宍粟市

三室山

竹呂山

写真 写真

山 行 日 程 2011年2月26日(土)
天   候 晴れ
同 行 者 やまあそさん

 天気予報によれば今週の土曜日も快晴との予報です。先週はテレマークスキーで戸倉峠から三ノ丸を往復しましたが、さて今回は何処にしようかと思案し、とりあえず三室山から大通(オドレ)峠を滑走しようかと考えていたところ、やまあそさんが休みなのだがどこに行くのかと連絡が入りました。そこで計画を伝えると、「スノーシュー探すわ!」との返事。それならばと車も2台あるので念願の三室山〜カンカケ越の縦走を決行することにしました。
 私の車をカンカケ林道入口にデポして三室キャンプ場に向かいます。竹呂林道入口の除雪してあるところに車を停め、準備を整えて8時20分に出発です。
 雪が少ないので暫くスノーシューを持って歩きます。今年はとても降雪が多かったのでキャンプ場跡地にも沢山の雪があるのかと思っていましたが、案外少なく一部地面が見えています。ここでスノーシューを履いて登ります。
 暫く樹林帯を歩くと林道に抜けました。見れば10本か12本爪のアイゼンを付けたつぼ足の足跡があります。確かに雪は締ってはいますが、踵以上沈んでしまっているところもあるのでスノーシューは必携です。
 順調に歩いて9時8分に三室山登山口に到着、先行していたつぼ足の男性がワカンを着けているところでした。

写真 写真
「雪が少ないキャンプ場跡地を抜ける」 「三室山登山口に到着」

 積雪時に三室山に登るルートは夏道を通らず、ちょっと急ではありますが登山口の左側から伸びている尾根に取り付き一気に登ってショートカットします。今シーズン初めてのスノーシュー登山のやまあそさんはヒーヒー言いながら登っています。この急な登りも一度緩やかになり再び急な登りをクリアすれば1段階目が終わりです。
 暫く登っているとどうもスキーのあとがうっすらと付いているのが見えました。「やまあそさん、スキーの跡がある」「うそやろ!こんな急なところスキーで登れるん?」と話しながら登っていると前方に山スキーの男性がシールを付けて登っているようです。
 登山口から30分で尾根を登りきって夏道に合流です。

写真 写真
「急な登りにあえぐやまあそさん」 「尾根を登りきって夏道に合流」

 やまあそさんはヒーヒー言っていますがここまでは序の口、大きな岩がある所までは杉の植林の中をつづら折れに登って行きます。
 しっかりとしたトレースがあるのでルートを迷う心配はありません。それも股座までもありそうな深いつぼ足もあります。
 夏道に合流してから植林帯を20分ほど登るとちょっとした展望台に到着、振り返れば日名倉山から後山、舟木山、駒ノ尾、長儀山、天児屋山が一望です。
 大岩がある場所まではもう少し登らなければなりません。杉の植林帯の中のトレースを辿りながら登って行きますと斜面が穏やかになり大岩に到着しました。本来ならこの大岩を左から巻いていくのが普通ですが今日は雪が良く締まっているので私は登ってみました。

写真 写真
「しばし千種の山々を楽しむ」 「大岩を乗り越える」

 大岩を過ぎると三室の頂上に向けてまっすぐに伸びる尾根に出ます。本来であればこれは左の斜面を穏やかに登って行くのですが、今日は雪が良く締まっているのでこの尾根を登ることをやまあそさんに提案。一旦は却下されたものの何とか説得して登ってみました。
 高所恐怖症のやまあそさんはまたまたワーワーヒーヒーキャーキャー言いながら登っています。後ろから見るとへっぴり腰で面白い・・・
 急な尾根を登りきるといよいよ鎖場です。積雪時のここの鎖場は何回登っても難所です。やまあそさんは鎖場をトラバースするのが嫌だと右の尾根に取り付きました。

写真 写真
「わーわーぎゃーぎゃー」 「鎖場への登り」

 鎖場を過ぎて穏やかに尾根の左をトラバースして少し登ると頂上に向けての尾根が一面に開けました。見れば霧氷も残っており、青空に映えてとても綺麗です。
 振り返れば先ほど見た千種の山々が更に良く見えています。そして、沖ノ山の奥にははっきりと大山が見えています。頂上からの景色を見たいので急ぎます。

写真 写真
「頂上への最後の登り」 「霧氷が綺麗です!」

 登り始めてから2時間20分、10時40分に三室山頂上に到着です。
 360度の大パノラマです。

写真 写真
「三室山頂上に到着」 「沖ノ山の向こうに大山」

写真
「沖ノ山から東山、くらますが一望」

写真
「扇ノ山から氷ノ山が美しい」

 いくら見ても飽きません。が、カンカケ越まではまだ遠く、またカンカケ林道でデポ地まで歩かないといけないのでゆっくりともしておれません。先を急ぎましょう。
 登ってきたルートを少し戻り竹呂山への尾根に入ります。見ればうっすらとトレースが残っています。先週のOAPさん、MXFさんのものでしょう。
 竹呂山に向かうこの尾根はとても素晴しいの一言に尽きます。広い雪の尾根に立派なぶなが立っています。雪が無ければただのチシマザサの激藪ですが、雪はそれを覆い隠し全くの別世界としてしまいます。

写真 写真
「これから歩く竹呂山への尾根」 「とても美しい尾根」

 おなかも空いてきたのでぶなの木の下で日向ぼっこをしながら昼食をとることにしました。風も無く穏やかでしたが、時々東からの風が冷たく気持ちが良かった。
 45分程休憩をして竹呂山目指して出発です。
 目の前には尖った標高1300mのピークがあります。以前、今回の逆コースである竹呂山から三室山に登ったときはこのピークを東側にトラバースしましたが、やまあそさんがトラバースは嫌だというので乗り越えることにしました。でも良く見れば登りやすそうで一気に乗り越えてしまいました。
 ピークを乗り越えると下りの雪原の尾根が広がっておりととても良い場所で二人とも感動! 

写真 写真
「1300mの尖がりピークを乗り越える」 「ピークを越せばすばらしい尾根」

写真
「尾根を振り返る」

 穏やかな尾根を下っていると右前方に日名倉山、後山、駒ノ尾山が良く見えています。
 尾根を下りきるとP1198の登りにやってきました。ここではピークに登ってもそこから左に下っていくのでトラバースしたほうが楽チン。私はトラバースしましたが、何故だかやまあそさんはピークに登ろうとしている。やはり真面目なやまあそさん、私と違って尾根を歩き通し続けるらしい・・・

写真 写真
「日名倉山から駒ノ尾山までよく見えている」 「前方にP1198の登り」

 P1198を通過し尾根を下っていくととてつもなく大きなブナが立っています。何と大きなブナでしょう、ここまで大きくなるのには何年掛かるのでしょうか?
 檜の植林が右側にちらほら出てくると鞍部に到着し竹呂山の正規ルートに合流です。右に下れば林道に出ます。先週、OAPさんたちは竹呂山に登られた後ここから下られています。
 竹呂山まではもう少しと思いながら緩やかな尾根を登っていきますが、竹呂山まで結構遠くなんと25分掛けて竹呂山に到着です。

写真 写真
「P1198の下にあった大きなブナ」 「竹呂山に到着」

 時刻は12時50分、カンカケ越まではまだ遠いので急ぎましょう。林道歩きもあるし・・・
 右の植林帯は無粋だが、左の自然林はなんという素晴らしさだろう。竹呂山から30分ほど歩くととても良い斜面に到着しました。やまあそさんが溶け込んでいきます。ここはミズナラの穏やかな場所です。
 P972を過ぎてちょっとした痩せ尾根を進んでいくとピークがあります。やまあそさんはカンカケ越に行くときいつもこの手前で左にそれて植林帯に入っていくそうです。
 私がピークに向かおうとすると、「右の谷をトラバースしたらええんとちゃあうん?」とやまあそさん。そのとおりです・・・
 最後のブナを見ながら下っていくとカンカケ越に14時7分に到着です。

写真 写真
「ミズナラの穏やかな場所」 「カンカケ越に到着」

写真
「カンカケ越から西の山々を望む」

 さて、これからが問題です。川井の集落へは林道を延々と歩かなければなりません。いったいどれくらい時間がが掛かるのでしょうか。GPSで直線距離を見てみると2kmあり、谷に沿ってをグネグネしているのを考慮すればきっと倍の4kmは有るでしょう。ということは1時間。でも雪があるので1時間半といったところかと話しながら林道を歩きます。
 雪もあるので暫くはスノーシューを着けたまま歩きましたが、林道の端は積雪が殆ど無いのでどうも外したほうがよさそうなので途中から外しましたら何と楽珍なことか!
 一部林道が大きくUターンしている所があったのでショートカットしたけれど、急斜面だったので結局は林道を歩いても同じだったのではないかと後悔しながら歩いて川井の集落に下山。時刻は15時45分でした。

写真 写真
「軽快に歩ける!」 「川井の集落に到着」

 今回はやまあそさんが一緒してくださったので長丁場を楽しく歩けました。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル