帯は数年前に伐採され新たに植林がされていますので、原っぱのようになっています。登山口からは歩きにくい荒れた登山道で石がゴロゴロしています。やまあそさんが前回登られたときはマウンテンバイクだったそうで、「こんなに荒れた道だったかなぁ」とおっしゃっています。
 荒れた道を進んでいくと右はBコース、左はCコースの分岐です。ここは左のCコースを進みます。しばらくは若い植林帯の中を進んでいきます。
 正面に那岐山が見えるはずですが、ガスを被っています。那岐山以外は青い空が見えていますので頂上に立つ頃にはガスは晴れているでしょう。

写真 写真
「Cコースへ進む」 「那岐山はガスの中」

 今日はなんだか蒸し暑く日のあたる場所では汗が噴出してきます。登っていると水場があり飲んでみると結構冷たくて美味しかった。
 登り始めて20分で平行して走っていた林道と合流、「那岐山国有林」の標識が立っており、また「檜皮の杜」の標識もあります。ここの檜は、国の重要文化財や国宝の檜皮を採るための檜なのです。
 檜の植林帯に入りますとやはり涼しくなってきました。
 檜の植林帯を抜けると、今日AコースからBコースに向かう分岐となる最低鞍部が見えました。

写真 写真
「檜皮の杜を歩く」 「今日下山する分岐ポイントの鞍部」
(右のピークは四等三角点点名「大石ヶ平」)

 植林帯が終わると自然林になりとても気持ちが良くなりました。登山道はちょっとぬかるんでいますので滑らないように注意して登っていきます。
 登り始めて約1時間で標高1000mの大神岩にやってきました。ガスが無ければ奈義町が俯瞰でき、また瀬戸内海も見えたでしょうが残念ながらガスで何も見えませんでした。

写真 写真
「大神岩に到着」 「哀愁を漂わせる後姿」

 ここからは尾根歩きになりとても歩きやすくなりました。緑の中を気持ちよく登っていると那岐山まで500mの標識が現れ、少し急な斜面を登ると一気に視界が開けて頂上(三等三角点点名「那岐山」)直下にでました。頂上(三角点)はもうすぐそこです。
 樹林帯から抜け出てガスの中を登ること7分で頂上(三角点)に到着。ここでお昼にしようとしますが、ガスのため展望台は濡れて使えないので避難小屋で食事をとることにしました。

写真 写真
「気持ちの良い尾根歩き」 「頂上(三角点)に到着」

 何度か那岐山に登っていますが小屋に入るのは初めてです。入ってびっくりソーラーパネルによる照明が設置されています。ここで一晩泊まればそれは楽しい山になることは間違いなさそうです。棚には常連さんの燃料などがデポされていました。
 食事を終えて那岐山頂上に向かいます。向かっているとガスが切れて一瞬ですが麓が見えました。でも、すぐにガスに覆われてしまいこの後麓を見ることはありませんでした。
 頂上からみんなを無線で呼んでみる。まずは西光寺山移動のたぬきさんと繋がる。その後、三瓶隊を呼ぶが繋がらず。ワッチしていると屋島移動のLWZさんと繋がり三瓶隊と繋がったと聞き中継を頼むと三瓶隊がつかまり交信ができた。三瓶山もガスで景色が無いと言う。OAPさんMXFさんとの交信を終えて下山に掛かる。

写真 写真
「一瞬ガスが晴れた」 「那岐山頂上に到着」

 下山はAコースを辿ります。Aコースは菩提寺に下山するコースで、03年に菩提寺まで歩いたことがあります。今回は、Aコースを進んで四等三角点点名「大石ヶ平(1009.5m)」に登り返す鞍部からBコースに切り替えます。
 那岐山頂上からしばらくとても良い尾根歩きです。この尾根は6月にはきれいなドウダンツツジを見ることが出来ますが今は花はありません。
 15分ほど歩くとBコースへの分岐に到着です。Bコースは歩いたことはありませんが、地形図を見ますとかなり急な下りのようですので、今回はこのまま直進して緩やかな登山道を下山します。

写真 写真
「6月にはきれいなドウダンツツジが咲く尾根」 「Bコース分岐に到着」

 Bコース分岐から少し歩くと左に進めば智頭町側に下る東仙コースとの分岐に到着しました。今回はこのまま直進します。
 東仙コースの分岐から尾根を外れ岡山県側の尾根を下っていきます。ここから少し急な下りとなり、ガスで濡れた登山道は滑りやすく注意をして下山します。
 頂上を出発しておよそ40分で鞍部に到着です。この先のAコースはかなりの登りです。

写真 写真
「県境を外れて岡山県側に下る」 「鞍部に到着」

 鞍部には智頭町側から林道が延びて岡山県側に続いていますが200mほどで終わっています。その林道を終点手前まで歩いて植林帯の中に入ります。やまあそさんの話では以前来られたときと状況は全く同じだそうですが、唯一違うのはBコースに向かう標識と植林帯の中に付いたしっかりとした踏後だそうです。そのときはマウンテンバイクだったのでとても気持ちよく下れたそうです。
 植林帯を歩くこと400mほどでBコースに合流。急なBコースを下ってくるよりもこの方が穏やかな下りなので足への負担が少なくて助かります。
 ここから登山口までは植林帯の中を沢沿いに歩き頂上から1時間30分ほどで登山口に到着です。

写真 写真
「林道からBコースへのバイパスへ」 「Bコースに合流」

写真 写真
「植林帯の中を歩く」 「登山口に到着」

 今日は三瓶隊と無線が繋がり目的が果たせて良かった。
 今日登ったルートはレポート中の地図を見てください。


Home

メイル