大阪府 京都府

剣尾山 横尾山
写真 写真

山 行 日 程 2010年1月23日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 やまあそさんさん

 今日はやまあそさんが剣尾山に登られるというので急遽連れて行ってももらうことにしました。
 篠山で合流し一路京都府亀岡市土ヶ畑に向かいます。剣尾山には8年前に能勢町側から定番コースで登ったことがあります。今日のコースを聞くと土ヶ畑から能勢町宿野に抜ける峠道を辿って剣尾山に登り、定番コースである横尾山を経てその大阪府と京都府の境界尾根を縦走するというものです。結構な距離ですがとても楽しみです。
 亀岡市土ヶ畑の公民館に駐車させていただき準備をして9時15分出発。まずは府道54号線を15分ほど歩き布子谷に向かう点線の道に入ります。

写真 写真
「公民館を出発」 「府道から点線に入る」

 少し歩くと橋を渡って左の植林の中入ります。そこにはもう何十年も歩かれていないだろう古い里道が残っていました。その古い里道を歩いて植林帯を抜けると住宅地の裏側に出ました。見るからに人が住んでなさそうです。
 宅地造成されたため里道は削られてなくなっているので山の斜面を造成の形状に沿って進みます。造成の端までくるとフェンスが張ってあり土ヶ畑給水設備に到着しました。
 給水設備からはとても良い里道が再び現れ朝日に照らされてとても気持ちよく歩けます。このあたりは炭焼きが盛んだったようで炭焼釜あとがあちこちに残っています。

写真 写真
「植林帯の里道を辿る」 「なかなかよい雰囲気」

 給水設備から15分ほど歩くと横尾山に向かう登山道の分岐に到着。実は1つ目の分岐を見逃してしまいましたが、2つ目の分岐は票石が建ててあります。分岐から峠に向かって少し進むとしっかりとした橋の基礎の石積みが残っており、幅も結構あります。このことからかつて多く人たちが人力車を引いて往来していたと思われます。
 分岐から少し進むと広い緩やかな湿地帯の様な場所があり、木に残された古い標識にはマムシヶ原と書いてあります。ここにはマムシがたくさん出るのでしょうか?
 給水設備から30分歩きいよいよ剣尾山へ登る笠山コースの分岐に到着しました。この分岐から少し能勢町側に進むと峠です。峠は人為的にかなり広げられており昔の面影は全くありません。さて分岐に戻って剣尾山に向かいます。

写真 写真
「二つ目の横山への分岐」 「剣尾山への笠山コースを登る」

 笠山コースはとても良い松林の中のコースで、とても気持ちよく登っていけます。途中振り返ると半国山が見えました。
 分岐から登ること20分で府境に到着。以前来たときには気づきませんでしたが、明治に立てられた立派な石柱が建てられています。

写真 写真
「とても良い松林コース」 「大阪府、京都府の境界に到着」

 ここから南側に向かい10分で剣尾山に到着、時刻は10時50分です。
 丁度良い時間ですのでここで昼食をとることにして、準備しながら無線をしましょう。ところが、無線で各局を呼ぶものの空振り。せっかく八木アンテナを持ってきたのに残念・・・

写真 写真
「分岐からも良い雰囲気」 「剣尾山頂上に到着」

 ゆっくりと1時間ほどの休憩を終えて横尾山に向けて出発します。まずは府県境の石柱まで戻り府境を歩きます。
 先ほどの分岐まで戻り北西に向かいますが、いったん下って登り返します。以前この斜面を登った時は笹が生い茂っていて笹を掻き分けて登った記憶があります。ところが現在は笹が全くありません。能勢町側は綺麗に伐採されて植林されています。でも、亀岡市側を見てみると松林の中の笹が立ち枯れしています。横尾山への登りは笹の面影が少しだけ残っておりとても歩きやすく良いコース(?)になっています。
 横尾山への斜面を登りきると反射板に到着です。ちょっとフレームを登って景色を楽しみました。

写真 写真
「ポケットに手を入れてハイキング」 「反射板に到着」

写真
「北西方向(中央に三嶽が見える)」

 反射板から府境を歩いて横尾山、二等三角点点名「土ヶ畑」(784.8m)に到着です。ここは変わらず眺望のない山でした。
 横尾山から少し西に進むと正規ルートは府境から外れ南に向かいます。今日のメインはここからの府境尾根です。
 ちょうどコースから外れるところに3人のハイカーが食事中でしたが、私たち二人をどう思ったのでしょうか?挨拶を交わして少し境界を西に進むと南側斜面がきれいに伐採されており眺望が抜群です。左奥には大阪湾が見え、正面の尾根の向こうには羽束山、大船山が見えています。

写真 写真
「横山を通過」 「正規ルートを外れる分岐」

写真
「左奥には大阪平野、右には羽束山、大船山が見える」

 正規ルートからの境界尾根の南西斜面は延々と綺麗に伐採されており、新しく檜が植林されているのでとても良い視界です。
 さて今日は長丁場、先を急ぎましょう。実はやまあそさんに今日のルートを聞いたとき「今日は藪だな・・・」と思いました。というのも先に書いたとおり以前登ったときの笹がとても印象に残っていたからです。ところが藪どころか植林のおかげでとても歩きやすいのです。正規ルートから外れて30分ほど歩くと大阪府側の植林帯は終わりました。が、ここからのコースは尾根のアップダウンが少なく何ともいえない良い自然林の尾根となりました。

写真 写真
「境界尾根は歩きやすい」 「雰囲気の良い自然林が延々と続く」

 そんなコースを楽しく歩いていると送電線鉄塔の巡視路に合流しました。ここまでの府境は西に向かっていましたがここからは北に向かいます。
 ここからのルートもこれまでと同じくとても良いコースが延々と続きます。送電線鉄塔から40分ほど自然林の尾根を堪能すると採石場の造成地に到着しました。

写真 写真
「延々と続く自然林を40分楽しむ」 「採石場にぶつかる」

 ここからフェンス沿いにしばらく歩くきフェンスが終わると峠道らしきものがあります。地形図には載っていないのですが明らかに左の谷に下りていく明確な道があるのです。
 当初の計画では府境を歩いて国道173号線と府道54号線を結ぶ道に出る予定でしたが、この峠道を下らない手はありません。下り始めるとやはり土ヶ畑の集落に向かう古い峠道のようで斜面をつづらおれています。ところどころ崩落しているところがありますが歩くのには全く問題なく、下り始めて10分で府道54号線に到着、公民館まで200mのところでした。時刻は13時45分。

写真 写真
「峠道を発見!」 「府道に下山」

 今日は思いがけなくもやまあそさんとご一緒でき、とても良いコースを縦走できてとても満足した山行でした。
 今日歩いたトラックです。


地図

Home

メイル