豊岡市出石町 東床の尾山

写真

山 行 日 程 2010年5月15日(土)
天   候
同 行 者 やまあそさん、OAPさん

 今日はやまあそさんに誘われて、OAPさんと3人で東床の尾山に登ってきました。初夏の床の尾山系は新緑が豊かなのでこの時期が最高と言ってよいでしょう。
 東、西床の尾山への正規ルートは、主に和田山町竹ノ内の不動の滝または糸井の大カツラから登るコースが一般的です。でも、2年前やまあそさんと母たぬきさんの3人で出石町奥山から西床の尾山、東床の尾山に登りましたがとても良いコースでした。
 その時の東床の尾山から下山する時に出石町桐野に下山する「近畿自然歩道」の道標を見つけていました。このルートは環境省が整備を推進している自然歩道であるにも関わらず地形図には載っていません。今回、やまあそさんが2年越しの計画を実行されるということで同行させていただきました。
 出石町桐野に9時30分に集合し大滝、小滝がある谷に向かいます。桐野の集落に入ると細い道に近畿自然歩道の綺麗な道標が立っています。集落を抜けると林道入口に到着し駐車して9時45分に出発です。
 まずは大滝を目指します。林道を少し入ったところにゲートがありましたのでゲートを開けて通過します。
林道に入りおよそ15分歩くと分岐に到着、道標があり大滝まで500mと書いてあります。でも、東床の尾山は左の方向なのです。やまあそさんは行きたそうですが時間の関係もあり今回は見送ることにしました。

写真 写真
「林道入り口を出発」 「大滝と小滝の分岐 東床の尾山へは小滝方向へ」

 標識に従い少し進むと再び道標があり東床の尾山は沢を渡るように右方向を指していますが、小滝は直進で200mです。大滝をパスしましたので小滝は見に行くことにしました。
 ほんの数分歩くと杉の植林の木の向こうに滝が見えています。沢まで進むと小滝に到着、よく見ると3段の立派な滝で結構な高さです。この分だと大滝はどれほどの滝だったのでしょうか?
 滝の写真は難しい!小滝を堪能して戻り橋を使って沢を渡ります。

写真 写真
「小滝といえども立派な3段滝」 「沢を渡ります。」

 沢からは急な斜面をつづら折れに登っていきますとベンチがあり展望所のようです。そこは小滝のちょうど中間くらいの高さで滝が見られるように造られたのでしょうが、残念ながら木々が邪魔をしてはっきりとは見えません。
 このベンチからちょっと危ない斜面をトラバースすると小滝のトップです。そこからは植林帯の中を沢沿いに登っていきます。
 やまあそさんの計画ではベンチのあった付近から尾根に取りつく計画だったようですが、自然歩道につられて当初計画の尾根から随分と外れてしまったようです。当初の尾根は沢の反対側にありますので沢を渡って取り付こうかとも考えましたが、OAPさんは「このルートで大丈夫や!」とおっしゃっています。
 そのまま沢沿いに進んでいるとヒメレンゲが咲いていました。

写真 写真
「沢沿いに自然歩道を辿る」 「ヒメレンゲ」

 沢沿いに登り詰めるとルートが不明瞭になってきました。左の斜面に道らしきものが伸びています。でも、こちらは間違い、やまあそさんが自然歩道のルートを再度発見されました。自然歩道は沢を渡って左岸に付いておりしばらく登ると再び道標を発見、東床の尾山の方向は右斜め方向の植林帯と自然林の谷を向いており、そこにはつづら折れの自然歩道がありました。
 見上げれば空が切れており尾根は近い。登っていく間の自然林はとても綺麗な新緑です。

写真 写真
「道標を発見」 「新緑の中を登る」

 つづら折れの斜面を登りきると鞍部に到着です。
 東床の尾山の頂上は地形図を見るとこの鞍部から南方向に延びる尾根を登れば良いのです。が、ここにも道標が設置されていて東床の尾山の方向は鞍部を超えて左の斜面をトラバースする方向を指しています。
 今回は自然歩道の道標に従って進むことにします。地形図を見ればこの先にも鞍部がありそこから尾根に取りつくようになっているのではないでしょうか?
 鞍部からのトラバースのルートも中々良いコースでした。

写真 写真
「鞍部に到着」 「トラバースも新緑で綺麗だ」

 トラバースが終わると再び鞍部に到着、道標はまたまた左に延びる尾根ではなくて斜面をトラバースする方向を指しています。ここでも道標に従いましょう。
 トラバースしているとルートは徐々に斜面を斜め上の方向に向かい結構な急登になってきました。
 息を切らせながら登りきると尾根に到着、ここにも道標があり東床の尾はやっと尾根の方向を指しています。
 少し登ると尾根からは東の山々がよく見え高竜寺ヶ岳が見えました。今日は遠くまで見えそうな天候です。

写真 写真
「道標は再び斜面をトラバースの方向へ・・・」 「ここからやっと尾根の方向を指した」

 尾根をしばらく登ると右の斜面が開け南西の方向が見えています。氷ノ山や宍粟の山々がよく見えています。尾根を振り返ると木の間から今日登ってきた谷が俯瞰できました。東床の尾山はもうすぐそこです。
 尾根を少し登ると再び道標がありました。そう、2年前にこの道標を見てこのルートがあるのを知ったわけです。2年前はこの尾根を右方向に下って行きました。
 東床の尾山を左に見て道標から15分で頂上に到着です。時刻は12時10分。標高差は何と730m! 

写真 写真
「尾根を登ります」 「やっと目標の道標に到着」

写真
「頂上から北方向」

 頂上で1時間ほど休憩した後いよいよ下山に取り掛かります。
 下山は北の方向に伸びる尾根。でも、その方向には葉も花も付けていない金糸梅が立ちはだかっています。実は金糸梅、由李子が大嫌いな花なんです。
 金糸梅は北側に広く帯びているので回りこむのは面倒くさいから突切ってしまいました。
 突っ切って尾根を下っていると「頂上にいた登山者はどこに向かっているのか不思議に思とるやろなぁ・・・」とやまあそさんがポツリ。

写真 写真
「さぁ下山だ!」 「尾根を真っ直ぐ辿ります。」

 伐採されているところを通過すると左の斜面は植林ですが右の斜面はなかなか良い雰囲気で、更に下っていくと植林帯は無くなりとても良い雰囲気の尾根が続きます。途中尾根上に大きなヌタ場があり水がたっぷりとあります。鹿は水が湧き出る場所を知っているようです。
 下りで最初の分岐はP567の先で左の尾根に乗ります。この分岐まで頂上から45分。
 ここまではそんなに急な斜面ではありませんでしたが、ここからちょっと急な斜面を一気に下ります。落ち葉が豊富で誰かさんが良く滑って声が響きます。

写真 写真
「伐採地を過ぎると良い尾根」 「P567の先はちょっと急だが良い尾根」

 急な尾根を50mほど下ると後は穏やかな尾根となりました。が、穏やかだとコースを間違えやすくなりますので注意しながら下っていきます。
 第2の分岐はP359を通過したポイントです。P359の付近も第2の分岐は尾根がだらっとしているので間違えやすく注意が必要です。
 P359から先ですが、駐車地にダイレクトに伸びている尾根を下る方法とその手前にある尾根を下る方法があります。駐車地にダイレクトに下るほうが良いように思いますが、実は鹿よけの柵が山のふもとに這わせてあるので、下手に下ってしまうとその柵沿いにゲートまで戻らなければならなくなってしまいます。ですから今回は手前の尾根を下ることにしました。
 分岐を左に下ると植林帯に突入。結構な急な下りを走るようにして下ると朝通った林道が見えました。林道近くまで下山するとそこには坑道がいくつかありました。気味が悪いので見ているだけの私とは反対にやまあそさんは中を覗き込み入っていきました。あとでやまあそさんに「出石焼」の原料の採掘跡だったと教えていただきました。
 坑道の見学も終えて15時丁度に下山完了です。

写真 写真
「坑道に入るやまあそさん」 「林道に到着」

 床の尾山系はとても良い雰囲気を持った山で、久しぶりに登れてとても良かった。やまあそさんに感謝です。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル