岡山県津山市 泉山

写真

山 行 日 程 2009年10月11日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 鴨ちゃん、みーとさん、ほーくん、Tさん親子、umtjさん、Yさん
呉春さん、貴公子さん、研さん、MXFさん、OAPさん

 今日は鴨ちゃん主催の岡山県津山市の泉山(いずみがせん)オフに参加しました。広島在住の鴨ちゃん一家とは中々会うことができないので、時々鴨ちゃんが岡山県でオフを開催してくれます。今日は総勢13名という大所帯のオフになりました。
 集合場所は奥津温泉道の駅で、懐かしい再会と今回初めてお会いする方々との挨拶もそこそこに泉山登山口に出発です。
 泉山への登山口は4ヶ所ありますが、今回はスタンダードな笠菅峠から登ります。
 登山口は林道の途中にあり準備を整え9時25分に出発です。
 しばらくは階段の登山道を登っていきます。現在は檜が植林してありますが、以前は杉の木だったらしく切り株にスギヒラタケが生えています。少し頂いていきましょう。

写真 写真
「笠菅峠からの登山口」 「最初は階段の登り」

 登山口から30分ほど登ると尾根に到着、ここからは穏やかな尾根歩きとなります。
 尾根を歩いていると左に視界が開けてきました。雲の合間から太陽の光が差込んでいます。その奥は千種の山並でしょうか?左には角ヶ仙が見えています。

写真 写真
「振り返ると北西の山並み」

 しばらく尾根を歩いていると岡山県の山独特の尾根になってきました。那岐山もそうですが笹の尾根です。
 笹の尾根を歩いていると正面にこんもりしたピークが見えてきました。頂上かと思いましたが、泉山手前のピークで大きな反射板が設置してありました。
 反射板のピークを一旦下って登り返しになったときに振り返ると笹を刈り込んで「泉山」と書いてありました。
 この登りを登りきると泉山に到着です。泉山は一等三角点で点名「泉ヶ山(1209.1m)」です。頂上は野芝の広場でとても良い場所です。時刻は11時10分。

写真 写真
「振り返ると」 「泉山に到着」

写真
「大山方向」

 頂上で寛ぎ1時間の楽しいひと時を終えて出発です。
 ここで鴨ちゃん一家とOAPさんは来た道を戻り、後のメンバーは泉山から南西に伸びる尾根を歩いて大神宮原コースで下山することにします。
 泉山から穏やかな尾根を歩き20分で中央峰(1198m)に到着です。ここを右に曲がれば大神宮原コースで下山ですが、先を見ると井水山がすぐそこに見えていますのでせっかくですので行ってみることにします。
 中央峰から急な斜面を下っていると正面に小屋が見えました。綺麗な小屋に見えます。一旦60m標高を下げて少し登り返すと井水山(1150m)に到着です。
 ここに来て霞が晴れてきて千種の山並みが見えてきました。

写真 写真
「中央峰を過ぎると正面に井水山」 「井水山に到着」

写真
「那岐山の左に千種の山々」

 せっかく眺望が良くなってきましたが戻ることにします。井水山に来るときにあった小屋に立ち寄ってみることにしました。
 小屋は「津山高校ヒュッテ」で、岡山県自然公園敷設整備事業で当時の鏡野町が主体となり津山高校が費用を一部負担し平成9年12月に建てられたそうです。中はとても綺麗で利用してみたいと思いました。
 小屋を観察した後中央峰に戻りいよいよ大神宮原コースで下山します。

写真 写真
「綺麗だった津山高校ヒュッテ」 「中央峰に戻り大神宮原コースへ」

 大神宮原コースの出だしは急な滑りやすい下りでロープが張ってあります。みんな滑らないように注意して下ります。
 滑りやすい下りが終わると今度は登山道が不明瞭で笹に覆われた急な下りになりました。しかし、尾根一本なので迷う心配はありません。
 30分ほど中央峰から急な下りを下ると昔休憩小屋であった跡地に到着。基礎だけが残っていました。そこから緩やかな道を下ると林道に出ました。
 林道を10分ほど歩いて基幹林道美作北線に到着。時刻は14時30です。

写真 写真
「最初は急な下りの大神宮原コース」 「基幹林道美作北線に到着」

 かねてから登りたいと思っていた泉山に登れ、縦走できたのはとても良かった。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル