西脇市

白山 妙見山
写真 写真

山 行 日 程 2010年12月11日(土)
天   候 曇りのち雨
同 行 者 やまあそさん

 今日はやまあそさんと西脇市黒田庄の白山と妙見山に登ってきました。
 やまあそさんの話では、法道仙人が開かれた黒田庄の荘厳寺から尾根を伝って西光寺を経由しながら社町の国宝朝光寺まで修験のルートがあったそうです。朝光寺については、その昔三草山の少し下の権現山にあったとのことで今年の2月にやまあそさんと登りました。
 その修験の尾根を何回かに分けて荘厳寺から朝光寺まで行ってみようということになり、今回、荘厳寺から白山、妙見山を経て黒石ダムの比延峠まで歩く予定です。
 比延峠に私の車をデポして一路荘厳寺に向かいます。荘厳寺の駐車場は広く綺麗なトイレもあり、お寺の前の説明書には「宝暦年間(1751〜)には社町の朝光寺と鴨川の西光寺(廃寺)を行場とする権現信仰の修験道の寺として交流していたことが伺われる。」とあります。準備を整えて8時40分に出発です。
 まずは古い修験道を辿って白山まで登ります。荘厳寺に向かう途中に案内標識があり、荘厳寺から白山に向けて点線が引いてありましたがはてさて道はあるでしょうか?
 古い修験道はお寺の右側から続いていて石畳の参道を歩いていきます。

写真 写真
「荘厳寺を出発」 「本尊への参道を歩く」

 参道を5分ほど歩くと本堂に到着です。左手に梵鐘、正面に本堂、そして右の平地に多宝塔があります。
 梵鐘には慶安二(1649)年と書かれた札があり361年も昔の鐘です!本当にそんなに古いものなのでしょうか・・・
 石段を登って本堂を見ると、結構痛んでいます。札には「慶長十六年(1611) 本尊 十一面観世音菩薩」とあります。中を見ようとしましたが扉は硬く閉ざされていて見ることは出来ませんでした。

写真 写真 写真
「梵鐘」 「本尊」 「多宝塔」

 修験の道は本堂の右側から入っていきますが、枯れた沢を登っていきますと砂防堤が造られています。右の斜面を登って砂防堤の上に立ち先を見ますが道らしきものは全く見当たりません。しかし、行くしかありません。
 枯れた沢はゴロゴロの谷になり、歩きにくいこと歩きにくいこと。それと、明確な谷ではないので修験道の痕跡も見つからず、あっちかなこっちかなとウロウロして谷を登っているきます。
 GPSで白山の南の鞍部を確認して一気にその方向に闇雲に登って行きますと目の前に石積みが現れました。この石積みは権現跡でここで護摩焚をしていたそうです。

写真 写真
「本堂の右から」 「権現跡に到着」

 傍らの木に白いプレートで「権現跡」と書かれた白いプレートがその地を示していますが、尾根上にある平坦地なので正規ルートで白山に登る人はほとんど気が付かないのではないかと思います。
 時刻は9時35分、なんと1時間弱も掛かってしまいました。この後正規ルートで白山、妙見山と辿ります。
 権現跡からちょっとした岩場を越えると白山と妙見山の分岐に到着、まずはここを左に曲がって白山に登ります。ほんの一登りで白山に到着です。
 白山頂上よりも少し西に行ったところからの眺望がよいので行ってみます。
 南西の方向に視界が開け左には西光寺山、目を右にやれば瀬山、大阪山が見えています。あそこまで歩くとは結構遠い・・・

写真 写真
「ちょっとした岩場を登って」 「白山(510m)に到着」

写真
「南西方向の眺望」

 目を右下に向けると荘厳寺の側にある老人ホームの赤い屋根が見えており、そこから少し目を引くと荘厳寺の本堂の屋根も見えています。
 今日は長丁場、先を急ぎましょう。
 一度白山の頂上に戻って分岐まで下り左に折れて妙見山に向かいます。このルートはふるさと兵庫50山の正規ルートなのでよく踏まれていてなんら問題ありません。
 暫く歩いていると雨がポツリポツリと落ちてきました。白山から40分ほど歩きやすい正規ルートを歩くと分岐に到着。ここは十字路になっていて左に進むとおおたわを経由して荘厳寺へ、右に進むと妙見堂に、真っ直ぐ進むと妙見山です。

写真 写真
「歩きやすい正規ルート」 「十字の分岐に到着」

 真っ直ぐ妙見山に登ってもよいのですが、以前来たとき妙見堂に立ち寄らなかったので妙見堂に行くことにします。
 妙見山をトラバースするように巻き道が続いており少し歩くと分岐に到着。ここは「つえたて」というそうだ。ここを左に折れて登ると妙見山に行きます。お堂はまだ少し先。
 妙見堂への道はほとんど水平で歩きやすくつえたてからはほんの2分ほどで妙見堂に到着。説明書には、毎年七月の土用の丑の日に星祭りというのが行われていたらしく、妙見さんは牛馬の守護神とされていたのでそのお祭りには牛馬を連れてここまでお参りに来ていたそうです。

写真 写真
「つえたて」 「妙見堂」

 時刻は既に11時を迎えようとしていますので先を急ぎます。
 つえたてまで戻って妙見山に登っていきます。ほんの5分ほど登ると先程の十字路分岐からのコースと合流、そこを右に折れれば妙見山頂上に到着です。
 妙見山には三等三角点があり標高は622mです。残念ながら全く眺望はありません。そういえば前に来たときはもっと鬱蒼としていたような気がしますが、木々が生長したためか少し明るく感じます。
 妙見山と言えば、能勢妙見山、中町妙見山がありますが、やまあそさん曰くその三山は一直線で繋がるらしい

写真 写真
「つえたてからの登り」 「妙見山に到着」

 妙見山は3つのピークがありますが、その中央にあるピークが一番高くなっています。やまそさんによれば、そこは昔米の相場が決まったら旗を振って村に連絡していた場所だそうです。そのピークには赤く塗られた標識が転がっていて「稲谷展望所」と書いてありました。
 さらに東に進むと三つ目のピークで直径10mほど刈り込んであって「まばお」書いたステンレスのプレートが置いてありました。妙見山といい稲谷展望所といいまばおといい眺望はあまりよくないのでいったいどこが旗振り場だったのでしょうか?

写真 写真
「稲谷展望所」 「まばお」

 ここに来て雨が少し強くなってきました。まだまだ先は長いのに何ということでしょうか・・・
 今日の天気予報では、北部は雨で南部は曇り。この地は丁度中間点、何とか持ってくれればと思ったのですが段々と悪くなる予報なので残念ですがやまあそさんと相談して中断することにしました。
 中止と決まればとっとと帰りましょうと言うことで、尾根の正規ルートを辿って十字分岐まで戻りおおたわを経由して荘厳寺に戻ることにします。
 十字の分岐には20分ほどで到着、分岐を右にとっておおたわに向かいます。よく歩かれているようで結構掘れていて道はU字なっています。自然林から植林に変わるとおおたわに到着です。そこには右に進めば山南町、左に進めば黒田・荘厳寺の標識がありました。真っ直ぐ進めば天狗山へのルートとなるそうです。
 このあとお腹も空いたので食事をして荘厳寺には12時50分に到着です。

写真 写真
「よく歩かれているおおたわへの道」 「おおたわに到着」

 雨で残念な結果となりましたが、これから寒くなる時期なので丁度良い目標が出来ました。やまあそさんこれからもよろしくね。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル