神崎郡神河町

太田池 黒岩の滝
写真 写真

山 行 日 程 2009年12月13日(日)
天   候 曇り時々しぐれ
同 行 者 やまあそさん、わーさん、OAPさん

 今日はやまあそさんに誘われて神崎郡神河町の太田池に行くルートを辿ることにしました。
 地形図によれば、太田滝に点線がありその点線を辿ると太田池に向かっています。でも、地形図の点線はあまり当てにはならない。そんなときはGPSが役に立つ。
 太田発電所下の閉鎖された林道の入り口に駐車して9時30分に出発。まずは太田滝を目指しますがルートはあるのでしょうか?
 林道を少し登ると発電所からの水路に出た。そこには古い標識で「太田滝へ約3.9km」との標識がある。でもかなり古そう・・・

写真 写真
「閉鎖された林道を出発」 「太田池への標識と入り口」

 杉林の中は結構ゴロゴロしていてはっきりとしたルートは判らない。それらしき踏跡を辿ると林道に出てしまい、そこからGPSで点線を確認しながら歩いていると三椏の群落に入りました。とても沢山の三椏で、こんなに沢山の三椏を見たことがありません。
 点線を辿るがいよいよ三椏が邪魔をして進めなくなってしまい、仕方なく三椏が薄いところから左の植林帯に抜けることにしする。その植林帯は石積みの段々畑に植林されており、昔は桑畑だったかもしれません。
 何とか歩けるところを歩いているとコンクリート製の擬木が転がっています。どうも昔あった遊歩道の残骸のようで、ルートはあってきたみたい・・・

写真 写真
「すごい三椏の群落」 「荒れ果てた遊歩道を辿る」

 荒れた遊歩道を辿ると植林帯を抜けて再び林道に出てしまいました。林道はかなり荒れていてそこには恐ろしいジャケツイバラがあちこちに生えています。これに捉まると脱出するのは一苦労だ。何故かOAPさんが良く引っ掛かっています。
 林道を詰めていると沢と林道が平行に走っていましたが林道が沢から離れ始めました。点線は沢沿いに付いていますので沢を登ることにします。
 ところが沢を詰めているととうとう沢が細くなり行く先を塞いでしまった・・・
 仕方なく沢の左岸の急斜面を登ることにして上を見上げると林道がありそう。登ってから「ルートには戻れるだろう・・・」と思ったのが間違いの始まりだった。

写真 写真
「ジャケツイバラの連続攻撃」 「とうとう行き止まって斜面を登る」

 斜面を登ると再び林道に出たが、見ると点線に戻ることは不可能な状況に陥ってしまった。見上げればはるか向こうに太田滝が見えている。
 残念だが太田滝はあきらめざるを得なくなってしまった。
 取りあえず稜線に出なければ仕方が無いので林道を辿っていくがその林道も太田池からどんどん離れていってしまうので、林道にお別れをして斜面を攀じ登ることにする。
 斜面は植林が伐採されて数年が経過しているものの木々は殆ど無く支障はない。しかし結構な急斜面だ。

写真 写真
「遥か向こうに太田滝」 「伐採斜面を登る」

 斜面を登っていくと徐々に斜面は緩やかになりひょっこりと林道に出ました。この先には太田池があります。時刻は11時48分。
 太田池はロックフィルダムで綺麗なダムです。ロックフィルダムで有名なのは高瀬渓谷の高瀬ダムで、今年の11月に東京電力の見学バスで見に行きました。
 ダムを歩いていると正面に夜鷹山が正面に綺麗に見えています。空はどんよりとして雨がポツリポツリと降ってきました。丁度お昼なのでダムサイトの公園で食事休憩を取ります。

写真 写真
「ひょっこりと林道に出る」 「太田ダムに到着」

 休憩を終え出発します。さて、どうしましょうか?というのも、当初のやまあそさんの計画ルートは無残にも崩れてしまいました。そこで、滝といえば「黒岩の滝」があるというのでその滝を見て上小田の集落に下山しようということになりました。
 12時45分出発。さてルートは太田ダムから峰山に向かうアスファルト道路を歩くことにしました。歩いていると雨が強くなってきたので雨具を着込みました。こんな中延々とアスファルトを歩くのは嫌なもので、滝までの距離は遠く4人の志気はどんどん低下する一方です。
 30分ほど歩いていると左の斜面に踏後を発見!どうも上小田の集落に下山できそうです。どうしようという3人を置いて私はその踏後に入っていました。GPSを見れば点線があります。
 GPSを確認している間に3人はどんどん進み踏後がしっかりしている方向に歩いています。でも点線から外れています・・・
 踏後を歩いていると「峰山高原へ約5粁」の古い標識がありこれを辿って下山するとやまあそさんは言っています。でも、点線から・・・
 そのまま進んでいるとなんと太田ダムへの水路が走っているではありませんか!その水路脇は歩きやすく快適です。水路沿いに歩いていると所々岩をくりぬいたトンネルなどもあります。

写真 写真
「しばらくアスファルトを歩く」 「岩をくりぬいたトンネル」

 しかしながらこの水路歩きが今日一番のメインでもあり延々と歩き続けなければならない要因となりました。
 やまあそさんは「途中で谷に下りるルートがあるから」と言ってます。が、左の斜面はどんどん急になるばかり・・・
 延々と1時間ばかり歩くとなんとフェンスで通行止めになっています。なんで?と思いながらフェンスをくぐって進むと水路が崩壊していました。反対側のフェンスをくぐると「仏岩」の看板を発見。大きな岩がそこにありました。
 仏岩からわずか3分で黒岩の滝に下る分岐に到着です。

写真 写真
「仏岩」 「分岐に到着」

 結局黒岩の滝に行くことになってしまいましたが、これはやまあそさんの策略にまんまと引っ掛かった訳です。
 標識には黒岩の滝まで500mとあり少し下ると沢沿いになります。結構危険な箇所もある沢沿いを15分程下っていくと「黒岩の滝」に到着。立派な滝で滝壺は相当深いようです。

写真 写真
「沢沿いを下っていく」 「黒岩の滝」

 黒岩の滝のマイナスイオンをたっぷりと浴びて下山に掛かります。
 下っていると「学習の道」と看板があります。が、所々崩落しているところもあり超危険です。やまあそさんは「こんなところで学習できへんで!」といっています。
 しばらく歩くと植林の中に入りルート安全地帯となり、植林を抜けるとその先には林道がありました。その林道を5分歩くと県道8号線に出ましたが、そこには『山腹崩壊のため黒岩の滝 立ち入り禁止』との注意書きが・・・
 後は延々とアスファルトを歩いて駐車地に16時18分に到着です。

写真 写真
「崩落した危険な箇所をトラバース」 「下山完了」

 今日の予定は大幅に変更となり、山の頂きには立てませんでした。わーさんは「山の頂上に立てへん山登りは初めてや」といっていますが、OAPさんは「楽しく山を歩ければそれでええんや!」といっています。
 今日はロングコースですが悪くは無いコースです。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル