西脇市

白山 妙見山
写真 写真

山 行 日 程 2010年12月19日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 やまあそさん

 先週、法道仙人が開かれた黒田庄の荘厳寺から白山と妙見山に登りました。目的は、荘厳寺から尾根を伝って社町の国宝朝光寺までの修験のルートを辿ることでした。とても長い距離なので何回かに分けて走破する第1回目で、荘厳寺から比延峠までの予定でしたが雨であえなく撤退、今日はその続きを歩いてきました。
 今日は荘厳寺からではなく門柳の住吉神社からふるさと兵庫50山の正規ルートを辿って妙見山(まばお)に登って修験の道に入ることとします。前もって先週と同じく比延峠に私の車をデポしておきます。
 住吉神社からは以前由李子と一緒に登ったことがあり、神社に到着するとその記憶がよみがえってきました。そのときは神社の鳥居前に車を駐車しましたが、現在はその一段上に駐車場が出来ており、綺麗なトイレもありました。広くてゲートボール場も備えておりお爺さんお婆さんの社交の場となっているようです。
 準備を整えて8時45分に出発です。
 前回何処から登ったのか記憶が無く、地形図の点線を探してウロウロしましたが、社務所の方向に歩いていくと墓場にでました。そういえばこの道を歩いたことを思い出し正規ルートに合流です。

写真 写真
「住吉神社の駐車場」 「神社の西にある林道に合流」

 林道を暫く歩くと右に細い道があります。標識がしっかりしているので間違えることはありません。その小道に入ると「そういえばこの道だった、でも確かこの先にはシダ地獄があったような気が・・・」と思いだしました。
 よく踏まれた正規ルートを順調に歩いているとウラジロが出てきました。まだ足元に少し生えているくらいで問題ありませんが、登るにつ入れてよく踏まれた登山道は両サイドの斜面が競り上がって両方からシダに包まれてしまった記憶があります。当時小学生だった由李子は首から先しか出ていなかったと記憶しています。
 自然林の林が薄くなるとザレた斜面となり、西方向に視界が開けた場所に出ました。見れば尖った白山が前方に見えており、目を左にやると何と西脇の市内は雲海に包まれているようです。ちょっと俯瞰が浅いので見栄えが悪いですが、もう少し高度を上げれば綺麗に見えるだろうと話して先を急ぎます。

写真 写真
「妙見山登山道入り口」 「視界が開けて白山方向を見る」

 正規ルートを暫く登っていると記憶のとおり登山道の両サイドが競りあがってきました。しかもウラジロが大きく成長しているので登山道は花道のようにウラジロに包まれていて胸の辺りまで覆ってきます。朝露でズボンも服もしっぽりと濡れてしまいました。
 シダの登山道が終わると登山道もにわかに急になってきました。こんな急な登りがあったかと思いながら登っていくと徐々に尾根は緩やかになってきました。登っているとやまあそさんが「何処かに『かぎかけ岩』という岩があるはずなんだけど」と教えてもらい、以前由李子と登ったときは全く気付きもしなかったなぁ。
 緩やかな尾根を登っていると左側に大きな岩に到着。『かぎかけ岩』と標識が建っています。やまあそさんによれば、山仕事の人たちが安全と恵みを呼び込むために三叉の枝を投げて木にひっかけたのが始まりなのだそうで神社の鳥居に石を投げて乗せたのと同じだそうだ。

写真 写真
「ウラジロの海」 「かぎかけ岩」

 かぎかけ岩を通過して少し登ると「つえたて」の分岐に到着。登り始めて1時間が経過しました。
 この分岐を左に進めば白山へ、真っ直ぐ登れば妙見山です。今回は右に曲がって妙見堂を経由して「まばお」に向かいます。
 ほんの少し歩くと妙見堂に到着。先週となんら変わりは無いのでスルーします。
 妙見山の下を巻くように植林帯の登山道を暫く歩くと尾根に到着し、その尾根を一息登るとまばおに到着です。頂上からは綺麗な雲海を見ることが出来ました。時刻は丁度10時です。

写真 写真
「てたて分岐に到着」 「まばおに到着」

写真
「西脇市内方面」

 さて、ここからが前回の続きです。これから西脇市と丹波市の境界尾根を辿って比延峠まで歩きます。まばおから東に向かいますがここからルートはありません。アセビの木を掻き分けて出発です。
 まずは「天徳山」を目指します。読みは「テンロク」だそうです。また「門柳山」とも言うそうです。そこから大樅峠に下ります。
 まばおからの入り口がアセビだったので薮かと思いきや自然林の良い尾根でとても歩きやすい。「こらから尾根歩きなのでアップダウンもそんなにないし」と言うと「その先に大きなアップダウンがあるんやで〜」とやまあそさんの反撃を受ける。
 まばおから15分ほど歩くと鞍部に到着。地形図では門柳と谷川を点線で結んおり、昔は行き来のあった峠のようです。しかし西脇側にも篠山市側にも踏み跡は全く見られませんでした。エスケイプルートとして下るのには問題ないと思われます。
 鞍部から暫く歩くと三角点に到着、標高487.2mの四等三角点点名「平石」です。

写真 写真
「なかなか良い尾根歩き」 「点名「平石」に到着」

 尾根を歩きながらやまあそさんが「この尾根の上に『金剛童子』という場所があるらしいので探してよ!」と話してくれました。そのときは「はいはい」と返事をしていましたが、そもそも『金剛童子』とはなんぞや?帰って調べてみると木曽御嶽山8合目に金剛童子があり、そこでは古来、登山する道者たちはワラジを必ずそこで履き替えたそうです。まあ、荘厳寺からすぐなのでワラジを履き替えなくても、この修験の道にも金剛童子を祀った場所があったということなのでしょう。
 金剛童子を探しながら尾根を歩くもののそれらしきもの、場所は見当たらない。そうこうしながら歩いていると三角点に到着。三等三角点点名「平石」(標高620.1m)です。先程の四等三角点と同じ名前です。基準点成果等閲覧サービスには詳しく書いていなかったので何故同じなのかは不明です。この三角点のピークは、『天徳山』または『テンロク』だそうでどちらも山南町側の呼びらしく黒田庄では門柳山と呼んでいるそうです。

写真 写真
「金剛童子を探しながら良い尾根を歩く」 「点徳山に到着」

 天徳山から大樅峠に向かいます。少し東にすすむとピンクテープが行く手を阻むようにとうせんぼしています。ここから右に折れて下れということです。そう、下れば大樅峠です。
 この尾根からの下り、何と急なことでしょうか!よく踏まれてU字に掘れている登山道は落ち葉が堆積して滑りやすくなっていますので危険極まりない。気をつけながら慎重に下るもののやまそさんはわーわー叫びながら下っています。
 四苦八苦しながら急な下りを下りきれば大樅峠に到着です。時刻は11時40分です。
 大樅峠の回りは伐採されていて新たな植林がされています。やまあそさんによりますとサントリーと黒田庄が『天然水の森 ひょうご西脇門柳山』と称してこの周辺を整備しているとのことです。

写真 写真
「尾根歩きはここでおしまい」 「大樅峠に到着」

 実は結構お腹も空いています。本当はもっと早く食べたかったのですが、やまあそさんがこの大樅峠に下りそして南側の尾根に登り返すには「満腹係数が小さくないと登りきれない」というのでお預けになっているのです。たしかに、この150mの激下りと150mの登り返しは結構きついと思われます。
 その急な登り返しを登りながら右の方向を見ますと妙見山と白山が綺麗に見えました。特に白山が尖って見えたのがとても印象的でした。
 20分掛けて登りきって緩やかになると分岐に到着。テープが無ければ見過ごしてしまいそうです。本来であればこの分岐を左に進むのですが、真っ直ぐ進んだところにあるピーク「ササワラ」に行って食事をすることにします。
 ササワラの頂上は開けていますが残念ながら眺望はありません。

写真 写真
「妙見山ととがった白山が見えた」 「登りきると分岐」

 30分の昼食休憩を終えて12時35分に再出発です。
 地形図を見ればここまで今日の予定の約半分です。掛かった時間は3時間30分。つまり順調に行って下山は4時ということです。
 先を急ごう・・・
 先程の分岐まで戻って尾根を辿ります。次の目的地は大呂峠です。そこから高山、猿藪を辿って比延峠です。
 分岐を右に折れて暫く歩くと右手に鹿よけネットが現れました。そのネットに沿って進むものの少しずつ薮っぽくなってきました。サルトリイバラもでてきて手袋を履いているやまあそさんは引っかかって苦労しています。でも、やまあそさんの知り合いが最近刈り込みをしてくださったそうで、それが無ければもっと苦労していたでしょう。
 途中前方に大きく高山が見えました。「あれを登るのか・・・」と思うほど聳えています。
 尾根を歩きながら篠山市街移動中のIRCさんと無線でしゃべったりしながらササワラから30分で大呂峠に到着です。
 大呂峠にはお地蔵さんが立っていて「南向き地蔵」というそうです。

写真 写真
「薮っぽくなってきた」 「大呂峠に到着」

 少し歩くと紅い標識が木に取り付けてあります。見れば尾根から外れて左に下れば「首切地蔵」と書いてあります。尾根の北側には首切地蔵尊があり、そこは源氏と平家にまつわる伝説が残されています。その地蔵には首から上が無く、それは丹波に逃れてきた平家一門に連なる公卿やお姫様たちが、この地の首切沢で処刑されたことに由来すると伝えられているそうで、首切地蔵尊は首から上にまつわる願い事がかなうとされていて、病気回復祈願や受験生の入試合格祈願に参拝者が訪れているそうです。
 篠山市側は植林で西脇市側は自然林という尾根はとても良い尾根で気持ちよく歩けます。
 送電線鉄塔を通過し暫く歩くと分岐です。この分岐は判りづらいので注意が必要です。というのも、送電線鉄塔の火の用心がネット沿いに南の方向に向かっていますが、市境尾根は左に折れています。
 大呂峠から30分でいよいよ高まへの登りが始まります。水平距離は400メートルなのに標高差は170mもあります。この激登りを20分掛けて四等三角点点名「高山」(659.9m)に到着です。
 高山からは東方向に展望があり正面に尖がったピークが見えています。それは、今田町にある標高620mのトンガリ山です。本当に尖っています。その奥には羽束山、大船山が霞んでいますが見えています。

写真 写真
「間違えて当たり前の分岐」 「高山に到着」

 今日は結構ある標高差を登りました。最初につえたてまでの400m、三頭三角点平石への170m、大樅峠からササワラへの150m、高山への170mと登ってきました。でも、大きな登りはこれで終わりです。
 現在の時刻は14時というのに山はもうたそがれ時の雰囲気が漂っています。先を急ぎましょう。
 次の目標は猿薮です。名前が名前なのでやまあそさんに「薮なん?」と聞くとそんなことは無いとの返事で安心しました。
 植林であった山南町側は高山への登りから自然林となっており激登りを除けばとても良い尾根です。この良い雰囲気は高山からも続いていました。
 高山から10分ほどで尾根が二つに分かれています。白い標識には「地蔵の森公園」と書かれているので左に行けば首切り地蔵尊へ下って行くようです。ここを右に折れて猿薮に向かいます。
 分岐から猿薮へのルートはとても良い尾根でした。冬の穏やかな日差しを受けてとても気持ちの良い尾根歩きでした。
 猿薮への登りはちょっと急でしたが10分ほどの登りで案外あっさりと登ってしまいました。

写真 写真
「穏やかな日差しを受けて歩く」 「猿藪に到着」

 猿薮から西を見ると高山が聳えています。
 ここまでくればもう走破したのも同じ、あとは比延峠を目指します。
 猿藪からの下りは激下りです。それもザレているので気をつけないと滑ってしまいそうです。こういった場所が苦手なやまあそさんはへっぴり腰になっています。何とか滑らないで下りきればこの後は小さなアップダウンのみで楽勝です。
 猿藪から下りきってピークを一つクリアすると岩場が出てきました。ちょっと登ってみると岩は二つあり、岩を辿って二つ目の岩に登ってみるとその先は切れていて降りることは出来ませんでした。その昔この岩の上で修験者は修行をしていたのでしょうか?やまあそさんによればこの岩「天狗岩」と大柿さんのレポートに書いたあったそうです。

写真 写真
「猿藪からの激下り」 「天狗岩に登る」

 
 天狗岩の右側を巻いて尾根に戻り穏やかな尾根を15分ほど歩くと四等三角点点名「消防山」(542.5m)に到着。黄色い電子タグが取り付けてあります。でもこのタグ、接着剤で付けてあるのですがなんとも接着力が弱い。少し力を入れるとポロリと取れてしまうのでいらわないのが懸命です。
 先程も書きましたが、まばおからの三角点二つはどちらも点名が「平石」でした。実はこの山は平石山という山名だそうでなんともややこしい。
 平石山からは穏やかな下りの尾根を下っています。が、最後の峠の手前が薮っぽくて少し難儀しました。
 順調に歩いて15時35分に比延峠の法面に到着です。

写真 写真
「平石山に到着」 「比延峠に下山完了」

 結構な長丁場の山行でしたがとても楽しく歩くことが出来ました。やまあそさんに感謝です。
 さて、これから朝光寺までは残り75%です。完走するには後何回?
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル