新穂高温泉から七倉ダムまで裏銀座縦走(第2日目)

写真
鷲羽岳から

山 行 日 程 2009年9月19日(土)〜22日(火)
レポート内容 9月21日(月)
天   候 晴れ

 ゆっくりとした夜を過ごし疲れは取れました。今日は烏帽子小屋まで歩く計画です。昭文社の地図でのコースタイムは8時間20分です。朝目が覚めて時間を確認すると4時過ぎなので、水晶岳をピストンすることにしました。テントを張ったところから小屋を見ると食堂に明かりが点いています。こんなに朝早くから準備された食事をいただけるのはとても美味しいことでしょう。
 簡単な朝食を済ませてテントを撤収し小屋に水を汲みに行きます。三俣山荘からの水晶小屋、野口五郎小屋、烏帽子小屋には水場がありません。1リットルの水を200円で購入しなくてはいけないので、ここで水を補給します。水を汲みに小屋に入ってびっくり!玄関の上がりにまで布団が敷いてありまだ横になっている人がいます。聞けば昨夜の夕食の最後のグループは21時を回り、食後の食堂はテーブル等を片付けて布団が敷かれたとか・・・そこに寝た人は朝一番に寝床を奪われたでしょうねぇ・・・
 2リットルの水を補給し、昨夜作ったお茶などをあわせると実に3リットル弱の水分を持つことになりました。準備を整えて5時23分に出発です。まずは鷲羽岳を目指します。

写真 写真
「朝が明ける表銀座」 「鷲羽岳へ出発」

 朝目が覚めたときにテント場から鷲羽岳を見ると暗闇の中小さな明かりがいくつも鷲羽岳に向かって登っていました。ザレた急な登山道をマイペースで登っていくと下山してくる人がいます。頂上でご来光だったのでしょう。
 徐々に周りが明るくなってくると表銀座の稜線を越えて朝日が差してきました。振り返ると三俣蓮華岳と右奥の黒部五郎岳がとても美しく見えました。眼下には三俣山荘が見え、昨夜私が張ったテントは松林のど真ん中だったことが良くわかりました。

写真 写真
「モルゲンロートの三俣蓮華岳と黒部五郎岳」 「小屋を俯瞰する」

 順調なペースで登り約1時間で頂上に到着。頂上は既に多くの人で賑わっています。あいにく表銀座は朝日の逆行でよく見えませんし、富士山も霞んでいて見えません。2年前ここに立ったときは16時を回っていたので西日に映える表銀座が綺麗でした。眼下には鷲羽池が綺麗に見えています。先を急ぎましょう。
 東の眺望はあまり良くありませんが、西の眺望はとても綺麗です。黒部五郎岳、薬師岳、これから歩く稜線の先には水晶岳が良く見えています。ここから東西南北360度の名峰の景色を楽しみながら水晶小屋を目指します。

写真 写真
「眼下に鷲羽池」 「水晶岳の右奥には後立山連峰の峰々」

 鷲羽岳からおよそ1時間30分で水晶小屋に到着。ここにザックをデポして空身で水晶岳を目指します。往復40分で行けるでしょう。
 水晶小屋から水晶岳までのルートはほとんどが歩きやすいコースですが水晶岳少し手前から岩場になります。ここからスライドや梯子などの理由で結構渋滞します。
 水晶岳には小屋から20分で到着。頂上は沢山の人手賑わっています。2年前この頂に立ったとき三角点を探しましたが見つけることができませんでした。今回じっくりと探すことにして頂上をくまなく見て回りましたが、岩ばかりで三角点はありません。そこでGPSで検索してみると水晶岳から北に80mのところに三角点が表示されています。そう、三角点は水晶岳にはなかったのです。

写真 写真
「水晶山三等三角点(2977.7m)」
(三角点の向こうは黒部ダムと後立山連峰)
「三角点から水晶岳(2986m)」

写真
「水晶岳から」

 ゆっくりとしていたいのですが、この先も長いので小屋に戻ることにします。小屋に戻ると時刻は9時を少し回ってしまっており水晶岳でゆっくりしすぎたと反省。
 小屋に行って燃料を補給しようとビールを注文すると昨夜売り切れてなくなってしまったという。残念だが仕方が無い・・・
 気を取り直して野口五郎小屋で頂くことにして、水晶小屋のアイドル「弘也くん」にさよなら行って小屋を発つ。時刻は9時15分。野口五郎小屋までは2時間30分です。
 小屋の前から裏銀座縦走路を見ると結構切れたった場所の出発です。少し下って振り返ると水晶小屋が小さく見えましたが、立っている場所はなんという場所か判ってびっくり!

写真 写真
「弘也くん(生後8ヶ月)」 「振り返るとおぉ凄い!」

 滑りやすい赤土の稜線を下っていくと小屋から40分で東沢乗越に到着。標識を過ぎて左を見ると石仏があります。地蔵菩薩で「浄清根六」は読めましたが、風雪にさらされているので文字がつぶれていて良くわかりません。
 まずは真砂岳を目指して130mの登りです。
 緩やかな登りを登ってポイント2833を越えると岩がゴロゴロしている尾根になりました。しばらく岩の尾根を進んでいくとこれから目指す野口五郎岳までの緩やかな登りが見えました。

写真 写真
「東沢乗越に到着」 「東沢乗越の地蔵菩薩」

 岩がゴロゴロしているところを下っていくと先行していた二人のパーティーに声を掛けられました。誰かと思ったらなんとmkさんkokoさんご夫妻ではないか!「この連休は仕事の関係で遠くには行けない」とおっしゃっていたが、仕事がキャンセルになって昨日ブナ立尾根を登って烏帽子小屋にテント泊されたとのこと。今日は水晶岳を目指して来られたそうだが時間切れで引き返している途中だったらしい。びっくりしながらもここから楽しい尾根歩きになりました。
 水晶小屋でビールが売り切れていたことを話すと野口五郎小屋に冷えた美味しいビールがあると教えられ俄然元気が出てきました。

写真 写真
「真砂岳から野口五郎岳」 「三人での山歩きは楽しい」

 楽しい話をしながら歩いていると野口五郎岳への直登コースと巻道に到着。二人は巻いて小屋に行かれるのでここでいったん別れて一人頂上を目指します。
 水晶小屋を出発してから2時間30分で野口五郎岳に到着です。ここも360度の大パノラマで絶景です。西を見ますと水晶岳が黒々と聳えており、別名「黒岳」と言われる理由がなんとなく判りました。北を見ればすぐそこに青い屋根の野口五郎小屋が見えその右奥は大町市街が見えています。南を見れば定番の表銀座の景色です。

写真
「左から水晶岳、薬師岳、赤牛岳」

写真
「左奥に後立山連峰、右中央に大町市街」

写真
「表銀座と今回歩いてきた稜線が一望」

 景色を堪能して小屋に向かいます。見えているし下りなのであっという間に到着です。時刻は丁度12時です。
 野口五郎小屋にはテント場がありません。以前はあったのですが、強風にテントを飛ばされたことがあってテント場を国に返されたそうです。mkさんたちもここにテントを張れたら水晶岳往復ができたのにと残念がっておられます。
 ここで燃料をたっぷりと補給し、ゆっくりと休憩して烏帽子小屋を目指します。烏帽子小屋までは2時間40分のコースタイムです。ここで表銀座に別れを告げ13時15分に出発。
 ここからの尾根はザレた尾根ですが、徐々に岩塊が現れてきます。そしてその岩がだんだんと屹立してくるのです。そして、オベリスクのピークが現れそこを抜けると今まではっきりと見えなかった立山の峰々が見えました。

写真
「雄大な立山連峰と烏帽子岳」

 いよいよ小屋に近くなったとき東の谷にガスが沸いてきました。西の太陽は燦燦と降り注いでいます。こんなときはブロッケン現象が見れるので、体を東に向けてみると後光に包まれた自分の影を見ることが出来ました。
 そして、三俣山荘を出発してから10時間で烏帽子小屋に到着です。
 この後小屋で乾杯してゆっくりと寛ぎました。

写真 写真
「ブロッケン」 「烏帽子小屋のテント場に到着」

Home

メイル