加東市東条町

数曽寺山(大坂山) せ山
写真 写真

山 行 日 程 2010年3月22日(月)
天   候 快晴

 まず最初に、今回使った山の名前は、どうしても理解できないことがありましたので馬瀬に下山した後、畑におられたおじいさんに教えてもらった山の名前を使わせていただきます。

 今日は久しぶりに山に登りました。どこにしようかと考えたところ、昨年末に登った数曽寺山(大坂山)の続きを登ろうと考えました。
 年末は天候に恵まれず数曽寺山から引き返し数曽寺谷を下山しました。そのとき数曽寺山から南に伸びる尾根があり、それを使おうかとも考えましたが、OAPさんの「天候が悪いのに歩いたことの無いルートを使うのは止めた方が良い」との考えのもと谷を下山しました。今回はその尾根を使って数曽谷山に登ることにしました。
 前回同様山口の公民館のそばに駐車し準備を整えて9時20分に出発です。今日は天候に恵まれとても気持ちが良いです。
 公民館の横から伸びる舗装路を少し歩いて坂を上ると住宅地に入ります。その住宅地を抜けると尾根が右側に伸びています。薮っぽいですが思い切って取り付きます。まずは四等三角点「山口上」を目指します。

写真 写真
「公民館横を進んでいく」 「住宅地を抜けたところから取り付く」

 取り付いてみるとそんなにひどい薮ではなく安心しました。ちょっとした尾根に乗ると歩きやすくなりましたが目標ピークを見上げるとどうも方向が怪しい・・・。そこでピークから伸びている明確な尾根に乗ることに変更して向きを変えました。
 柴薮を抜けると尾根になりましたがシダが繁茂しています。何とか切り抜けると岩場に到着。ほっとしたのもつかの間、岩場はあっという間に終わって再びシダの斜面です。そのシダの中を掻き分け取り付いてから30分弱で四等三角点「山口上」(233m)に到着です。眺望はありません。

写真 写真
「岩場もあります」 「四等三角点「山口上」(233m)に到着」

 ここからは吊尾根の歩きなのでそんなに上りはありません。が、薮には変わりありません。赤白鉄塔近くになれば火の用心の巡視路になると思うのでそれまでの辛抱です。
 気温が上がってきたので厚く汗かきの私にはつらいのでシャツを脱いでTシャツになりました。
 尾根を歩いていると鹿が良く歩いているので道らしきものはありますが、松や柴の枝が出ており袖から出た腕には痛く引っ掻き傷が出来てしまいます。が、暑いのに比べればましです。
 しばらく薮を歩くと視界が開けて今日のルートの第1の目標である赤白鉄塔が見えました。でも、赤白鉄塔は小さく数曽寺山はその先です。
 視界の先はちょっとした岩場です。でも私は岩場が好きです。快調に岩場を通過し一登りするとひょっこりと登山道に出ました。ようやく火の用心に合流です。これからは快適な歩きとなりました。

写真 写真
「赤白鉄塔が見えたけどまだまだ」 「火の用心に合流」

 火の用心の道は高速道路でホント何の問題もなく快適に歩けます。
 快適に歩いているとちょっとした岩場がありそこには錆びた鎖が取り付けてあり、でも「何でこんな所に?」というような場所でした。
 天気の良い中、快適に歩いて10時50分に赤白鉄塔に到着です。
 赤白鉄塔を過ぎると正面に竜の背を思わせるような岩場が見えました。その岩場に到着すると再び錆びた長い鎖が取り付けてありました。この岩場を登りきるとちょっとしたピークで進行方向の正面に数曽寺山のピークが見えました。

写真 写真
「赤白鉄塔に到着」 「赤白鉄塔先の岩場」

 ちょっとしたピークから10分で三等三角点「三草山2」(450m)に到着です。山名は「数曽寺山(大坂山)」です。
 今日はとても天気がよく少し霞んでいますが南側がよく見えており、六甲山、雄岡山、雌岡山がはっきりと見えすぐ前には三草山です。時刻は11時を少しまわったっところで少し早いですが昼食休憩とします。

写真 写真
「数曽寺山に到着」 「南側の眺望」

 展望を楽しみながら45分ほど休憩してポイント459に向かいます。
 前回数曽寺谷の暗部から登った時に尾根が結構歩きやすかったことを覚えていたので、ここからP459までもひどくは無いと思っていました。しかし、確かに歩きにくくは無いのですが、林のトンネルのような尾根なので中腰で歩かなければならず結構腰にきました。
 数曽寺山から一旦90mほど下ると鞍部に到着。ここで尾根に続く道と右側、南の方向にトラバースする分岐に到着、グレーのテープには「右方向鉄塔へ」と書いてあります。ここは左の尾根に進みます。
 鞍部から登り返すとピークに到着する手前で再びグレーのテープがあり、尾根方向の矢印と「鉄塔へ」の文字。ここからも鉄塔に行けるらしい。少し進むと切り開きがあり右側に尾根が延びており鉄塔が見えています。帰りはここからにするか、P459からの谷を下るか思案のしどころです。
 先を見るとP459がとんがって綺麗に見えました。

写真 写真
「数曽寺谷山からP459への出だしはこんな感じ」 「P459 せ山が綺麗だ」

 一旦下って登り返すこと10分でこの辺りでは最高峰のピークに到着です。時刻は12時18分。
 南側には視界はありませんが北側の木々が伐採されており視界が開けています。左に笠形山、正面に飯森山、その右には千ヶ峰が見えています。すぐ前には妙見山、右側には西光寺山が聳え立っています。
 さて下山に掛かろうかとふと木を見ると古いプラのプレートがぶら下がっています。文字が薄くなっていますが「数曽寺山」と書かれています。数曽寺谷から二つも離れた谷の上の山が何で「数曽寺谷山」何だ!!!。到底納得できるわけが無い・・・

写真 写真
「鉄塔への分岐」 「せ山(P459)に到着」

写真
「せ山から北方向」

 北の方向の景色を楽しみいよいよ下山に取り掛かります。
 馬瀬に下山しようと東に向かいかけて、「谷を降りるとなると景色はもう終わり・・・」と頭をよぎったので、先ほどの分岐まで戻って鉄塔に向かう尾根を下ることにしました。
 鉄塔に下るピークに戻ってグレーのテープの先を見るが道らしきものは全く無い。「きっと薮だろう・・・ でも鉄塔まで下れば火の用心があるから少しの辛抱だ」と考えたのが失敗。登りに使った尾根よりも酷く、鉄塔までの20分間は本日最悪のルートでした。
 しかし、鉄塔に到着すれば後は火の用心の綺麗な道で快適に下山。馬瀬の集落からの林道に13時に到着です。

写真 写真
「火の用心の快適な道」 「馬瀬に下山」

 下山後、P459のプレートの「数曽寺山」が納得いかないと思っていたので、誰かに山の名前を確認しようと馬瀬の集落を歩いていると畑におじいさんを発見。御歳90歳を越えていそうだが声を掛けるとしっかりとしておられる。
 山の名前を尋ねてみると、P459は「せ山」(漢字はおじいさんも分らず)、三等三角点「三草山2」は「数曽寺山」だそうだ。このおじいさん谷の名前と位置はとても正確で、「せ山」は「この辺りでは一番高い」とおっしゃる。そして、「数曽寺山」はその名のとおり「数曽寺谷」の上にあるから「数曽寺山」だとおっしゃる。もう間違いは無いでしょう。
 今日は、誰にも会わない静かな山で、とても思い出に残る山行になりました。
 今日歩いたトラックです。

写真 写真
「馬瀬から」

Home

メイル