鳥取県日南町 船通山

写真

山 行 日 程 2010年5月2日(日)
天   候
同 行 者 OAPさん

 連休を利用してカタクリで有名な船通山に登ってきました。この山はご存知のとおり須佐之男命が八岐のおろちを退治した神剣が出現したことで有名です。
 山崎を8時過ぎに出発し一路西に向かいます。連休とあっていつもなら空いている中国道には結構車が走っており、院庄を過ぎて落合ジャンクションが近づいてくると左の斜線は渋滞で止まっています。ジャンクションを通過し上り車線を見ると同様に米子自動車道方面は渋滞していて今日の米子方面は大渋滞です。ジャンクションを過ぎると一気に車両が減りました。
 東城インターで降りて鳥取県日南町上萩山に向かいます。インターを降りてから45分ほどで国道183号線を左折し上萩山に入り、県道15号を走行していると道路脇に「船通山登山口」の標識を見つけ林道に入ります。5分ほど走行して登山口の駐車場に到着です。駐車場は2箇所ありますが多くても15台くらいしか駐車できないスペースです。今日は結構空いており難なく注射ができました。準備を整えて11時に出発です。
 OAPさんは以前にもカタクリを目的に一度登っておられるそうで、頂上にはそれはたくさんのカタクリがあるとおっしゃっています。また、登山口は島根県側からもあるそうで、そちらからのほうが登山者が多いそうです。
 登山口からキャンプ場までは整備された車道ですが、谷の沢沿いに付いているのでとても良い雰囲気です。道端にはミヤマカタバミやネコノメソウが咲いています。

写真 写真
「船通山登山口」 「ネコノメソウ」

 車道を15分ほど歩くとキャンプ場に到着、心棒と札が付いた綺麗に加工された杖が沢山置いてあり自由に使ってくださいと書いてあります。こんなに良い杖なら皆持って帰りそうですが解脱寺のお札のようなものも付けてあるのでちょっとばちが当たりそうです。
 キャンプ場から登山道になり、沢沿いに登っていると左側に避難小屋が見えます。でも、こんなところで使うかなぁ?

写真 写真
「暫く車道を歩く」 「使いそうも無い避難小屋」

 キャンプ場から15分ほど登ると左に大きな岩が出てきました。この岩は「天狗岩」だそうですが、この名前はいろんなところで聞きますね。
 つづら折れの登山道を暫く登っていると岩があり、その岩の上に立つと南方向に開けておりなかなかの景色です。この天気だと頂上からの景色に期待です。
 再び登山道に戻り登り始めると水場です。「金明水」とかかれていて飲んでみると結構おいしい水でした。

写真

 


 


写真 写真 写真
「左に天狗岩」 「金明水」

 喉を潤してさらに登っていると前方に団体さんが登っています。あっという間に追いついてしまいましたが、ガイドは気がついても全く追い越させようとする気配がありません。仕方が無いので「抜きま〜す!」といって参加者に追い抜くことを宣言して追い抜きました。ガイドはだめでしたが参加者は良く心得ていて「すみませんね、どうぞどうぞ」といって快く抜かせてくれました。
 駆け足のようにして追い抜くと正面に青々とした巨木が現れました。そうです有名なイチイの木です。
 このイチイ樹齢2000年というから凄い!しかも、須佐之男命が稲田姫と結婚して宮居を建てたときに大蛇を慰めるために植えたという伝説もあるのだそうで、国の天然記念物に指定されています。
 イチイの木を過ぎて暫く登ると二本杉に到着です。でも、この杉に伝説は無いらしい・・・
 二本杉が近くなってくると前方の登山道にピンクの花がちらほら見えてきました。やっとカタクリとご対面です。

写真 写真
「天然記念物のイチイ」 「二本杉」

 ところがOAPさん曰く「頂上にはもっとあるぞ!」
 そう聞くと足は自然と速まります。そうして前方の空が切れ、さらに登ると一面がピンクになっている丘が目に飛び込んできました。ちょうど12時に頂上到着です。
 頂上にはおびただしいほどのカタクリが咲いています。保護のためロープが張ってあるのが残念ですが仕方が無いでしょう。そしておびただしいほどの人、人、人・・・

写真 写真
「一面がピンクに染まっている」 「人、人、人」

 大山が正面に見える場所に腰を下ろして昼食です。
 今日は少し霞んでおり日本海ははっきりとは見えませんが、大山や烏ヶ山、蒜山は良く見えています。
 無線で福井県移動のやまあそさんを呼ぶが繋がりません、やはり八木アンテナを持ってくるべきだったようです。
 景色を堪能して下山に掛かります。
 頂上ではロープに囲まれて花に近づけませんでしたが、二本松までの登山道には綺麗なカタクリがポツリポツリと咲いています。

写真
「頂上から北方向」

写真 写真

 一通り写真を撮って下山です。下山は来た道を戻るのではなくイチイの木から林間歩道コースを辿ります。
 このコースはとても良いコースで、尾根をゆっくりと下っていきます。ブナやミズナラがありこれからの芽吹きの時期にはとても良い雰囲気になるでしょう。
 イチイの木から30分でキャンプ場の分岐に到着です。

写真 写真
「イチイの木から左へ」 「とても良い尾根」

 一宮町で見たカタクリよりも少し小ぶりな感じがしました。
 綺麗なお花畑を見ることができとても良かった。


Home

メイル