養父市

須留ヶ峰 高岩山
写真 写真

山 行 日 程 2009年10月24日(土)
天   候 曇り
同 行 者 やまあそさん、わーさん、OAPさん

 今日はやまあそさんにお誘い頂き須留ヶ峰に登って来ました。
 須留ヶ峰は朝来市の餅耕地から登ったことがあるだけで、今回のルートは明延の鉱山跡地から登るという初めてのコースです。
 今回の須留ヶ峰の呼び名にはいわくがあるとやまあそさんは話します。何を隠そう須留ヶ峰の正式名称は『アオマ山』、本来の須留ヶ峰は『大杉山(スリが峯)』だとのことです。その理由はやまあそさんのHPに書いてありますからそちらをご覧ください。
 宍粟市山崎町の道の駅に集合して一路一宮町の富土野峠に向かいます。峠を越えると明延の集落です。明延鉱山(あけのべこうざん)は、現在は廃鉱となっていますが、平安時代初期の大同年間に採掘開始したといわれ、スズ、銅、亜鉛、タングステンなどの多品種の非鉄金属鉱脈をもつ鉱山で、特にスズは昭和初期は日本一の鉱量を誇っていました。
 明延の郵便局を過ぎて2本目の橋を渡る手前に林道への入り口があります。しばらく進むとキャンプ場がありそこから地道になりますが普通車でも問題なく進入できます。登山口まで進入する予定でしたが、途中で道が荒れていたので断念し駐車することにします。
 準備を整えて9時25分に出発。登山口まで林道を歩きます。
 途中坑道を塞いだ跡があり中を覗いたりしながら15分ほどで登山口に到着。

写真 写真
「塞がれた坑道を除く不審な二人」 「須留ヶ峰登山口に到着」

 登山道を歩いていると沢沿いのルートとなります。一部急な斜面に細い鹿道のようなところもありますがトラロープも設置してあり難なく歩けます。
 その細い登山道をクリアして朽ち落ちた橋に沿ってしばらく歩くと沢を渡ります。沢を渡って杉林の中を歩いていると『せんばの滝』に到着です。

写真 写真
「細い登山道を通過」 「せんばの滝」

 せんばの滝の手前にはφ200程の黒いパイプが山の上から設置されており、やまあそさんはこの謎も解明したいらしい。
 左の尾根に取り付いてポイント673をまず目指します。左の斜面は杉の植林帯ですが、結構急な斜面です。ところが、他の3人は斜面を直登すると言います。私はトラバースして難なく尾根に取り付き登り始めましたが、直登を選択した3人は見れば這い蹲るようにして登っています。どうも杉林が終わったとたん滑りやすいザレタ斜面になったらしく苦労しています。
 3人が登ってくるのを待ち4人揃って再度出発です。
 最初は穏やかな尾根でしたが、10分ほど歩くと急な登りになりました。この急斜面もザレタ斜面で滑りやすく直登は無理。ジグザグに登っていきます。すると何か音がしているのに気付きました。地面を見るとなんと黒いパイプが土の中に見え、そのパイプから水が流れる音がしています。
 その黒いパイプを辿りながら登っていくと斜面は穏やかになり自然林の良い雰囲気になってきました。でも、穏やかな斜面になったことでパイプは土の中に消えてしまいました。
 急な斜面を20分ほど登りポイント673に到着。到着するとそこには綺麗に紅葉したカエデが一本立っていました。その先には須留ヶ峰が見えています。

写真 写真
「急斜面を登ってくる3人」 「ポイント673で綺麗な紅葉」
(正面に須留ヶ峰)

 ポイント673からは尾根全体が自然林となりとても良い雰囲気です。尾根にはアセビが生い茂って通れないところがありますが巻けば問題ありません。
 ポイント673から自然林の中を30分ほど登ると田渕集落からの正規登山道に合流です。
 合流してからの尾根も自然林の良い尾根でした。

写真 写真
「正規ルートに合流」 「気持ちの良い尾根歩き」

 気持ちの良い自然林の尾根を20分ほど登ると林から抜け出しシダの斜面となりました。振り返ると本来ならば見える氷ノ山や妙見山もガスの中で残念ながら見えません。
 このシダの斜面を登りきると目の前に再び自然林が現れました。その先にはすばらしい尾根が続いていました。そのすばらしい自然林の中を歩いて11時50分に二等三角点点名「須留ヶ峰(1053.5m)」に到着です。
 頂上は殺風景なので登ってきたルートに少し戻って落ち葉の絨毯の上で昼食です。

写真 写真
「シダの斜面を登る」 「シダが終わると目の前に自然林」

写真 写真
「落ち葉の絨毯」 「須留ヶ峰に到着」

 50分ほど休憩していよいよ出発です。当初の計画では大杉山(本来のスリが峯)をピストンする予定でしたが、結構時間が経過しているので残念ながら中止して高岩山に向かうことにします。
 高岩山には養父市と朝来市の境界尾根を南に向かって進みます。見たところ尾根は明瞭で問題なく歩けます。やまあそさん曰く「ええブナがあるねん!」
 しばらく下っていると雰囲気の良い自然林となってきました。とても良い尾根です。しばらく進むとアセビが生い茂って尾根を塞いでいますが、左を巻いてクリアできました。振り返ると綺麗な尾根が見え右に須留ヶ峰が見えました。

写真 写真
「気持ちの良い市境界尾根」 「振り返ると綺麗な紅葉」
(右のピークは須留ヶ峰)

 頂上から10分ほど歩くとちょっとしたピークに到着。ピークに立つと気持ち的に左の尾根に進みたくなりますが右の尾根が正解。
 ピークからしばらく下っていると正面に紅葉した綺麗な高岩山に伸びる尾根が見えました。目を右に向けるとガスが晴れて氷ノ山から三ノ丸までの嫋やかな稜線が見えました。

写真 写真
「高岩山へ向かう紅葉の尾根」 「やっと氷ノ山が見えた」

 少し下って水平な尾根になるとそこはブナの尾根でした。やまあそさんが言ったとおりのすばらしい尾根が続きます。

写真 写真
「ブナの尾根に突入!」 「綺麗な黄葉」

 ブナの尾根を楽しみながら頂上から70分でポイント1022高岩山に到着です。高岩山には四等三角点が設置してあります。
 この後のルートは北北東に伸びる尾根を下って登山口にダイレクトに向かうというものです。このルート、途中の林道までやまあそさんは下っておられますが、今回は登山口まで尾根を伝って時間を稼ぎます。
 高岩山頂上からは見た目南の尾根に向かいたくなりますが、「ここを下るの?」と思うような方向に向かいます。しかし、尾根は悪くなく問題なく歩けます。しかも、自然林の尾根でとても良い雰囲気です。

写真 写真
「自然林を抜けて高岩山に到着」 「下山尾根も良い自然林」

 頂上から尾根を20分ほど下ると杉の植林帯に入ります。尾根は明瞭なので尾根から外れることはありません。順調に下ってまず林道に14時30分に到着。前回やまあそさんはこの林道を下られています。この林道で駐車地までは約3.5kmほど、尾根を下れば1.6kmほどになりずいぶんとショートカットできます。
 尾根を下る予定でしたが結構藪だったため尾根の左側の穏やかな谷を思いきって下ることにしました。
 林道から15分ほど谷を下ると林道の本道から分岐した新しい林道に出ました。その新しい林道を東に向かって100mほど歩くと林道終点に到着。その終点は下山予定の尾根だったのでそこから尾根を下ることにします。

写真 写真
「林道に到着」
「新しい林道の終点が下山予定の尾根」

 林道から見ると藪っぽい感じがしますが下ってみると全く問題ありません。やまあそさんが自転車が欲しいとおっしゃるくらいですから。
 どんどん下っていよいよ林道に近くなってきたとき急斜面となりました。が、私とOAPさんはやまあそさんとわーさんを残してどんどん下ります。
 そして、沢の音がしたと思ったら今日登り始めたポイントにドンピシャで下山。登山口はほんの1分。やはり今日のリーダーは優秀でした。
 その後朝歩いた林道を歩いて駐車地に15時30分に到着です。

写真 写真
「登山道にドンピシャ!」 「登山口に到着」

 今日のルートはロングコースですがとても良いコースです。しかし、暖かい時期は山蛭がいますのでちょっとお勧めできません。蛭が落ち着いた時期に歩いてみてください。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル