広島県庄原市 比婆山

写真

山 行 日 程 2010年5月3日(月)
天   候
同 行 者 OAPさん

 連休を利用して昨日カタクリで有名な船通山に登った後、広島県庄原市にある県民の森でテントを張り宿泊しました。
 今日は伊邪那美命が葬られている山と古事記に記されている比婆山に登ります。比婆山とはピークのある山の名前ではなくてこの山域の名前であるとOAPさんに教えていただきました。
 朝起きた場所が登山口であることほど楽なことはありません。起床した後ゆっくりと準備して7時40分に出発です。
 大きな案内板によれば比婆山に登るコースはA、B、Cの3コースがあり、今日はAコースを反時計回りで登ります。まずは県民の森を流れる沢沿いに出雲峠まで登ります。
 県民の森から沢沿いに林道を歩いていると右に古い建物が見えてきました。今は使われていない山荘ですがとても良い雰囲気をかもし出しています。県民の森には綺麗な宿泊施設が出来ていますが、古びた山荘はとても雰囲気がよくもったいない気がします。

写真 写真
「暫く林道を歩きます」 「良い雰囲気の山荘」

 林道を歩いていると鶯がいい声で鳴いています。そういえば鶯を近くではっきりと見たのは由李子と甲山に登ったときですが、本当にウグイス色なんだなぁと思ったことを思い出しました。
 山荘から5分ほど歩くと今度は「若人の家」という鉄筋コンクリートの建物が見えてきました。こちらも現在は使われておらず「老人」のようになっています。とても良い場所なのでもったいない気がします。
 若人の家で林道は終わりで、ここには第3キャンプ場があります。このキャンプ場の下から出雲峠への道は伸びています。
 ここからは林道ではないので雰囲気はがらりと変わります。自然林が豊富で今はまだ芽吹き始めたばかりですがもっと開くととても気持ちの良いコースになると思います。 

写真 写真
「老人になった若人の家」 「芽吹きは浅いが気持ちの良いルート」

 キャンプ場から20分ほど歩くと目の前が開けてきました。笹が広く刈り払われているようです。そういえば、要所要所に登山大会を思わせるプレートが取り付けられていますので、たくさんの参加者が休憩できる様にしているようです。
 この辺りから傾斜が緩やかになって丘を歩いているような感じになり、5分ほどで出雲峠に到着です。
 ここまでの峠道を考えれば向こう側(奥出雲町)にも続いているのかと思いましたが笹で覆われていて廃道となっているようです。この峠から東に向かえば毛無山(1144m)です。今日はここを西に向かいます。

写真 写真
「丘のように笹が刈り払われている」 「出雲峠に到着」

 少し休憩して西に向かい、まずは烏帽子山(1225m)を目指します。
 中国地方の山々は自然林が豊富ですが、山の上から山並みを見ますと自然林の中にパッチワークのように所々植林がされている場所があります。出雲峠から烏帽子山に向かうとすぐにそのパッチワークの植林帯に入ります。植林帯は短く何故このような植林をしたのでしょうか不思議です。
 短い植林帯を抜けるとそこからは綺麗な自然林になりました。兵庫県の山々も昔はこのような美しい自然林だったのだろうと話しながら歩きます。
 出雲峠から歩くこと30分で烏帽子山に到着です。烏帽子岩にの上から西を見ますと吾妻山(1239m)が大きく見えます。その右奥には猿政山と大万木山です。

写真 写真
「とても良い自然林の尾根歩き」 「烏帽子山に到着」

写真
「烏帽子岩から西方向」

 今日は隠岐移動のMXFさんと10時に交信する約束をしていますので先を急ぎます。
 烏帽子山から御陵に向かいます。ところがここで失敗をしてしまいます。ルートはY字に別れており地図で御陵の方向確認、御陵は左の方向なので左のルートに進みました。結局は右のルートと合流するのですが左のルートは烏帽子山三角点を迂回するルートだったのです。
 御陵には一旦鞍部に下り登り返しますが、ここからが比婆山では有名なブナ純林となります。

写真
「鞍部からブナの林が続く」

 鞍部から穏やかなブナの林の尾根が続きます。ブナの木々の表面にはコケが付いておりちょっと見栄えがよくありません。しかしブナばかりでとても良い尾根です。
 鞍部から15分ほど歩くと御陵に到着です。御陵といっても何も無いなぁ・・・
 とはいえここが比婆山の頂上とされています。

写真 写真
「穏やかなブナの尾根を登る」 「御陵に到着」

 そう思いながら少し歩くと比婆山伝説地と呼ばれる地点に到着です。
 比婆山の近くには本宮と呼ばれる熊野神社、那智の滝があり那智勝浦と全く同じような形態になっています。
 頂上中央には円墳がありその中央付近には廊石と思われる巨岩があります。また、一対の大栂が聖域の門戸を形造っています。せっかくですので円墳を回り、そして太鼓岩、産子岩など珍しい岩も見て回ります。
 時刻が10時に近くなり隠岐移動のMXFさんと交信すべくリグのスイッチを入れるとタイミングよくMXFさんがコールしてこられました。ここでゆっくりと交信することにして、朝も早かったので食事とします。

写真 写真
「伊邪那美命が葬られているであろう円墳」 「太鼓岩をたたくといい音が!」

 ゆっくりと寛ぐ時間を堪能していよいよ下山に掛かります。
 暫く歩くとミズナラの林になりました。ブナは終わりかな?と思って歩いていると再びブナが現れました。この付近のブナはコケが付いていなくて綺麗なブナです。
 古墳から20分ほどブナの林を歩いて鞍部に到着、ここを真っ直ぐ進めば池ノ段(1280m)に向かいます。でも今日はここから左に折れて下山します。

写真 写真
「とても良いブナ林」 「分岐に到着」

 下山道は檜の植林で樹齢は結構若く高さは低いものです。
 檜の植林帯を15分ほど歩くと林道に到着です。ここから林道を25分ほど歩いて県民の森に到着です。

写真 写真
「檜の植林帯を下山」 「林道に到着」

 古事記に記載されている由緒正しい山に登れてよかった。
 次回は毛無山から池ノ段、立烏帽子山とぐるっと大回りしてみたいと思います。


Home

メイル