早朝の鏡池にて

写真

レポート内容 2010年8月6日(金)
天    候 晴れ
同  行  者 由李子

 今日の行程は、鏡平山荘から双六岳、三俣蓮華岳を辿り黒部五郎小屋までで歩行時間は6時間30分の予定です。運がよければ双六岳から西日が差す槍穂高連峰が見れるでしょう。
 深夜トイレに行きたくなって外に出た私は満天の星を見ることができました。明日の天気も申し分なさそうですう。が、ガスはどうでしょうか?
 再び床についた私は浅い眠りにつき朝4時過ぎに目が覚めました。部屋の小窓から外を見るとガスは出ていないようです。
日の出にはまだ早いですが、薄暗い中の槍が見れるかもしれないと思いカメラを持って鏡池に行ってみました。まだ薄暗いのではっきりとした槍が池に写ってはいませんでしたが、しばらく待っていると徐々にあたりは明るくなり池に写る槍ヶ岳を見ることができました。
 由李子にこの景色を見せなければなりません。急いで山荘に戻り由李子を起こして連れて行きました。この景色には由李子も大満足でした。
 しかし、MXFさんと歩いた西鎌尾根は滝雲が出はじめています。今の時点では見栄えは良いですがこのままだと今日の日中はガスが・・・
 山荘に戻り行動食のウィダーインゼリーをお腹に入れて6時10分に出発です。

写真 写真
「鏡池に写る槍ヶ岳」 「双六小屋目指して出発!」

 鏡平山荘からは最初しばらくは少し急な登りですが、登りきってしまうと斜面をトラバースするように登っていきますのでそんなにつらい登りではありません。
 山荘から暫く低い林の中を登っていくといよいよ森林限界になり、急な登りが終わって林から抜けると雄大な槍穂高連峰が目に入ってきました。目を右にやれば、乗鞍岳が綺麗に見えています。
 ここから高山植物が目に付くようになり、ついつい立ち止まってみてしまいペースダウンしてしまいました。

写真 写真
「朝日に輝く槍穂高連峰」 「朝日に乗鞍岳が映えている」

写真 写真 写真
「綿毛になったチングルマ」 「チングルマ」 「クロユリ」

写真 写真 写真
「ミヤマキンポウゲ」 「ミヤマトリカブト」 「ハクサンフウロ」

写真 写真 写真
「ヨツバシオガマ」 「シナノキンバイ」 「コバイケイソウ」

 高山植物を楽しみながらコースタイムの1時間で弓折岳分岐に到着です。ここにはベンチがありますが誰も座っていません。朝露で濡れているからのようで座布団を敷いて由李子を座らせしばし景色を楽しみながら休憩です。本当はあと少し、といってもほんの10m程登れば稜線なのでもっとよい景色で休憩できるのですが、由李子に話しましたが「ここで休む」というので・・・(^^;
 10分程休憩して稜線に出るととてもよい景色です。今までは東の斜面を登っていたので西側の山々は見えませんでしたが、稜線に立って南西を見れば白山が見えています。
 ここから双六小屋まではちょっとしたアップダウンの稜線歩きで所要時間は1時間20分です。
 しばらく歩くと稜線には雪渓が残っていて上を歩くととても涼しく気持ちがよかった。

写真 写真
「遠くに白山」 「雪渓の上は気持ち良い!」

 雪渓を渡るとその先はお花畑で、とても綺麗でした。
 この後、左前方にガスを被った双六岳や高山植物を見ながら稜線を順調に歩き、双六小屋に8時20分に到着です。
 本来であれば、小屋の前のテラスからは鷲羽岳、水晶岳が綺麗に見えるはずなのですが、上部にガスが被っていて残念ながら見えません。
 小屋の前のテラスのテーブルに座って朝食とします。とりあえず私はビールを飲んで一息つきました。

写真
「お花畑とガスを被った双六岳」

写真 写真
「ガスに覆われる双六岳と鞍部に双六小屋」 「小屋に到着」

写真 写真 写真
「ヤマハハコ」 「ハクサンイチゲ」 「カンチコウゾリナ」

写真 写真 写真
「コウメバチソウ」 「ミヤマシシウド」 「テラスにて」

 小屋のテラスで1時間程休憩して双六岳目指して9時15分に出発です。
 小屋からハイマツの少し急な登山道を10分ほど登るとフラットになり完全に森林限界を超えたようでハイマツもなくなりました。しばらく歩くと双六岳への登山道と三俣山荘に向かう巻道との分岐に到着です。
 ここを左に進んで双六岳に登ります。しばらく岩場を登っていくと、小さな看板が置いてあり、「この先の夏道は雪渓がまだあり危険なので中道を利用してください。」とあります。が、見上げると雪渓は小さいので戻るよりも進んだ方が良いのでこのまま登ることにしました。
 雪渓の上部の岩場を通過してしまえば夏道は全く問題ありませんでした。右に目をやると先ほどまでガスを被っていた鷲羽岳がようやく頭を出しています。が、その先の水晶岳はまだガスの中です。
 小屋から50分で登りは終わり穏やかな稜線となりました。さて、槍は見えるでしょうか?振り返るのを我慢してしばらく稜線を歩き、いよいよ振り返ります!

写真 写真
「分岐に到着」 「鷲羽岳がようやく頭を出した」

 
 なんと!西鎌尾根に発生したガスが邪魔をして槍ヶ岳が隠れてしまっています! 由李子にここからの景色を見せてやりたかったのですが、残念です。しかし、見えないのは槍穂高連峰だけで笠ヶ岳や鷲羽岳などはとてもよく見えています。黒部五郎は・・・
 そして、小屋から1時間10分で双六岳の頂上に到着、時刻は10時25分。ここで景色を見ながらしばらく休憩です。由李子はネクター、私はビールで乾杯です。

写真 写真
「槍が見えない・・・」 「もうすぐ双六岳頂上」

写真 写真
「双六岳に到着」 「頂上での〜んびり」

 双六岳からの景色を30分ほど楽しんで三俣蓮華岳に出発です。
 三俣蓮華岳までの所要時間は1時間ですが稜線には少しアップダウンがあり結構足にくるコースです。しかし、三俣蓮華岳から黒部五郎小屋への道のりは下りばかりなので、三俣蓮華岳まで行ってしまえば今日の行程は終わったといっても良いでしょう。
 双六岳からはいったん下ると最低鞍部で中道との分岐があります。そこから再び丸山へ登り返せば三俣蓮華岳までもう少しです。が、再び下って登り返しです。
 稜線では本来であれば左に雄大な黒部五郎岳が聳えているはずです。が、残念ながら西方向は厚いガスに覆われていて全く見ることができません。しかし、右方向はどんどんガスが取れてきて、鷲羽岳や水晶岳が良く見えています。
 稜線は、ウサギギクやタテヤマリンドウ、チシマギキョウが豊富で、高山植物や裏銀座の景色を楽しみながら歩き、12時12分に三俣蓮華岳に到着です。所要時間は1時間10分でした。ここには3本の三角点が設置されています。
 これまで眺めてきた景色と変わったのは、これまで三俣蓮華岳に隠れていた薬師岳や雲の平が見えることです。

写真 写真
「西側はガスだけど裏銀座は良く見えた」 「丸山を通過」

写真
「三俣蓮華岳に到着」

写真 写真 写真
「タカネヤハズハハコ」 「ミヤマダイモンジソウ」 「ウサギギク」

写真 写真 写真
「タテヤマリンドウ」 「コガネギク」 「チシマギキョウ」

写真 写真 写真
「イワツメクサ」 「ゴゼンタチバナ」 「三俣蓮華岳にて」

 頂上からしばらく景色を楽しんで黒部五郎小屋に向かいます。黒部五郎小屋までの所要時間は1時間30分で、14時30分頃に到着の予定です。
 三俣蓮華岳から下ること25分で黒部乗超に到着、ここを右に進めば三俣山荘です。少し喉を潤して黒部五郎小屋に向かいます。
 一昨年の秋に初めて黒部五郎岳に行きましたが、ここから黒部五郎小屋までの下りはとても印象的でした。
 黒部乗越からしばらくは黒部五郎岳を正面に見て尾根を緩やかに下って行きますが、ハイマツが厚くなってくると急な下りになって、奈落の底まで下ってしまうのではないかと思うほど長い下りを歩いたことを思い出します。そして、下れども下れども小屋は一向に見えず、また再びこの下りを登り返さなければならないのかと思ってゾッとしました。ですから、由李子には前もって話しておく方が良いと思ってその時の話をしながら下りました。由李子も「本当に下るね〜!」と言っています。
 途中、由李子がライチョウを見つけましたが写真には間に合いませんでした。残念!
 そんな登山道を延々と下るとガスの中に赤い屋根が見えてきました。ようやく小屋に到着です。時刻は14時15分、黒部五郎乗越から1時間の下りでした。
 小屋で受付を済ませてテントを設営、後はビールを飲んだりしてゆっくりと寛ぎました。

写真 写真
「黒部乗越に到着」 「左奥に赤牛岳が見えている」

 

写真 写真
「どんどん下る」 「小屋に到着」

写真 写真
「天場にて」 「寛ぐ・・・」

 夏山の第2日目が無事終わりました。明日は黒部五郎岳をピストンして双六小屋まで戻ります。三俣蓮華岳から双六岳の間で、OAPさん、やまあそさんと無線交信の予定です。

Home

メイル