新穂高温泉から七倉ダムまで裏銀座縦走(第1日目)

写真
双六岳から

山 行 日 程 2009年9月19日(土)〜22日(火)
レポート内容 9月19日(土)〜20日(日)
天   候 晴れ

 今回シルバーウィークを利用して新穂高温泉から裏銀座を歩くことにして9月19日(土)新大阪8時発の新穂高温泉行きバスに乗車しました。当初の予定では新穂高温泉15時着予定でしたが、バスの故障や行楽渋滞、事故渋滞に巻き込まれ新穂高温泉に到着したのは18時40分頃でした。バスターミナルにテントを張って翌朝出発しても良かったのですが、わさび平までわずか1時間ほどの林道歩きなので時間を稼ぐために歩くことにしました。
 新穂高温泉の高山警察署の登山届ポストに計画書を投入し18時45分に出発です。新穂高温泉には7月に温泉旅行で来ており、そのレポートにも書きましたが旅館が減ってきているのは寂しいことです。
 真っ暗になった林道を1時間ほど歩いて19時45分に笠ヶ岳に向かう笠新道登山口に到着。ここには水場がありますので、ここにテントを張って寝ることにしました。

写真 写真
「暗くなった新穂高温泉を出発」 「笠新道登山口にテントを張る」

 翌朝テントを撤収して5時30分に出発です。空を見上げると曇っていますがきっと天気は良くなると思いながら歩きはじめます。
 林道を10分程歩くとわさび平小屋に到着です。小屋の前は多くの人が準備しています。昨夜テントを張った後ビールを買いにここまで来ましたが、その時食堂にまで布団が敷いてあったのを見てびっくりしてしまいました。トイレ前は長蛇の列となっています。今夜の主な山小屋は多くの人で大混雑するのに違いありません。
 小屋から15分ほどで秩父沢に沿って伸びる小池新道の分岐に到着です。小池新道を歩くのは4度目で、06年の7月初旬にこのルートを下山したときはデブリで覆われていたのが印象に残っています。

写真 写真
「賑わうわさび平小屋」 「小池新道分岐」

 秩父沢の右岸を歩きながら空を見上げるとガスが薄くなり正面の尾根が綺麗に見えてきました。この方向は大ノマ岳方面になります。
 沢を渡り更に登っていくとシシウドガ原に到着です。数人が休憩している横を通過し樹林帯に差し掛かるところで右を見ると間ノ岳、西穂高岳が左手に見え、その先には乗鞍岳が良く見えています。

写真 写真
「ガスが晴れてきた」 「南の方向を見れば西穂高や乗鞍岳が見えた」

 天気が良くなり気温が上がってきたので汗がどんどん噴出してきた。Tシャツになると気持ちが良い。順調に高度を上げてちょっとした斜面を登っていくと木道になった。いよいよ鏡平に到着です。時刻は8時30分、わさび平小屋から2時間30分です。
 今日は快晴になりました。鏡池からは槍ヶ岳から穂高連峰が良く見えている。でも日差しも強く、時間が早いため逆光なのであんまり色合いはよくありません。ここからの景色はやはり午後からが良いようです。

写真 写真
「鏡池から見る槍ヶ岳と穂高連峰」 「鏡平小屋に到着」

 小屋で燃料の生ビールを補給し稜線への登りに向かいます。
 鏡平小屋から標高差で300mほど登れば稜線に出ます。この登山道の思い出は、06年7月初旬に笠新道を使って笠ヶ岳に登った後ここを下ったときのことで、稜線から小屋を俯瞰したとき雪で覆われていたことです。
 緩やかな登山道を登りながら右を見ますと槍ヶ岳から穂高連峰が良く見えます。左にはMXFさんと歩いた西鎌尾根が槍の穂先まで伸びています。
 鏡平小屋から1時間ほどで弓折岳分岐に到着。ここにはベンチがあり数人が休憩しています。ベンチからは東側に開けています。でも360度の景色を楽しむためにはベンチから10mほど登って稜線に出た方が良いので一気に稜線に登ります。
 南西を見れば笠ヶ岳に伸びる稜線、その右奥を見れば加賀白山が見えています。北を見れば双六岳がすぐそこにありその右には鷲羽岳、東を見れば鏡平小屋からずっと見えていた槍ヶ岳と穂高連峰が見え360度の大パノラマです。

写真 写真
「南西には笠ヶ岳と加賀白山」 「北には双六岳と右に小さく鷲羽岳」

 ここからの稜線歩きはもう楽チンです。少々のアップダウンはありますが良い景色を眺めながら歩くので疲れません。 分岐から1時間ほどで双六小屋に到着。天場には沢山のテントが張ってあります。まだ早い時間なのにいったい何をしているのでしょうか?小屋の前に行くとここも多くの人がベンチに座っています。今日は沢山の人がひしめき合って寝るんでしょう。
 ここでも燃料の生ビールを補給し少し休憩です。
 時刻は11時を少し回ったところです。当初の計画は巻き道を使って三俣山荘に行く予定でしたが、思ったよりも早く双六小屋に着いたので急遽双六岳と三俣蓮華岳に登ることに予定変更。この調子で行けば双六岳には13時前には十分到着できるので双六岳からの大パノラマを堪能できそうです。少し休憩して双六岳に向かいます。
 休憩した後の小屋から双六岳に向かう急な登りはほんの少しですが足に堪えます。小屋から20分で巻き道と双六岳への登りの分岐に到着です。見上げると結構の人が登っています。ザックを担いだ人、空身の人さまざまです。

写真 写真
「多くの人で賑わう双六小屋」 「双六岳への登り」

 分岐から岩場を登っていくこと15分、徐々に斜面が緩やかになったかと思うと振り返ると目に美しい槍ヶ岳が目に飛び込んできました。そう、この景色は2年前に見た感動の景色です。
 ここからの槍ヶ岳の景色は最高だと思います。そして、この位置から見る笠ヶ岳は全く違ったやわらかい形状をしています。
 ここからの景色は屈指といっても良いでしょう。

写真
「燕岳から穂高連峰」

写真
「穂高岳から笠ヶ岳」

写真
「黒部五郎岳と薬師岳」

写真
「左から三俣蓮華岳、水晶岳、鷲羽岳、野口五郎岳」

 双六岳から無線でOAPさん、LWZさんを呼ぶと返事があった!それはOAPさんでもなくLWZさんでもない!そう、やまあそさんだ!
 ホイップアンテナしか持っていないやまあそさんと繋がるとは全く思いもしなかった。何てたって兵庫県の1000m程の山の奥段ヶ峰だ、繋がるほうがビックリだ。以前、槍ヶ岳から加美町のまたに山のやまあそさん、DQKさんとホイップアンテナ同士で繋がったが槍ヶ岳は3180mだ。双六岳は2860m。でも、西側に障害物が無いのが幸いしたかもしれない。その後千が峰のCSPさんと繋がった。CSPさんは八木アンテナだそうでメリット5だ。肝心のOAPさんは扇ノ山だそうだが繋がらない。
 無線を楽しんだ後景色を堪能し三俣蓮華岳へと向かう。
 左を見れば黒部五郎岳だ。稜線の正面は三俣蓮華岳、その左は薬師岳、そして右には水晶岳、鷲羽岳が見えている。
 双六岳からおよそ1時間で三俣蓮華岳頂上に到着。ここには不思議なことに三角点が3つある。
 ここからの景色も360度の大パノラマだ。

写真 写真
「三俣蓮華岳に到着」 「3つの三角点」

 双六岳、三俣蓮華岳と絶景を楽しんで三俣山荘へと向かう。
 景色を楽しんだ嬉しさで足も軽い!ところが山荘が見えてびっくり!何故か?それは天場が満杯だ!小屋に向かいながら上から空いている場所を見つけるがどんどん埋まっていく・・・
 天場に到着するが張れる場所は小石がゴロゴロしていて寝心地が悪い。仕方なくルートを外れて昔の踏後を辿ってみるとなんと絶好の広場を発見しテントを張る。
 小屋に行って小屋前でビールを飲みながら小屋を見ていると受付に並んでいる列の長さが長く、また次から次から人が受付に並ぶものだから列は全く短くならない。今日、荷物は全員外に置かなければならないらしい。・・・
 私はテントでゆっくりさせていただき疲れを取らさせて頂きます。

写真 写真
「三俣山荘に到着したが・・・」 「隠れたテント場」

 燕岳から槍ヶ岳、穂高連峰、笠ヶ岳の写真
 黒部五郎岳から薬師岳、水晶岳、鷲羽岳、野口五郎岳の写真


Home

メイル