宍粟市(西粟倉村) 駒の尾

写真

山 行 日 程 2011年1月8日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 mkさん、OAPさん

 2011年の初登りの山はOAPさんにお誘い頂き宍粟市の雪山になりました。当初三室山に登ろうとしていましたがあまりにも天気が良いので景色の良い駒の尾に急遽変更しました。
 宍粟市千種町西河内まで道路上に雪はありませんでしたが、集落を抜けるとうっすらと路上に雪が残っていました。
 鍋ヶ谷林道入り口の500m手前の広場に駐車して準備を整えて9時40分に出発です。暫く県道を歩いて駒の尾登山口に向かいます。
 登山口でスノーシューを履いていよいよ駒の尾向けて出発です。時刻は9時48分。
 年末一気に降った雪は多く結構積もっています。また昨日来の雪で新雪となっています。沈み込みは20〜30cmくらいで歩行には問題ありませんが、さてこの先はどうでしょうか?暫くは植林帯の中を歩いていきます。

写真 写真
「駒の尾登山口」 「植林帯の中を歩く」

 新雪であることと今日は気温が結構低いので雪はサラサラのパウダー状態。そのためとても気持ち良い雪上歩行です。
 駒の尾への正規ルートを辿りながら斜面をトラバースして徐々に高度を上げていきますと積雪はどんどん深くなってきました。登り始めは少なかった沈みこみも徐々に深くなり膝までが普通になり、吹き溜まりのちょっとした斜面などでは股まで沈むほどになりました。3人でトップを交代しながら進んでいきます。
 登山口から1時間30分ほどで大海里峠直下の谷に到着です。本来であれば少し手前の尾根を登るのですが、雪のときはこの谷を詰めて大海里峠に登ってショートカットします。この谷は植林が終わるポイントなのでわかりやすいポイントです。

写真 写真
「トラバースしながら高度を上げる」 「大海里峠に向けて谷を登る」

 でもこの谷ちょっと傾斜がきつい所があるのが難点です。
 この谷も3人で交代しながら30分掛けて大海里峠に到着です。これで再び正規ルートに戻りました。でも、大海里峠からは最後の急登が待っています。
 登りきりますと尾根は緩やかになり、暫く歩くと東の方向に視界が開けます。そこでは綺麗な樹氷を見ることが出ました。更に進むと天児屋、くらます、氷ノ山、三室山が綺麗に見えました。

写真 写真
「急な谷を登る」 「綺麗な樹氷の山並みが見えた」

写真
「左奥に氷ノ山、その手前は天児屋、大通峠の向こうに赤谷山、そして右にガスを被った三室山」

 眺望のよさに足が止まってしまいましたが先を急ぎます。
 木に積もった雪のトンネルを抜けると、雪原の中の木々が樹氷となって立っています。絶景です!
 綺麗な樹氷を写真に収めながら小屋の方向に進んで行きますと前方に雪に埋もれた小屋が見えてきました。

写真 写真
「樹林帯から抜け出ると綺麗な樹氷」 「雪に埋もれた小屋が見えた」

 小屋には12時34分に到着。何と3時間も掛かってしまいました。樹氷を楽しんでペースが落ちたといっても結構掛かってしまいました。
 小屋の前の分岐から後山方面を見ますとこれまた絶景です!

写真
「東の山並みがすべて見える」

 さていよいよ頂上です。誰も踏んでいない雪の絨毯が敷き詰めてあります。何処を通ってもOK!ところが、根雪が無いまま降り積もった雪の下には懐を抱えたチシマザサが潜んでいるらしく、夏道を外れたところを歩くOAPさんは時々深く沈みこんでしまっています
 そして、12時40分に頂上に到着です。木のない頂上というのに結構な積雪で勇に110cmはありそうです。

写真 写真
「駒の尾への最後の登り」 「駒の尾に到着」
(右下は中学2年のときの由李子です)

 折角の眺望なので小屋ではなく景色を見ながら食事をしました。寒いのに景色に見とれて私も、OAPさんも無線をするのを忘れていました。
 登っているときの最低気温は氷点下2度ほどでした。そのおかげで陽が差していたのにもかかわらず樹氷が解けず済みました。でも午後になって陽が時々差すものの気温は上がらず1度をちょっと上回っている程度です。
 ゆっくりしていたいのですが下山に取り掛かります。下山は大海里峠から谷を使って一気に鍋ヶ谷林道まで下ります。
 千種の山々、そして樹氷の景色を惜しみながら登ってきたルートを下ります。雪のときの下りは夏とは違って足場に困ることが無いのでとても速く下ることができます。登りのときに正規ルートからはずれた大海里峠直下の谷にわずか30分で到着です。ここから頂上まで1時間30分掛かったことを考えるといかに下りは楽で速いかということです。

写真 写真
「後山はガスを被ったまま」 「谷を使って鍋ヶ谷林道に下る」

 ここからの下りで迷うことはありません。ただ、この谷は左岸、右岸が広くなったり狭くなったりとするので沢を右に左にと幾度か渡らなければならず注意が必要です。しかしこの下りが一番速くて便利です。
 正規ルートの分岐から20分ほど下ると作業道と思われるところに出ました。昨年の春には無かったと思いますが雪の下には確かに作業道が造られているようです。
 この作業道を下れば楽だと思ったのが間違い。所々作業道を横切る水の流れが雪を溶かしていてるので120cmほどのクレパスのように道を寸断しています。そうこうしながら正規ルートから外れて30分ほど下って鍋ヶ谷林道に到着です。
 この後林道をのんびり歩いて県道に14時53分に到着です。

写真 写真
「作業道に合流」 「鍋ヶ谷林道に到着」

 今年の初山は思いもかけない良い雪山でした。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル