宍粟市 後山 笛石山

写真

山 行 日 程 2010年1月16日(土)
天   候 晴れ時々曇り
同 行 者 OAPさん

 折角の季節なのでやはり雪山に登りたくなります。今日は後山に行く事にしました。
 国道29号線を北上し波賀町斉木で左折、トリガタワトンネルをくぐって千種町松の木橋に向かいます。
 三田を出る時は雪がちらついていましたが、千種町に入ると青空が出ています。なんとかこの天気が一日持ってくれればと祈ります。
 松の木橋を左折しお不動さんの駐車場に車を停め準備をして9時40分に出発。当初は林道を詰める予定でしたが、昨夜の雪がアイスバーンの上に積もっているので無理をせずお不動さんから歩く事にしました。
 先週も林道歩きを1時間しましたが、今日も出だしは林道歩きとなりました。林道を歩いていると風で杉の木から雪が吹雪のように落ちてきます。45分ほど歩いて林道途中にある登山道に入ります。積雪はそんなになくスノーシーはザックにくくり付けたままです。
 登山道に入って歩く事10分で林道終点の後山登山口に到着です。時刻は10時37分、お不動さんから1時間です。

写真 写真
「快晴の中林道を歩く」 「林道終点の登山口に到着」

 登山道に入ると数日前に登ったと思われるトレースが付いています。OAPさんは既にスノーシューを装着していますが、このトレースの上を歩けば十分なので私はツボ足で登ります。
 登山口から10分ほどで不動滝に到着、凍っています。
 滝からは急な階段の登り、ところがトレースはここで終わっています。どうも山登りではなく滝を見に来ていたようです。
 この滝から徐々に積雪量が増えたので沢沿いのややこしいところをクリアした後スノーシューを履きました。
 少し歩くと一般コースと大馬鹿門のおごしきコースとの分岐です。ただ単にピストンするのはつまらないので大馬鹿門コースを登る事にします。

写真 写真
「凍てついた不動滝」 「分岐に到着」

 しばらくは植林帯のトラバースとなります。高度はほんの少しずつしか上がりません。徐々に北方向に面した斜面になってきたので雪は新雪となりフカフカしてきました。しかしその分積雪も増えてきてラッセルとなります。
 尾根を巻いていると小さな沢が完全に凍てついています。少し風も出てきて雪もちらついてきました。

写真 写真
「植林帯をトラバース」 「沢が完全に凍っています」

 私が以前後山にお不動さんから登ったのはずいぶんと昔のことで由李子が小学生のときでした。そのときは「平成の大馬鹿門」は設置されていませんでした。そのため、おごしきコースを歩くのは初めてです。
 長い長いトラバースを終えると尾根にぶつかりこの上に大馬鹿門があるとのこと。結構急な尾根です。
 その尾根を15分ほど登ると大馬鹿門に到着です。大馬鹿門の北側には天児屋山から三室山、植松山が見えています。時刻は既に12時20分です。
 当初は後山で昼食と考えていましたが、結構時間が掛かってしまいましたので大馬鹿門を風除けにして昼食をとります。

写真 写真
「吹雪く中をトラバース」 「大馬鹿門に到着」

写真
「天児屋山から植松山まで良く見える」

 昼食を終えて13時に出発。後山までの直線距離は900m、標高差230mです。尾根の登りなので楽だとは思われますが果たしてどの程度時間が掛かるでしょうか?タイムリミットは後1時間です。
 登っていると太陽が出てきました。このまま天気が持ってくれれば良いのですが。
 登っていると積雪はどんどん増えていき、深みにはまると股までの深さです。しかも、まだ少し時期が早いので雪がチシマザサを十分押さえつけていないので雪の下の笹が沈む分更に深くなります。このラッセルは大変です。
 おごしきコースはこの尾根の南側斜面をトラバースしているようですが歩けるような状態ではありません。かといって尾根上は完全に抑えられていないチシマザサが行く手を遮ります。

写真 写真
「大馬鹿門から少しは登りやすかったが・・・」 「チシマザサで登れない!」

 何とかチシマザサを乗り越えましたが結構体力を消耗しました。
 後山まではあと少し。南を見ると笛石山が見えています。今日もし雪の状態がよければ一般コースを下らずに笛石山まで縦走する予定です。
 標高が1260mになったころから尾根は緩やかとなりました。頂上まであと少しですが疲れで足が上がらなくなり、フカフカの新雪に足をとられペースが落ちます。
 大馬鹿門から1時間、松ノ木橋から4時間20分、タイムリミットの14時に後山頂上に到着です。

写真 写真
「笛石山が見えた(左奥は植松山)」 「後山に到着」

 当然のことながら頂上には誰もいません。東には舟木山と駒の尾山が綺麗に見えました。
 残念ながら天気は下り坂、北の方向から白いガスがどんどん流れてきますがよく見ると雪のようです。
 暗くならないうちに下山しなければなりませんので先を急ぎましょう。まずは、一般コースと笛石山コースの分岐が目標です。
 登りに比べて下りはなんと楽なことでしょうか!。あれほど前に出なかった脚がどんどん前に出ます。フカフカなので山の上を滑っているような感じです。

写真 写真
「頂上から舟木山と駒の尾」 「尾根をすべるように下る」

 頂上から25分で右に尾根が出てきました。2008年3月は志引峠からこの尾根を登って駒の尾山まで縦走しました。今日見るとこの尾根もチシマザサが起きているのでまだ使えないようです。
 頂上から40分弱で笛石への分岐に到着、時刻は14時40分。標識には笛石山まで90分、松ノ木橋まで150分とあります。この時間で計算すると下山時刻は17時を回ってしまいます。
 雪質が良いこと、下りであることからめったに無い機会なので笛石山へ縦走することに決定です。

写真 写真
「志引峠方向は笹で通れそうもない」 「笛石山への分岐」

 笛石山へのコースは昨年笛石山から駒の尾まで縦走しました。そのときの記憶ではとんでもない倒木帯があったことです。
 前回は登り、今回は下りなので楽です。でも所々に岩場がありちょっと苦労します。途中振り返ると後山が綺麗に見えました。 

写真 写真
「倒木帯を抜ける」 「振り返れば今日登った尾根が良く見える」

 難所の倒木帯を抜けると穏やかな尾根になり日も差してきました。とても良い尾根です。
 笛石山が近づくにつれて積雪はどんどん無くなり所々地面が見えています。
 分岐から70分で笛石山に到着時刻は15時50分です。東の方向の植松山がぐっと近くになりました。

写真 写真
「とても良い尾根だ」 「笛石山に到着」

 さて下山に取り掛かりましょう。でも、折角ですので猫石に立ち寄ることにします。
 5月には猫石の上に立ってOAPさんに写真を撮ってもらいましたが、今日は冬バージョンをとってもらいました。
 猫石で遊んでお不動さんに下山したのは丁度17時でした。

写真 写真
「猫石にて」 「笛石山登山口に到着」

 今日は思いがけない縦走ができてとても満足した山行でした。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル